続・創棋会例会12/20開催の案内

<続き>☆第258回創棋会例会の開催予定と課題
【次回例会案内】(詳細は末尾に記載)
◆日時:2015年12月20日(日)13時~17時
◆場所:関西将棋会館4F
◆課題:
「持駒ホケキョ(桂香歩)の3種」(それぞれの枚数は不問です)
29手以内でお願いします。
作品の送付先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

【課題について】
前回紹介した過去の課題作(第26回例会、1977年4月号詰パラ出題)の正解です。

33角成、同玉、36香、35角合、同香、23玉、33香成、同玉、24角、同香、34歩、23玉、35桂まで13手詰

33角成を同歩と取ると35桂の一手詰。33同玉に36香とするが、23玉とかわすとやはり35桂がある。そこで35に中合だが、頭に利く駒は24から打てるので、角か桂とわかる。桂は同香以下、23玉、15桂、同歩、24歩、14玉、26桂できれいに詰むが11手と早い。作意は角合だが、同香の後、香を成捨て、取った角も24に捨て、35桂で詰み上がる。
作者は大ベテランの柴田昭彦氏。同氏の作品集「詰将棋三十年」収載されている(29番)。

ここでもう一題柴田さんの作品を紹介させていただく。
これも「詰将棋三十年」収載されている(54番)。
詰将棋パラダイス1964年9月号
柴田昭彦氏196409blog
手順を追ってみよう。
51飛、22玉、24飛、23歩合、21飛成、同玉、23飛成、31玉(途中図)、33龍、(イ) 32飛合、43桂、21玉、23香、(ロ) 22桂合、31桂成、12玉、13歩、同玉、14歩、同桂、24龍、12玉、14龍、13合、24桂まで25手詰
(イ) 32金合は23桂、21玉、22香、同金、31龍、12玉、11桂成、13玉、14歩、同玉、16香以下
(ロ) 22角合は、同香成、同飛、12角以下。
10手目金合だと23桂で詰むが、飛合だと43桂から攻めるのがちょっと不利感のあるところ。次の23香が打歩詰回避の好手。ここで角合には12角捨ての好手段がある。桂合で粘るところに、31桂成が気持ちの良い一手。最後は22桂を14に跳ばせ、それを奪って詰める。
清貧図式で粘り気のない駒ばかりだが、桂香を巧みに使って仕上げた好作である。
ところで課題に関係ないのになぜこの作品を紹介するのかというと、途中図を見ていただきたい。持駒が「桂香歩二」です。「途中無仕掛け」というカテゴリーはあっても「途中ウグイス」というのはさすがにないのでしょうが…。
柴田昭彦氏途中図

大道棋の香歩問題にも次図のように2手進んだ局面で持駒が「桂香歩」になるものもありましたが、逆算して大道での商品価値が上がるなら、わざわざ「ウグイス図式」にはしないですね。
大道棋奇策縦横231図
奇策縦横231blog

63桂、同歩、83桂、81玉、82歩、92玉、95香、93角、91桂成、同玉、93香、92角、81歩成、同玉、92香成、同玉、83角、93玉、82角、84玉、75銀、同玉、74角成まで23手

今回の課題、他にはたまたま見かけたのが森田さんの有名な森田手筋第一号局。
詰将棋パラダイス1964年9月号(「春霞」27番)
森田正司195909blog

16桂、同飛生、25香、15玉、33馬、26玉、44角、35桂、15馬、同玉、33角成、26玉、27歩、同桂成、35銀、同玉、24馬まで17手詰

こういうのはデータベースで調べれば、もっと出てくるのでしょうが、いずれにしても作家の皆さんの腕の見せ所、作品の投稿をお待ちしています!

******************************
<次回例会案内>
■日時:2015年12月20日(日)13時~17時

■課題:
「持駒ホケキョ(桂香歩)の3種」(それぞれの枚数は不問です)
29手以内でお願いします。
好作4題を詰パラ3月号で出題予定。
応募作の選考は次回例会で行いますので、奮って応募ください。
作品の送付先は次の宛先にお願いします。
sokipara@yahoo.co.jp

■場所:関西将棋会館4F
〒553-0003大阪府大阪市福島区福島6-3-11、TEL:06-6451-7272 
JR大阪環状線 福島駅 徒歩3分
JR東西線 新福島駅 徒歩5分
阪神電車 福島駅 徒歩5分
http://www.shogi.or.jp/kansai/index.html

以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する