創棋会例会は2月19日、課題は「教材に使える10手台」

<創棋会例会は2月19日、課題は「教材に使える10手台」>

■創棋会の次回課題
 創棋会の次回課題は「ネット作品展教材に使える10手台」です。
  ・ タイトル必須 … (  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
            初心者向けあぶり出しの教材
                実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須】 … 何か一言書いていただければ結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
  ・ 投稿締切 2月19日(日)
  ・ 発表 2月20日以降、当ブログで一斉出題し、解答募集の予定

 これまで数回にわたって本企画の主旨を書いてきました。
 詰将棋との接点は人それぞれ、指し将棋の腕を上げることしか興味が無い、超短編しか解いたことがない、解いてスカッとすればそれで十分、単なる暇つぶし、等々、色々な方がいらっしゃると思います。
 しかし詰将棋との出会いが一過性のものに終わらないようにしてほしい。
 初心者に限らず、多くの人に、詰将棋の楽しさ、面白さを知ってもらいたい。
 そういう作品を「教材」として作れないものかということが、企画のねらいです。

 例題については、管理人の感動を伝えたいという想いもあって、次のような切り口で、これまで6回にわたって多くの作品を取り上げてきました。
 ・ 詰手筋をたくさん知ってもらいたい
 ・ 不思議な手筋、構想作、意外性のある手を紹介して、詰将棋の奥の深さや醍醐味を味わってもらいたい
 ・ パズル的な作品、曲詰やミニ煙などから、実戦とは違う世界、楽しく遊べる世界を知ってもらいたい

 ブログをご覧いただいている皆さん、投稿をお待ちしています。
 必ずしも「やさしさ」を求めているわけではありませんが、手順のわかりやすさ(割り切れている、煩雑でない…)は大切な要素です。
 投稿をためらっている作品にいい手が一手あり、それが詰将棋の魅力を伝えられそうならぜひとも投稿下さい。
 タイトルも「(  )向け(  )の教材」という形式にはこだわりません。お好きな「お題」をつけてください
 指導要領についても、自作解説が煩わしいという場合は、何か一言書いていただければ結構です。たとえばご自身が詰将棋に引き込まれた原点や、おすすめの作品や本の紹介などをお書きください。


 さて例題紹介の前に、前回紹介した作品の解答を紹介させていただきます。

柏川悦夫作(詰パラ1971年3月、『詰将棋半世紀』盤上流転第80番)
柏川悦夫80

 初手は23飛と合駒を訊きます。
 斜めに利く駒でなければ、33桂、同銀、32角成という手があります。
 金や銀合は同飛成、同銀、32金(銀)、12玉に14飛から24桂の筋で詰み。
 最善は22角合です。同飛成と取ったとき、同玉と応じます。
 角なら23から打てません。32飛には21玉で寄りません。
 また23飛も、31玉、33飛成、41玉、74角、63角合、42銀、52玉、64桂、61玉、31龍、41歩合で際どく逃れています。
 しかし22同玉には絶妙の一手がありました。
 33銀成と捨てるのです。

<5手目 33銀成>
柏川悦夫33銀成
       ※全=成銀

 上部の押さえに見える44銀のタダ捨て!
 同玉には55角があります。44合は23飛まで。43玉も44飛、33玉、45桂です。
 やむを得ず同銀としますが、ここからも好手が出ます。
 32飛に21玉で寄らないようですが、12飛成とするのが好手。
 同玉なら23角があります。
 同香と取りますが、33銀捨ての効果で守備の銀が42から33に動いたので、43角と打てます。11玉に23桂から32角成までの詰み。
 33銀成が不利感のある意表の一手でした。

【作意】23飛、22角合、同飛成、同玉、33銀成、同銀、32飛、21玉、
    12飛成、同香、43角、11玉、23桂、22玉、32角引成まで15手詰


それでは今回はパズル的な作品を紹介します。

柳原裕司作(詰パラ1983年8月、『月下美人』四×四図式 第4番)
柳原裕司

 楽しい角銀入れ替えパズルです。
 途中図のように初形から37角と17銀を入れ替えて詰上り図を実現するのです。
 初手は26に角か銀を動かすしかありません。同飛成とは出来ないので27玉とします。
 26X、27玉となった局面を見ると、26が銀だと、銀をどこに動かしても37の角を取られてしまいますから、これ以上手が続きません。初手は26角と決まります。
 26角、27玉となったら、玉を37から逃げられないようにするには48角と引くしかありません。
 玉は17に戻る一手ですが、今度は角が37から48に動いたので、26銀と引くことが出来ます。
 26銀、27玉となったとき、銀を35に動かします。
 17玉には26角とします。27玉には銀が動いた後へ15角と移動します。
 17玉に今度は35の銀を26に引きます。27玉に37銀と引いて途中図です。

