「ネット作品展」作品投稿は8月20日締切です!

■創棋会の次回課題はネット作品展「すらすら解ける20手台
開催要領は以下のとおりです。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
♪♪♪♪♪ ネット作品展すらすら解ける20手台 ♪♪♪♪♪
・ブログ「創棋会通信+α」で8月下旬に開催。
※応募作を一斉に出題する予定。
作品投稿は下記アドレスで受付
blogsokikaitusin@gmail.com
★いつもの投稿先ではないのでご注意ください。
※投稿図には、「作意」と「狙いの一手」を必ず記載。
※ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
投稿締切は8月20日(土)。

「やさしい中編作の発表の場が少なくなった…」と感じている方、「メールなら気軽に投稿できるのに…」とお考えの方、投稿をお待ちしています。
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


また、次々回課題は以下のとおりです。
課題:「合のつく手筋、3通り以上」(移動合・打診合など。造語も可。)
投稿先: sokipara@yahoo.co.jp
締切:10月例会(10/21)
作品展:詰パラ12月号


ネット作品展の投稿受付は8月20日(土)が締切です。
完全作はすべて掲載させていただく予定ですので、投稿をお待ちしています。

ということで、今回も「すらすら解ける20手台」の「合のつく手筋」を含む作品を紹介させていただきます。


岡田敏作(風ぐるま1955年9月、『百合の露』第70番)
岡田敏_風ぐるま195509

いささかゴツイ初形ですが、2筋方面の逃走路を考えれば52龍から61角を活用する手が見えてきます。
3手目は角不成が大切なところです。
ここ成ってしまうと、8手目32桂合に同馬とするしかなく、13玉以下、打歩詰となってしまいます。

<8手目:32桂合>
岡田敏_8手目32桂合
32桂合の抵抗には、同角不成とし、23飛から13飛成で邪魔駒の14桂を消去。
最後は2枚の桂を捨てて詰め上がり。

角の連続不成、捨合(変則合)、邪魔駒消去と色々な手筋が盛り込まれ、解いて楽しい一作ではないでしょうか。

作意:52龍、同歩、同角不成、32玉、43銀不成、23玉、41角不成32桂合同角不成、13玉、23飛、14玉、13飛成、同玉、14歩、22玉、34桂、同歩、23歩、33玉、45桂、同歩、44金、同玉、54銀成、33玉、43成銀まで27手詰


加藤徹作(詰パラ1971年3月・半期賞、『古今中編名作選Ⅰ』補遺33番)
加藤徹パラ197103

初手24とと捨てる手が見えます。取ってくれれば23飛で簡単ですが、15玉とかわされると上部に脱出されてしまいます。
正解は上から押さえる16飛。
15合の一手ですが、桂香合は24と~26飛~23飛成があります。
飛金合は13と~15飛で簡単。
銀合も13と~15飛に14合、同飛、同玉、16香、15合、25銀があります。
最善の受けは15角合です。

<2手目:15角合>
加藤徹_2手目15角合
13とから15飛と角を奪って、再度合駒を訊きます。
飛桂香合は24角から25飛があるのですが、金銀は同飛から25に打たれてしまいますので、今度も角合が正解となります。

<6手目:14角合>
加藤徹_6手目14角合
角合には、同飛、同玉、16香と進め、3度目の合駒です。
今度は、23角、24玉、13角、同玉、15香という攻め筋があるので、13に利かす飛合が正解です。

<10手目:15飛合>
加藤徹_10手目15飛合
ここで41角として合駒を稼ぐのが継続の手段。
香合は同角、同香に23角~25香と打てるので桂合の一手。

<12手目:32桂合>
加藤徹_12手目32桂合
これも同角と取り、15香と飛も取ったところで、37角と打つと16玉には26飛から29桂があるので、5度目の合駒。
攻め方には25飛~23飛成という手があるので、23に利かす飛合が正解。

<18手目:26飛合>
加藤徹_18手目26飛合
ここからは同角として28桂の捨駒で退路を封じて2枚飛車の収束。
飛合・角合がそれぞれ2回に桂合と、5回の合駒が主題だが、決して煩雑ではなく、楽しい作品に仕上がっています。

作意:16飛、15角合、13と、同玉、15飛、14角合、同飛、同玉、16香、15飛合、41角、32桂合、同角成、同香、15香、同玉、37角、26飛合、同角、16玉、28桂、同桂成、13飛、27玉、37飛、26玉、23飛成、16玉、25龍まで29手詰


鳥越九郎作(詰パラ1962年10月、『古今中編名作選Ⅰ』81番)
鳥越九郎パラ196210

惜しくも飛角図式になりませんでしたが、巧妙な手段が飛び出す一局です。
初手51飛成とすれば軽く61角と移動合
これを同龍と切って63飛成とすると62飛合の強防で応える。
62飛合で銀桂香は43角で簡単。
金合も52角、51玉、42銀、同玉、43龍、31玉、41角成以下詰む。飛合ならこの変化は飛の横利きがあって詰まない。
しかし62飛合には16角の妙手があった。

<7手目:16角>
鳥越九郎_7手目16角
51玉なら42銀が継続の妙手で、同玉、62龍と飛を奪い、33玉に43飛、24玉、22龍と追って詰む。この変化があるので、角を25や34から打っては詰まない。
そこで玉方は中合で逃れようとする。

<変化図:8手目、25桂合>
鳥越九郎_8手目25桂合
まず25桂合はどうだろう。
同角、51玉、42銀、同玉、62龍、33玉となったとき、持駒に桂があるので、上から34飛と押さえることが出来る。43玉には35桂まで。

作意は34桂合。同角、51玉に、今度42銀では続かないので、俗に52銀と迫る。
ここから43角成、31玉となったとき、42馬と捨てるのが好手。
同玉と取らせて34桂と打てば3段目の龍が働いて詰み形。
42玉となった局面で34角が邪魔だったというのは、詰めてから気がつくところかもしれません。
16角に対する中合の攻防が見どころですが、難解な変化はなく、これも解いて楽しい一局と言えるのではないでしょうか。

鳥越九郎氏(本名:二瓶誠)は2013年に80歳で逝去。多くのペンネームを使ってユーモアあふれる作品を発表されました。

作意:51飛成、61角、同龍、同玉、63飛成、62飛、16角、34桂合、同角、51玉、52銀、42玉、43角成、31玉、42馬、同玉、34桂、32玉、43龍、21玉、23龍、31玉、22龍まで23手詰


ネット作品展の投稿受付は8月20日(土)が締切です。
解いて楽しい作品をお持ちの方、投稿をお待ちしています。
完全作はすべて掲載させていただく予定ですので、よろしくお願いします。

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年8月21日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F 多目的ルーム(広い部屋です)
[課題] 「すらすら解ける20手台
作品の投稿先 ⇒ blogsokikaitusin@gmail.com
※宛先に注意してください。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する