【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<2回目>

【結果発表】創棋会の年賀詰人気投票<2回目>

 創棋会の年賀詰ネット作品展への人気投票結果発表2回目です。
 まず前回の訂正です。

☆№1 「H」 中村 宜幹作の投票集計に誤りがありました。
 大変失礼しました。作者には謹んでお詫び申し上げます。
    1位:0票、2位:2票、3位:1票
    総得点 (誤)3 → (正)5、投票総数 3票

 それでは今回は「NEW」の3作品です。

№6 「N」 中出慶一作
6)「N」

【作意】
 33歩、同玉、22角、32玉、34飛、同銀、33歩、23玉、32角まで9手

【人気投票】
 1位:0票、2位:1票、3位:0票
 総得点 2点、投票総数 1票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★6局目「N」は中出さん。入選回数は400回を超える大ベテランです。
 初手はほぼ絶対の33歩。
 同玉の一手に、15角と打つのがカッコ良さそうです。
 32玉なら34飛がありますが、平凡に24歩合とされると続きません。
 ここは22から角を打つのが正解。
 32玉で打歩詰の局面になりますが、34飛のタダ捨てが打開の好手。
 同銀と取らせれば打歩詰解消。
 33歩、23玉に32角までです。ちょっと面白い詰め上がりですね。

金少桂
 一番スムーズにおとそ気分で解けたのがこれ。

★今回の作品展では、見て、解いて、楽しんでいただける作品が揃ったと思います。

安田恒雄
 不動の銀と と金が気になりました。

★9手詰に持駒4枚ですから、置き駒を捌く展開にはなりませんでした…。

須藤大輔
 持駒が解きやすそう。

★角と歩の使い道、どちらも打てる場所は限られています。
 特に歩二枚は3筋しか使いようがなく、考えやすかったかもしれません。


№7 「E」 谷本治男作
7)「E」t

【作意】
 24龍、同玉、14銀成まで3手

【人気投票】
 1位:1票、2位:0票、3位:2票
 総得点 5点、投票総数 3票 (得点は1位:3点、2位:2点、3位:1点で集計)

★7局目「E」は谷本さん。
 初形は当り駒が多く、どこから攻めるか迷います。
 22飛成や11飛成は33角が良く利いています。22銀も同角です。
 12銀成や14銀成から23龍は11の桂で取られます。
 思い切って14龍も同と、同銀成、12玉でダメです。
 他に王手は無さそうですが、よく見るともう一つ王手が残っています。
 24龍と一つ寄るのです。
 同角なら22飛成と出来ます。
 同玉で逃げられそうですが、そこで14銀成がピッタリ。
 なんと玉は身動きできず詰んでいます!
 アッと驚く3手詰でした。

【作者のことば】
 3手で丸々汎用手筋&飾り駒あり(31or32)、こんなんしかできまへん。(トホホ)

★控えめなコメントですが、投票は3票、1位に推す方もおられ、総得点5点と良く稼ぎました。
 なお作者が気にする飾り駒に言及された方はいらっしゃいませんでした。

須藤大輔
 よくある。よくあるけれど、3手詰が出題されるとは思っていなかったので悩まされた。

★ここまでの6問、7手と9手ばかりだったので、3手詰は意外と思われた方が多かったのではないでしょうか。

安田恒雄
 初手龍捨ては面白いのですが、25角を活かすにはこれしかないのが残念。

★なるほど。25角から手順を考えると、24龍に行きつくのですね。

h160se
 3手詰だがひときわ鮮やかな捨て駒で目立つ。

★大駒を捨てて両王手の詰め上がりはお見事でした。


№8 「W」 中筋俊裕作
8)「W」

【作意】
 13角、同飛、22銀、同玉、14桂、同飛、23金、31玉、22銀まで9手

【人気投票】
 投票 なし

★8局目「W」は中筋さん。
 持駒が5枚。一桁モノと銘打っての出題ですから、持駒連打の9手詰とわかります。
 21金に同飛引と取ってくれれば13角から23桂があるのですが、同飛寄でダメ。
 41金から31角は33玉で見込みなし(12玉とされても、24桂、同飛、13銀、23玉で続きませんが)。
 となると初手は13角しかなさそうです。22合は41金があるので同飛の一手。
 ここで22銀と捨て同玉に14桂が好手筋。
 今度は12角が利いているので33玉には34金があります。
 14桂は同飛と取るしかなく、以下は、23金から22銀で詰みとなります。

須藤大輔
 7手目がもったいない。

安田恒雄
 追い詰の収束が残念。

★収束3手が決まればいうことなしだったのですが、前半の13角、22銀、14桂は調子のよい捨駒連発で気持ちのよい手順だったと思います。

****************************************************************
★次回例会
[日時] 2017年2月19(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] ネット作品展 「教材に使える10手台
 ・ タイトル必須 … (  )向け(  )の教材
        例 : 初心者向けあぶり出しの教材
           実戦派向けミニ趣向の教材
 ・ 指導要領(自作解説)【必須… 簡単なもので結構です
 ・ 条件『教え易い、分かり易い、覚え易い』
 ・ 投稿先 → blogsokikaitusin@gmail.com
          (いつもの宛先ではありません)
*******************************************************************
★4月以降も偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 毎回、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。
*******************************************************************

※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
      blogsokikaitusin@gmail.com
                                             以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する