FC2ブログ

詰パラ11月号到着!

<詰パラ11月号到着!>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題中!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~!
 詰パラ11月号、ご覧いただけましたでしょうか?
 「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先日、先行公開しています。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-229.html
 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください
   ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
   少し大きい文字blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。


■詰パラ11月号が到着
・表紙は園城寺怜さん。「ちえのわ」に続く本誌登場。
・詰棋校(12P~)。
 小学校:水谷さん、もう少しだけ担当延長とのこと。それにしても期末の作品は豪華なメンバーですね。
 中学校:kisy一族東京にも出現!
 高校:こちらも豪華メンバーですね。内2名は小学校にも。
 短大:石黒さんには充実の1年だったようです。お疲れ様でした。
 大学:力作ぞろい…。手を出しにくそうな作品が並びましたがドン・キホーテ手順が出てくるか楽しみです。
 大学院:吉田さん3年間お疲れ様でした。
・D級順位戦(18P)。柳澤さんは3年前の短コン覇者。北村さんや加賀さんは初チャレンジとすれば頭が下がります。
・彩棋会作品展(19P)。②は思わず手の出る初形。④も詰め上がりが想像できます。⑤は133手ですが趣向らしきものが見えています。
・大道棋教室(20P)。今月は4題出題。
・全詰連の頁(21P~)。早くも解答選手権初級一般戦の開催地募集。来年は運営に配慮した時間設定。さらに開催地が増えるのでしょうか。
・持駒のある風景(22P~)。北海道は9月初旬に台風と地震のダブルパンチ。被災された方には心からお見舞い申し上げます。
・おもちゃ箱だより(24P)。飛角図式関連の記録。eurekaの関わるもの多数。加藤さんの創意がなければコンピューターソフトの力だけでは作品が誕生しないと思いつつ、複雑な心境です。
・ちえのわ雑文集(26P~)。則内誠一郎さんによる「創棋会作品展を担当して」。3年間の苦労話を披露。毎回ユニークな課題を設定いただき、本当にありがとうございました。おかげさまで看寿賞候補作としてノミネートされる作品が生まれるなど、会合作品展の質は相当向上したのではないかと思います。
 また最後にパスワードクイズの追加出題もされています。こちらも奮って応募下さい。
・名局ライブラリー(28P~)。平成26年度(2014年)の出来事。つい最近のことのように思えることばかりです。
・社団戦・詰パラチーム参戦記(28P~)。8/26は団体個人戦。その後10月28日の最終日も好成績を収められ、見事優勝を飾られたのは皆さんご存知のことと思います。
   https://twitter.com/melon_sky/status/1056421767105851392
・将棋パズル雑談(36P~)。29、30、31の結果を見て解答が40名オーバーになったのは肯けます。いずれも簡潔な構図に明快な解。今月の問題も久方振りに解いてみようという気になりました。
・サロン(44P~)。
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢについて紹介させていただきました。


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com


 それでは恒例の例題紹介です。
 前回に引き続き、創棋会の過去の課題作から紹介します。
 第73回作品展(1985年2月号出題)の課題が「初形31玉」というものでしたので、そこから3作品を紹介させていただきます。


岡田 敏作 詰パラ1985年2月
初形31玉_岡田敏198502

 岡田さんの作品には、「個性」でも紹介させていただきましたように、軽快で気持ちの良いものが多いのですが、本局もある筋が見えています。
 初手は41飛と打ちます。さりげなく限定打になっています。
 22玉とかわす一手に13銀が好打。取れば11飛成の一発を見ています。
 33玉と逃げる一手に44金と捨て、同銀と取らせて、24銀成と銀を活用。
 22玉に、もう一度13成銀と突っ込みます。

<9手目:13成銀>
初形31玉_岡田敏198502_13成銀

 打った銀を成銀に変えて、もう一度捨てるのがとても味の良い一手ですね。
 取れないので33玉とかわしますが、43飛成が決め手です。
 同金の一手に、23角成までの詰み。
 最終手で13銀を成銀に変えておかなければいけなかった理由が分かります。
 変化も易しく、紛れもそれほどありません。解いて気持ちの良い岡田流の軽快作でした。

