解答締切迫る!!~ネット作品展「すらすら解ける20手台」~

<<解答締切迫る!!~ネット作品展「すらすら解ける20手台」~>>

■「すらすら解ける20手台」の解答締切は9月20日(火です!
創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」、8月24日に投稿された20作を一斉出題しました。
文字通り「すらすら解ける」作品が揃っています。
解けた方、1問でも結構ですから、解答をお願いします。
作品を発表された作家の皆さんも、自作を語る絶好の機会です。どうぞ解答をお願いします。
20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
解答締切:9/20(火
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、色々な角度からのコメントをお願いします。
長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。


■次回課題作
12月号掲載予定の作品展の課題です。
「合のつく手筋、3通り以上」 (移動合・打診合など。造語も可。)(29手以内)

それでは今回も「合のつく手筋」を含む過去の名作を紹介していきます。
最初は遠角の連発と受けの妙技をご覧ください。

岩城克彦作(詰パラ1972年11月、半期賞、『古今短編詰将棋名作選』第184番)
岩城克彦197211

初手、どこから角を打つか。
37角と直に打つと、取ってくれれば同金までですが、47玉とされると、と金の包囲網が強力で手が出ません。
13角と打つのは、47玉なら57角成まで。また24合も歩以外なら取って37角から詰むので、有力そうですが、24歩合と受けられると同角、同銀、37角、47玉と進めても打歩詰となって続きません。
13角、24歩合とさせたところで、19角としても47玉とされてしまうし、24同角成、同銀としてから19角と打つと今度は渡した角を37に合され、同角、47玉となると、これ以上の手段がありません。
正解は19角です。
今度は37に合する適当な駒がありません。
何を合されても、同角、47玉となったときに59桂とか48香といった手があります。
かといって47玉とすると、持駒に角があるので、38角という好手があります。同との一手に28金と引いて17飛で開き王手をすると38金の筋があって詰んでしまいます。
この変化の28金を封じるために、玉方は28歩と中合の妙防を放ちます。

<図:28歩合>
岩城克彦2手28歩

同角としては47玉で詰まないので、2筋に歩が打てない瞬間をついて13角とします。
歩以外は何でも取って28角とすれば簡単に詰みます。
そこで玉方は再度受けの好手を出してきます。
歩以外は渡さないという24との移動合です。

<図:24と>
岩城克彦4手24と

これで切れたように見えますが、同角成から47歩と叩いて玉を引っ張り出し、28金と引くと、今度は19角の利きが消えた状態で48歩と拠点をつくることが出来るので、38金から47歩として詰みます。

遠角2連発に、中合と移動合が織り込まれ、19角と13角の手順前後が成立しないところも37角合という捨合でうまく処理されており、攻防の綾に見応えのある好作です。

作意:19角28歩合13角24と、同角成、同銀、47歩、同玉、28金、17香生
48歩、46玉、38金、19香成、47歩まで15手詰


続く一作も打歩詰を巡る素晴らしい攻防を見せてくれます。
柴田昭彦(近将1967年8月、『詰将棋三十年』第73番、『古今中編詰将棋名作選Ⅱ』第77番)
柴田昭彦_近将196708

33歩成と気持ちよく両王手をしたくなるが、14玉となると打歩詰となってしまいます。
やはり詰将棋らしく33歩不成といきましょう。
14玉なら36馬として簡単ですから、34桂合の捨合(変則合が好防です。

<図:34桂合>
柴田昭彦_2手目34桂

同馬、14玉となったところで打歩詰の局面。
ここから打歩詰打開を巡って攻防の妙手が連発されます。
打診の26桂には同飛不成と応じます。もちろん成れば15歩から簡単。
そこで25馬と捨てるのが好手。同飛なら15歩から26桂があります。
26桂の前に25馬とすると同飛成で詰まないので、当然ながら手順前後はありません。
25同歩と取らせれば打歩詰の局面ではなくなっていますが、すぐに15歩では24玉と寄られ、12馬の利きが強いため詰みません。
54飛成とすれば簡単そうに見えますが、34馬の移動合という受けの鬼手がありました。

<図:34馬>
柴田昭彦_紛れ34馬
これを同龍と取ってしまうと24角合で打歩詰。
(桂合は23角~25龍~15歩という筋で詰みます)
しかし15歩では23玉とされて馬が居た12に潜られてしまいます。
ここは54飛不成とするのが打歩詰を避ける妙手。
34馬とされても同飛とすれば、24合に15歩が打てて打歩詰にはなりません。
15歩以下は、23玉に24飛と取れるので簡単。
34同飛に23玉としても32角~21角成~32歩成から22香を取って32飛成があります。
そこで玉方は24香と移動合して延命を図ります。

<図:24香>
柴田昭彦_10手目24香
ここからは15歩から24飛と捌いて23桂合を強要し、32銀不成から、21飛成と大駒捨ても入ってきれいな収束となります。

双方不成に捨合、移動合と、打歩詰を巡る攻防の妙手が盛り込まれた柴田さんの代表作の一つです。

作意:33歩生34桂合、同馬、14玉、26桂、同飛生25馬、同歩、54飛生24香
15歩、23玉、32銀不成、22玉、24飛、23桂合、同銀成、同馬、32歩成、11玉
12香、同馬、21飛成、同馬、23桂、12玉、24桂、23玉、33と、24玉、34とまで31手詰


課題作「合のつく手筋、3通り以上」への投稿もお待ちしています

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年10月16日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館
[課題] 「合のつく手筋、3通り以上」(移動合・打診合など。造語も可。)(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する