ネット作品展「教材に使える10手台」の投稿をお待ちしています

ネット作品展「教材に使える10手台」の投稿をお待ちしています

 創棋会の例会は2月19日です。
 ネット作品展教材に使える10手台の投稿をお待ちしています。

■創棋会の次回課題
 創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
   ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
              初心者向けあぶり出しの教材
                 実戦派向けミニ趣向の教材
   ・ 指導要領(自作解説)【必須何か一言書いていただければ結構です
   ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
   ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
   ・ 投稿締切 2月19日(日)
   ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定


 将棋を覚えた。強くなりたい。だから詰将棋をやる。
 しかし、強くなれない、ライバルに勝てない、結局将棋からも詰将棋からも離れてしまう。
 逆に将棋の腕が上がったために実戦オンリーとなり詰将棋から遠ざかってしまう。
 あるいは、他に面白いことが出来る。たとえば球技やゲームなどに夢中になって将棋どころではなくなる。
 それ以外にも、受験や就職、結婚、育児等々、詰将棋に熱中できる環境ではなくなってしまうということがある。
 でも、詰将棋に病みつきになった経験のある人や、詰将棋が楽しく遊べる世界だと知っている人は、時が経てば詰将棋の世界に戻ってきたり、詰棋熱を再燃させたりします。

 今回の企画には、詰将棋と出会ったなら、ぜひともその面白さを知ってほしいという想いがあります。
 詰将棋の魅力を一口で言い表すことは大変難しいのですが、これまで7回にわたって例題を紹介してきました。
  ・手筋の気持ちよさ
  ・駒の活用
  ・豪快な大駒捨ての快感
  ・ミニ煙
  ・曲詰
  ・実戦型から飛び出す妙手順
  ・パズルのような手順
  ・駒の動きやリズムを楽しむ
  ・意外性や不利感
  ・ちょっと高級な手筋
  ・構想作

 詰将棋の面白さや楽しさと出会えるような教材が盛り沢山の作品展にしたいと思いますので、皆さまの投稿をお待ちしています。
 タイトルは「(  )向け(  )の教材」という形式にはこだわりません。お好きな「お題」をつけてください
 指導要領についても、自作解説が煩わしいという場合は、何か一言書いていただければ結構です
 たとえばご自身が詰将棋に引き込まれた原点や、おすすめの作品や本の紹介などをお書きください。
 「やさしい」「わかりやすい」「面白い」「爽快」「解いて楽しい」「並べて楽しい」「解答がわかれば納得」「もっと解いてみたくなる」「自分でも創ってみようと思う」等々
 そんな作品があればぜひとも投稿下さい。

 さて例題紹介も今回が最後です。
 文字通り楽しい作品を紹介させていただきます。


湯村光造作(詰パラ1966年4月、『古今趣向詰将棋名作選』第69番)
湯村光造

 持駒趣向作です。桂が4枚。
 「三桂あって詰まぬことなし」という俗諺もありますが、この初形、桂が4枚もあるのに打つところがありません。
 ここで27の金に注目です。
 この金がいなければ27桂と打って、14玉以下、26桂~15桂~14桂~23桂と詰みます。
 そこでこの金を消そうとします。
 26金直、14玉に15金と捨てて27桂を打とうとしますが、23玉と逃げられ、またしても15金が邪魔になりました。
 しつこく14金と捨てにかかりますが、取らずに22玉とされて相変わらず桂の打ちどころがありません。
 これでもかと23金のタダ捨てですが、11玉と雪隠に逃げます。
 ここでとどめが22金

<9手目 22金>
湯村光造22金

 玉にはもう逃げ場がありません。
 同角なら23桂の一手詰ですから、やむなく同玉と応じます。
 これで14桂と、ようやく桂を打つことが出来ます。
 以下、23玉には15桂と打ち、14玉に26桂と桂の連打です。
 15玉に27桂までの詰み。
 27金の押し売りに逃げ続ける玉、最後は4桂の連打という、シンプルですがとても楽しい作品でした。

【作意】26金直、14玉、15金、23玉、14金、22玉、23金、11玉、22金、同玉、
    14桂、23玉、15桂、14玉、26桂、15玉、27桂まで17手詰


三枝文夫作(詰パラ1957年3月、『古今中編名作選Ⅰ』第61番)
三枝文夫

 入玉作ですが、46玉の脱出に用心し、2枚のと金に触らないようにすればそう難しくありません。
 初手は36金と押さえます。
 27玉と横にかわす一手ですが26金と寄ります。
 玉は37に戻っても18に潜り込んでも36馬があるので、17玉と寄ります。
 それには27金と引きます。
 取れば63角打ちがあるので18玉とひたすら逃げます。
 ここで17金と寄れば同玉と取るしかなく、玉と金の追いかけっこは終わりです。

<7手目 17金>
三枝17金

 17同玉には53角と打ちます。
 18玉には36馬と引けば、27桂合が最善の受け。
 そこで17角成から19龍と大駒の連続捨てが飛び出し、同桂成に26銀まで。
 金が36→26→27→17と鋸引きする序奏は楽しい手順で、収束も申し分ない好作でした。

【作意】36金、27玉、26金、17玉、27金、18玉、17金、同玉、53角、18玉、
    36馬、27桂合、17角成、同玉、19龍、同桂成、26銀まで17手詰


山田修司作(近代将棋1970年5月、『夢の華』第78番、『古今短編名作選』第163番)
山田修司

 本作も駒の動きを楽しんでいただける作品。
 26銀と28金が邪魔だと感じた方は鋭い!
 しかし守備陣も強力なので用心して攻める必要があります。
 たとえば37香などと俗に攻めると、同桂成、同銀、同馬、同金、同玉と包囲網から脱出されてしまいます。
 まず29香に活を入れるため28金から消していきます。
 37金と捨てます。今度、同桂成なら同銀、同馬、28桂と打てるので、同馬、26馬まで。
 同馬と応じるしかありませんが、あわてて同銀は同玉でダメです。
 取れる馬を取らずに28桂と捨て、同馬と取らせて39香が妙手順。

<5手目 39香>
山田39香

 同となら48桂まで。38合も37銀と捨てる手があり、同馬、28桂の筋で詰み。
 39香は同馬と取るしかなく、そこで38香が絶好の一打。
 同となら37銀、同玉、26馬まで。
 38同馬にも、やはり37銀が好手。
 これも同馬と取り、とどめが28桂の軽手。
 同馬に26馬まで。36玉は不動のまま詰みました。
 ここで玉方の応手をよくみると、なんとすべての応手が同馬でした。
 邪魔駒消去に39香、38香の連打が入り巧妙な手順ですが、なんといってもこの馬の動きを楽しんでいただきたい一局でした。

【作意】37金、同馬、28桂、同馬39香同馬38香同馬、37銀、同馬
    28桂、同馬、26馬まで13手詰


 それでは、皆さんから詰将棋の楽しさや面白さを伝える作品の投稿をお待ちしています。
****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 「ネット作品展教材に使える10手台
   ・ タイトル必須 …(  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
              初心者向けあぶり出しの教材
                 実戦派向けミニ趣向の教材
   ・ 指導要領(自作解説)【必須何か一言書いていただければ結構です
   ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
   ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
     (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
        blogsokikaitusin@gmail.com
                                  以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する