【手順】41飛、22玉、13銀、33玉、44金、同銀、24銀成、22玉、13成銀、33玉、
  43飛成、同金、23角成まで13手詰


川崎 弘作 詰パラ1985年2月(『北斗』第6番)
初形31玉_川崎弘198502

 41龍から23金と捨てるのが手筋風。23同玉なら21龍の予定ですが34から脱出モード。それに23同金にも54角が利いているので32金が打てません。
 となると53馬といくしかありません。42の合駒を読むのがちょっと面倒そうで指しにくいのですが。
 まず42歩合から考えてみましょう。
 42歩合に41金、22玉、44馬と金を取れるのが大きいのですが、33歩合で続きません。
 ここは同馬と取るのが良く、同金、41金、22玉、42龍と迫れば、32飛合(桂合では31龍、23玉、24金以下)に23歩と打てるので、同玉、24金から簡単に詰みます。
 42には頭に利かない桂合が最善です。
 これは取るしかありません。
 同馬、同金のとき、手拍子で22金と打つのは、同玉、42龍、32桂合で詰みません。
 41金と打つのが好手。

<5手目:41金>
初形31玉_川崎弘198502_41金

 41金は同金と取れば22金の一発ですから、22玉と逃げる一手です。
 そこで42龍と金を入手。
 ここで32桂合は31龍があるので、それを防いで32飛合が強防。
 23金、24金と連打するのは駒が足りませんし、32同龍も同角で後続がありませんが、上手い手がありました。
 23金と捨て同玉と取らせてから32龍とするのが手順の妙。
 こうしておけば32同角には、24飛から45桂が決め手で、同金に34金までの詰み。
 ちょっと捌けない印象もありますが、課題を実戦型でうまくまとめた一局と思います。

【手順】53馬、42桂合、同馬、同金、41金、22玉、42龍、32飛合23金、同玉、
  32龍、同角、24飛、33玉、45桂、同金、34金まで17手詰


宇佐見 正作 詰パラ1985年2月(『松煙』第43番)
初形31玉_宇佐見正198502

 22飛を取られるわけにはいかないので初手は33飛しか考えられないところ。
 22玉なら11角と打って簡単なので32合しかないが、何が正解か?
 金や銀だと、同飛寄と取って、同金、22金(銀)、同玉、11角、31玉、22銀、41玉、32飛成で詰みます。
 歩合はどうでしょうか。それには21飛成と捨てるのが好手で、同玉に24香と打って22歩合も同香成から清算して11角と打てば、12玉、13銀、11玉、12歩、21玉、23飛成で詰みます。32香合も同様です。
 32合は手順中の24香を防ぐ桂合が最善でした。
 桂合も同飛寄と取ります。
 これを同角としては、13角があり、22銀合の一手(他合は23桂から11歩成)ですが、23桂から11歩成と清算して22銀とすれば詰んでいます。
 32同金が最善ですが、それでも22銀から11角と迫るしかありません。
 31玉に23桂を利かせ、41玉に32飛成と金を取るのが、手順を尽くした寄せです。
 32同玉と応じるしかなく、ここで34香が好手。

<13手目:34香>
初形31玉_宇佐見正198502_34香

 34香は同角と取るしかなく、33金から31桂成と捌いて、22角成から32馬までの詰。
 34香は43の角を移動させるのが目的でした。
 宇佐見さんらしい読みの力が必要な一局でした。

【手順】33飛、32桂、同飛寄、同金、22銀、同玉、11角、31玉、23桂、41玉、
  32飛成、同玉、34香、同角、33金、41玉、31桂成、同玉、22角成、41玉、
  32金まで21手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
  https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
  投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。

詰工房に行ってきました~10月28日~

<詰工房に行ってきました~10月28日~>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題中!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展。
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~!
 詰パラ11月号、お手元に届いていますか?
 「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先週、先行公開しています。
    http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-229.html 
 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください。
   ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。

■すらすら解ける20手台partⅢ
 結果発表終了時に解答者への呈賞についてのお知らせを失念しておりました。
 大変失礼しました。
 今回は次の2名の方に詰棋書を呈賞します。
 お二人には別途連絡させていただきます。
   himatsumeさん、野々村禎彦さん