<途中図>
柳原裕司16手目

 見事に初形から角と銀を入れ替えることに成功しました。
 ここからもう一度26角と引けば27玉に36銀と立って詰みです。

<詰上り図>
柳原裕司詰上り

 26角→48、15銀→35、48角→15、35銀→37と、少しずつ角と銀の位置を変えていくのです。
 文字で解説するよりも、作意を並べて駒の動きを楽しんでいただきたいと思います。
 本作の仕組みを発展させて明石六郎氏が中編作で半期賞を獲得し、田島秀男氏が579手詰の大作を仕上げて看寿賞を受賞されたのは有名な話です。

【作意】26角、27玉、48角、17玉、26銀、27玉、35銀、17玉、26角、27玉、
    15角、17玉、26銀、27玉、37銀、17玉、26角、27玉、36銀、まで19手詰


山本勝士作(近代将棋1963年7月、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第89番)
山本勝士

 今度の作品は角の入れ替えパズルです。
 25と16の二枚角がだぶっていて重い配置。何とか捌きたいところです。
 しかし34角から44龍を清算するのはさすがに駒不足。
 ここは14角として13玉に36角に引くのが好手段。
 25の角を36に動かしただけなのですが、何か状況が変わったのでしょうか?

<3手目 36角>
山本36角

 14合では同香、23玉に15桂があるので、黙って23玉と寄ります。
 ここで34角の只捨てが好手。
 同玉なら44龍があります。同玉の一手に54飛、43玉、35桂までです。
 この変化のために角の場所を変えたのです。
 34角には同龍とするしかありませんが、もう一度14角と出て、今度は25角と引きます。
 今度はどういう狙いがあるのでしょう?

<9手目 25角>
山本25角

 23玉と寄る一手に27の桂を35に跳ねます。これは同龍と取るしかありません。
 27桂が消えたので47龍の横利きが通りました。
 ここから収束です。15香を13に成捨てます
 同玉に47龍を17に転回します。
 25角のおかげで玉方35龍の利きが遮られています。また34の逃路も塞いでいます。
 25角引は一石二鳥の手でした。
 17龍に、23玉、14龍までの詰みです。
 もう一度10手目23玉と寄った局面を見ると、初形から10手かけて16角を消したことになっています。
 前の角を残して後ろの角を消すという不思議な手順が成立しているのです。

【作意】14角、13玉、36角、23玉、34角、同龍、14角、13玉、25角、23玉、
    35桂、同龍、13香成、同玉、17龍、23玉、14龍まで17手詰


上田吉一作(近代将棋1983年3月、塚田賞、『極光21』第37番)
上田吉一

 最後の作品は上田さんの趣向的パズル(パズル的趣向作?)。
 26馬、28玉、37馬とすれば、17玉と戻れない。28金、同金、26馬がある。
 39玉とされたとき48馬が好手。
 同玉なら、59金、38玉、49金と角を取ると、同玉には27角以下、28玉と逃げても23飛、19玉、29飛成以下で詰みます。
 そこで28玉と逃げますが、37馬としては元に戻ってしまうので、39金と捨てて穴埋めしておくのが好着。

<7手目 39金>
上田39金

 これは同金と取る一手。
 そこから37馬、17玉、26馬、28玉と進めます。
 ここで58龍と捨て馬の利きをずらすのが妙手です。

<13手目 58龍>
上田58龍

 同角成なら、37馬、17玉、27飛までです。
 龍は取れないので38合の一手です。
 銀合は27飛、19玉、37馬。金合は37馬、17玉、27飛です。
 受けに窮したようですが、38角成という移動合の妙防がありました。
 これなら37にも27にも受けが利くというわけです。
 しかしそれでも37馬とします。
 17に逃げる玉に、27飛、同馬、28龍と大駒の連続捨てが気持ちの良い決め手。
 同馬ととらせて26馬までの詰みです。

 先手の馬が48→26→37→48→37→26→37→26と7回も動きます。
 同じことを繰り返しているようですが、39金や58龍が局面を打開する好手で、玉方も移動合で凌ぎますが手筋連発の大駒捨てで締めくくります。

 「10手台」の作品募集に21手詰を取り上げるのは気が引けたのですが、是非ともこのパズルのような手順を味わい、馬の動きを楽しんでいただきたいと思い紹介させていただきました。


【作意】26馬、28玉、37馬、39玉、48馬、28玉、39金、同金、37馬、17玉、
   26馬、28玉、58龍38角成37馬、17玉、27飛、同馬、28龍、同馬、
   26馬まで21手詰


 例題紹介も次回が最後です。楽しい作品を取り上げたいと思います。
 皆さんの投稿をお待ちしています。

****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展教材に使える10手台
  ・ タイトル必須 … (  )向け(  )の教材  ← この形式にはこだわりません!
            初心者向けあぶり出しの教材
                実戦派向けミニ趣向の教材
  ・ 指導要領(自作解説)【必須】 … 何か一言書いていただければ結構です
  ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
  ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
    (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 4月は16日です。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
                   以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する