創棋会の次回例会は12/18(課題作の例題:上段・中段・入玉)

■創棋会の次回例会は12/18(課題作の例題:上段・中段・入玉)

 創棋会の次回例会は、来月、12月18(日)、13時から、場所は関西将棋会館です。
 次回課題は「29の桂が跳ねる17手詰」です。
    29は平成29年、干支は「酉」→とり→鶏→桂、17は2017の下二ケタ
    「新年に大きく躍進する⇒干支が空を翔ぶ⇒桂が跳ねる」
 ということで来年にちなんだ作品を募集しようという意図です。
 12月例会で選題の予定です。

 それでは今回も「29の桂が跳ねる」例題を紹介していきましょう。
 今回は、上段・中段・入玉と、さまざまな桂跳ねの演出を見ていきます。


川崎弘作(詰パラ1988年5月、『金波銀波集』第63番)
川崎弘作詰パラ198805

 この形から29の桂が跳ねるのだろうかと心配になります。
 初手は33飛と横から押さえたいところ。
 23に合するしかないが、14金から15香を防いで桂合は当然の一手。
 そこで14歩では22玉とされるので、15香と打って合駒を訊きます。
 何を合されても、同香、同玉、15歩、同桂までは必然の応酬。
 14が歩合だと、ここで同銀、同玉、16歩と叩く手があります。
 同玉には27金の好手があるので、25玉としますが、37桂、16玉、36飛成、26金合、27金打、15玉、26金、14玉、25金以下駒余りの詰み。
 したがって14合は桂が正解です。
 14同香、同玉、15歩、同桂となったところで、25銀とすりこむのが好手です。
 同歩と取るのは26桂、同歩、34飛成で寄るので、同玉と応じます。
 ここで37桂と跳ねたいのですが、26玉とされると続きません。
 重いようでも36金打から26金と捨て、続いて、押さえに見える38金も、37~36~26と捨てます。
 二枚の金を捨てるのが好感触のリフレインです。
 実は38金は邪魔駒で、今度は38桂と打つことが出来ます。
 38桂、25玉に37桂と跳ねて、無事収束です。

【作意】33飛、23桂、16香、14桂、同香、同玉、15歩、同桂、25銀、同玉、
    36金、16玉、26金、同玉、37金、25玉、36金、16玉、26金、同玉、
    38桂、25玉、37桂、16玉、36飛成、17玉、26龍まで27手詰

 金波銀波集は創棋会の第4作品集で、1989年に将棋天国社から発行されました。


稲葉元孝作(将棋ジャーナル1992年11月、『さんらん』第24番)
稲葉元孝ジャーナル199211

 持駒に歩があれば打歩詰問題だと考える。
 24飛成、16玉と進むと、案の定、打歩詰の局面。
 ここで常道とはいえ13龍とソッポに移動して王手するのが詰将棋らしい一手。
 玉方も14に角を中合し、同龍なら15合として打歩詰で逃れようとします。
 そこで17歩と先に歩を打ちます。
 15玉なら24龍の一手詰ですから25玉と逃げます。
 ここで37桂と跳ねるのがいいタイミングです。
 15玉とギリギリの受けですが、24龍捨てから34馬と活用するのが継続の好手段。
 玉が15に戻ると16歩までの突き歩詰。
 仕方のない13玉には25桂と二段活用するのが気持ちの良い決め手です。

【作意】24飛成、16玉、13龍、14角合、17歩、25玉、37桂、15玉、24龍、同玉、
    34馬、13玉、25桂、同角、23馬まで15手詰

 稲葉さんは昭和12年生まれの大ベテラン。易しい趣向詰などを得意にされています。
 『さんらん』は、詰工房の第三作品集で、2006年に発刊されました。


岡本正貴作(詰パラ1983年5月、『昭和詰将棋秀局懐古録下巻』第119番、『竹馬』第93番)
岡本正貴パラ198305

 例の形ですね。
 初手は28銀しかありません。
 同玉に19金などとカッコよく攻めると駒不足。ここは37銀と活用します。
 19玉に17桂と跳ねます。
 早速合駒の読みです。
 29合は、金なら同飛以下、しかし金合以外は28銀から39金があります。
 そこで39中合が好防ですが、金は同飛以下ですから、角か銀になります。
 どちらも同飛から29合となりますが、銀合は、28銀打~19金があるので角しかありません(角なら19金のとき、27から逃げることが出来る)。
 39角合、同飛となったところで、もう一度29の合を訊きます。
 今度は持駒に角があるので、28銀から37角として27玉に46角と47飛を活用する開き王手の筋があります。このとき47飛を抜けるように29合は角が正解。
 47角成と飛を取られたところで29香が巧打。28香は18玉で続きませんが、離して打てば19金から押していけます。
 同馬には同飛と取ってしまうのが実戦的。
 38玉に、28飛、49玉、27角と普通に追いますが、38香合と捨合して抵抗します。
 入玉特有の詰めにくい局面ですが、38同角から飛角で追って48香の軽手を挟んで、二枚角の効きを活かした透かし詰で収束。

【作意】28銀、同玉、37銀、19玉、17桂39角合、同飛、29角合、28銀、同玉、
    37角、27玉、46角、47角成、29香、同馬、同飛、38玉、28飛、49玉、
    27角、38香合、同角、59玉、29飛、58玉、49角、47玉、48香、同玉、
    38金、59玉、67角まで33手詰

 『竹馬』は岡本正貴さんと高木秀雄さんの二人の作品集で2013年に発行されました。
 また『昭和詰将棋秀局懐古録下巻』は、田邉重信氏がまとめられた大著で、詰パラに発表された名作が640局収録されており、1987年に発行されました。


 次回は曲詰を紹介したいと思います。

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年12月18(日)13時~
[場所] 関西将棋会館
[課題] 「29の桂が跳ねる17手詰
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。

***【来年の予定】*****************************************************
新年会
 1月21日(土)開催。
 18時開始。
 場所は海心丸(JR福島駅前

 (昼間の例会はありません。)
 詳細はあらためて案内させていただきます。

★2月以降は偶数月に例会を開催します。
 偶数月の第三日曜日開催。
 毎月、何か課題作を持ち寄って楽しく過ごせるようにしたいと考えています。

*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する