■詰工房に行ってきました
 翌日が関東に業務出張ということから、10月28日(日)に開催された詰工房に出席。
 hiroさんの「詰将棋の欠片」でもすでに紹介されていますが、簡単な感想を記します。
 九州、四国、岡山、名古屋と各地の会合に参加してきましたが、詰工房は初参加。
 13時過ぎに会場に到着すると、すでに数名の方がいらっしゃいました。
 実は当日は社団戦の最終日。
 8月は社団戦と重なって参加人数が少なかったそうですが、今日はそういうこともなく少しずつ参加者が増えていきました。正確な記憶がありませんが、最終的に15名以上の方がいらっしゃったように思います。
 利波さんと小林さんは新刊の打ち合わせ。利波さんからは「創棋会にも縁のある話ですから」と見本を見せていただきました。
 加藤さんにWEB版の詰パラを見せていただきました。写真はカラーで掲載されていてとても印象がいいですね。私は紙の印刷物が好きなのですが、これからは冊子とWEBのどちらが売れていくのでしょうか?
 関係者で解答選手権の打合せも行われていました。例年会場の確保には苦労が多いようですが、今年も昨年以上の盛り上がりになるのか、また申込をどのように捌くか、といった意見交換がされました。
 15時過ぎからは「春霞賞」の選考。今回は短大の久保さんの作品が候補として選ばれました。
 初めて見せていただきましたが、田中さんは多くの作品をまとめて資料配付され、作品は投影して変化や紛れにもコメントされています。毎月のことですから、その準備のご苦労には頭が下がります。
 17時前に一次会は終了し、楽しい二次会。こちらも多くの方が参加されました。テーブルは二つに分かれて、一方は作品が並べられていますが、一方は談笑。
 私は談笑のテーブルでしたが、スマホ、Wifi、Kindle(最近話題の『虎の穴』)など、ネット絡みの話が多かったような記憶があります(デジタル音痴なので、ほとんど最新事情についていけず…汗)。
 途中で広島の尼子至恩さんが合流されました。「柳原さんの編集長時代には…」ということで昔の話にも花が咲きました。
 また機会があれば参加したいものです。

【会合風景】
詰工房201810_1

詰工房201810_2

■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは恒例の例題紹介です。
 今回は創棋会の過去の課題作から取り上げました。
 第32回作品展(1978年4月号出題)の課題が「詰上り31(71)玉」というものでしたので、そこから2作品を紹介させていただきます。

岡田敏作 詰パラ1978年4月
岡田作197804

 持駒が豊富なので13から捨てていきたい局面ですが、13銀、同玉、14銀、22玉、23飛、31玉のような攻め方では44角や42金の守りが強くどうにもなりません。
 ここは拠点を残す21銀が正解。
 22玉と寄られると手が無さそうですが巧い手があります。
 まず13銀と捨てます。同香なら12飛と打って簡単なので、同玉の一手。
 13に玉をおびき出したので14から何か打ちたくなるところですが、22玉と引かれて続きません。
 13同玉には12金と捨てるのが好手順。

<5手目:12金>
岡田作197804_12金

 同香と取らせて14飛と打てば、22玉に12飛成と香を奪うことが出来ます。
 31玉のとき33飛成と飛車を切って桂を取るのが継続手段。
 同角に32香と打ち、41玉に53桂と捨て、同金と取らせて金の守備を弱めます。
 最後は、31香成と捨て、同玉に32龍までの詰み。

  21銀、22玉、13銀、同玉、12金、同香、14飛、22玉、12飛成、31玉、
  33飛成、同角、32香、41玉、53桂、同金、31香成、同玉、32龍まで19手詰

 13銀と呼んでから12金と打つ複合手が非常に味の良い手順でした。


鳥越 九郎作 詰パラ1978年4月
鳥越作197804

 18香を龍で取る手が見えています。
 それには邪魔な16銀を消去しなければいけませんから、25銀から14銀と捨てる手はすぐに浮かぶでしょう。
 14同玉となったとき、待望の18龍。
 15合なら25金、13玉、14香までです。
 簡単に詰んでしまうので、おかしいと思ったら、18龍には15桂と跳ねる好防がありました。
 これで23地点が空いたので、25金には23玉と下がられると、35桂と打っても32玉で、後続がありません。
 ここは18龍の前に、じっと25金と寄るのが地味ながら好手。

<5手目:25金>
鳥越作197804_25金

 25金、13玉と形を決めておけば、18龍と香を取った手には、15桂と跳ねるしかないのですが、今度は同龍と取ることができます。
 23玉とかわすしかありませんが、35桂と打ち、32玉に12龍と入れるのが大きいのです。
 25金を決めずに18龍では15桂の移動合を取れなかったので、それが邪魔して龍が突っ込めませんでした。
 12龍には41玉と逃げる一手ですが、31と と桂を取り、同玉に43桂不成と35に打った桂を二段活用するのが気持ちの良い手順。
 41玉と寄れば51桂成と捨て、同玉に今度は63桂と打ちます。
 61玉と寄って香打を防ぎますが、71桂成と捨て同玉に83桂と打って追い込んでいきます。
 81玉に91桂成と捨て、同玉に93香と待望の香の離し打ちです。
 以下、81玉に92香成から成香を寄せて31玉に42成香までの詰。

 序盤に少し考えるところがありますが、12龍と突っ込んでからはすらすら手が進みます。
 43桂不成からの三度にわたる桂のまたぎ捨てから成香追いといった軽趣向が飛び出し楽しめる一作でした。

  25銀、13玉、14銀、同玉、25金、13玉、18龍、15桂、同龍、23玉、
  35桂、32玉、12龍、41玉、31と、同玉、43桂不成、41玉、51桂成、同玉、
  63桂、61玉、71桂成、同玉、83桂、81玉、91桂成、同玉、93香、81玉、
  92香成、71玉、82成香、61玉、72成香、51玉、62成香、41玉、52成香、31玉、
  42成香まで41手詰

 なお発表時、本作の後半部分に先行作があるとの指摘がありました。
 図巧28番ですから、おそらく鳥越さんもそれは承知のうえでパロディーとして創作されたものと思います。
 鳥越さんらしいユーモア精神が発揮された楽しい作品でした。

 それでは参考までに図巧28番を紹介させていただきます。

伊藤看寿作 図巧28番
図巧28

 他の手では続かないので33銀と龍を取ります。
 いきなり駒取りですが、変化もあって単調ではありません。
 33同玉には34飛、43玉、61角、52合、55桂以下。また15玉なら16飛、25玉、43角以下で詰みます。
 33同歩が最善ですが、13角が豪快な捨駒。
 同玉なら12飛があります。15玉は16飛から37桂がピッタリ。
 ということで23玉と引くのが最善なのですが、ここから24飛、22角成の連続大駒捨てが気持ちの良い継続手段。

<7手目:22角成>
図巧28_22角成

 22角成は同香なら12飛成の一発ですから、同玉の一手ですが、12飛成と突っ込んで、31玉に21金から31金と捨てて43桂と打てば、そこからは桂の成捨て、成香寄りと鳥越さんの作品と同じ収束になっています。
 図巧では珍しいあっさりした軽趣向です。

   33銀不成、同歩、13角、23玉、24飛、同と、22角成、同玉、12飛成、31玉、
   21金、41玉、31金、同玉、43桂、41玉、51桂成、同玉、63桂、61玉、
   71桂成、同玉、83桂、81玉、91桂成、同玉、93香、81玉、92香成、71玉、
   82成香、61玉、72成香、51玉、62成香、41玉、52成香、31玉、42成香まで39手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
以上

創棋会作品展「パスワードクイズ」追加出題!

<創棋会作品展「パスワードクイズ」追加出題!>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズは受付中です!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展。
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~!
 パスワードクイズの追加出題です。

①高縄山ろく作
①高縄山ろく作

②kisy作
②kisy作

③まさ作
③まさ作


 ①②③はいずれも9手以内のあぶり出し。
 詰上りの3文字を回答してください。
   ヒント9月号作品展の詰上り4文字と関連があります
 回答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

 【締切】11月20日
  詰手順は不要、メッセージ歓迎。

 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
   事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
 例会終了後、新年会を開催します。
  <日時>1月20日(日)17時30分~
  <場所>場所は決定次第連絡させていただきます。

第276回例会報告(2018年10月21日)

■第276回例会報告

日時:10月21日(日)13:00~17:45
場所:関西将棋会館 4F多目的ルーム
参加者:小林徹、柴田昭彦、則内誠一郎、谷本治男、冨永晴彦、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、
   中村宜幹、西村章、野曽原直之、濱田博、古川剛士、山本理、吉松智明(以上15名、敬称略)

 遠方より参加は鳥本さん。
 今回初参加は山本理さん。「暁将棋塾」の第2号が発刊されましたが、ますますます内容充実ですね。
 また濱田さんと柴田さんは久方ぶりの参加。柴田さんは、大変お元気で、皆さんとにぎやかに談笑されていました。

 今回の課題は「よくわかる作家の個性」。
 事前投稿に加え当日持参もあり、12名から14題のエントリー。
 個性豊かな作品群に、参加者一同熱心に解図に取り組まれました。
 16時過ぎから解説がスタートし、作者の主張に皆さん納得。
 選題された作品は詰パラ12月号に掲載されますので、皆さんお楽しみに。

 その後、事務担当から、以下の諸点について連絡がありました。
・3月号掲載作品展の課題は「平成31年に因んだ作品」。
  12月例会で選考して3月号作品展」に掲載。
  31、19 、亥(ヰ)などいろいろな切り口がありそうです。
・1月例会の課題はありません。自由出展です。終了後に新年会を開催。
・2月例会は、ネット作品展「教材Ⅲ」の予定。詳細はあらためて連絡。
・9月号作品展のパスワードクイズについては、近々続編をネットで公開予定。
・来年の話を2題。
  2019解答選手権が、チャンピオン戦は3/31、初級一般戦は4/6に開催されるので、ご支援のお願い。
  2019全国大会は大阪会場。2月初旬に大会準備のキックオフを予定。こちらも応援スタッフとアイデア募集中です。
 最後は駆け足となり、一人一言の時間がなくなり失礼しました。
 集合写真を撮影して例会終了。
 その後は二次会で、飲み物と料理と詰将棋談義で楽しいひとときを過ごしました。

【例会風景】(氏名略)と【集合写真】
例会風景1

例会風景2

集合写真

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
  https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品
  投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
 〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<最終回:総評>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<最終回:総評>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズは受付中です!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<最終回:総評>
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
  ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 結果発表の最終回は「総評」です。

himatsume:どの作品も簡単ながらも面白く、楽しませていただきました。

★そうおっしゃっていただけると、主催者としては大変嬉しいです。

野々村禎彦:謎解きとしては、手数順&同手数なら盤面駒数の少ない順&同枚数なら持駒の少ない順といつ気付くかの勝負だった。
 難解構想作も狙いの手以降は並べ詰めで、額面通りすらすら

★出題順はご明察。解答方式が「キーになる一手」と「手数」だったので、少しでも親切設計にしたいと考えた次第です。

有吉弘敏:前回よりすらすらが多く楽しめました。1番と23番は難解すぎて主旨に合わないと思います。

★前回よりすらすら度があがったのは創棋会の例会で選題を行った効果だと思います。
 最初と最後が難しかったというのは、締まらない話で、大変失礼しました。
 1番には好形作を持ってきたいという気持ちもあって、この出題順にしたところもあったのですが、1番が難しいというご意見が散見されたのは、ちょっと想定外。
 出題順は難易度順というのが良かったかもしれません。

福原徹彦:選題もあったおかげか、昨年と比べて、全体的な「すらすら」度は高かったと思います。また、昨年同様、作品の質も高かったです。
 評価点はすらすら解けるかどうかを基準にしました。(時間を計ったわけではないですが)数分~10分で解ければA、という感じです。
 気に入った作品は、捌ける手順の良さという点では4、8、11、15が、構想という点では7、17、18などが良かったと思います。
 今年も作品展を開催していただき、発表の場を設けてくださり、ありがとうございます。

★作品展を開催する立場からすると、作品があればこそ開催出来るということで、折角投稿されたものを不採用にするのは忍びないという気持ちがありました。
 そういうことから昨年は応募作をすべて掲載したのですが「すらすら解けない」とのお叱りを頂戴しました。
 そこで今年はブログの例題紹介を通じて「すらすら」の要件のようなものをお伝えするとともに、創棋会の例会で参加者のご意見を伺って選題することにしたわけです。

中出慶一: 中編23作は、圧巻の出題?すらすら解ける、としても相当な時間・エネルギーを費やすことでしょう。
 いくつかの作品は、この「すらすら解ける20手台」でなく、短大やデパートでの出題に適した作品が見受けられます。
 例えば、3番、7番、8番、9番、10番、17番、18番、が挙げられる。
 逆にこの企画「すらすら解ける20手台」でなければ、発表の場がない作品も数題見受けられます。
 既成手順で手数が伸びて中編になったのでなく、新規手順、新構想、伏線入り、等何らかの狙いが付加されたものを期待して作品を見て行きます。
 ともかく多くの人の解答(評価付け、短評記載)参加を期待しています。

★ごもっともなご意見。もう少し出題数を絞る必要があったかもしれません。
 この作品展だからこそ発表したいという作者の想いとはバッティングするのですが。
 全題正解を競うような作品展ではありませんので、ソフトで解いていただくのもOK。
 鑑賞して短評を書いていただければありがたいです。

RINTARO:スラスラとは名ばかりの手ごわい作品群、私自身も作品展の趣旨を誤解していたのでしょうか。
 これでは、次回以降の参加も気が引けます。

★20手台ですから「瞬殺」というわけにはいかないと思いますが、全く手が出ないという作品はなかったと思います。
 解答は解けた分だけ送っていただければ結構ですので、来年も楽しい作品とともに解答もお待ちしています。

則内誠一郎:変化へ寄り道すること度々。

★本筋の見えやすい作品では、変化飛ばしの術がどこまで通用するかですね。
 今回は「読ませる作品」は少なかったと思うのですが。

奥鳥羽生:今回の作品群を見て、キーとなる一手がなく全体が軽やかに進むのが「すらすら」かも、という感を持ちました。

★「一手」にウェイトのかかった作品は少数で、手順の流れを楽しむような作品が多かったようです。

三輪勝昭:25手詰はスラスラ解けて21・23手詰の方が難しかった。読み易い順に並べるのが理想だと思うがそれは難しいかな。
 今回はスラスラ違反作はなかった。
 しかし、変化が長く煩雑で妙味ない手順はスラスラには向かないと思う。
 違反じゃないので取り締まるのは難しいが、他の発表先を勧めるのが作品には良いと思う。」
 それからちょっと思った事だけど、この解答方法だと解答を書くのは楽だけど何手目か数えたりするのが相当にメンドクサイ。
 解答に誤記がないか確認するのは特に手間で書いてあるのが何手目か確認してそれから何手目は何かと二重確認が必要で、それでも印象に残る手が指定手になっていれば良いが意外にズレている。
 それなら初めから全手順を書いた方がまだ楽なくらいです。
 これは初めから間違えずに書いていれば問題ない事なので、今回は確認せず解答します。

★手数と難易度は比例しませんから、難易度順の出題が良かったかもしれません。
 もっとも難易度も主観に左右されるので、一長一短なのですが。
 解答の書き方については結果発表7回目あたりでコメントさせていただきましたが、20手台の作品が20題以上並んで全手順を書いてもらうというのは厳しいのでこういう方式を採用しています。
 狙いの一手がヒントになっているケースもあり、また解答審査も容易なので、悪い方法でないと思うのですが、ご指摘の面もあります。
 管理人が勝手に設定するにも気が引けるのですが、作者の意思を尊重しつつ、出来るだけ解答者の手を煩わせないような手を明示するようにしたいと思います。

 それでは来年もpartⅣを開催したいと思いますので、作家の皆さま、解答者の皆さま、これからもどうぞよろしくお願いします。

☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
  https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
  投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上