FC2ブログ

創棋会例会は10月18日

<創棋会例会は10月18日>
 創棋会例会は10月18日(日)13時からです。
 場所は大阪市港区民センター「楓」です。
 住所やアクセス方法などは後記の案内を参照下さい。
 課題は「ピン」。好作をお持ち寄りいただければ幸いです。
 なお新型コロナの感染動向も流動的な状況が続いており、例会が急遽開催中止になる可能性もゼロではありません。中止となった場合は、当ブログで告知させていただきます。
 また当日は、感染拡大防止のため、発熱その他健康に懸念のある方は参加を控えてください。
 参加される方も、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、大声での会話を控える(部屋入口は開放するので隣室への配慮もあります)など、当日の運営にご理解をお願いします。

■花
 少し秋らしい雰囲気が出ていませんでしょうか。

0927→375

■創棋会の次回課題は 「ピン」
 創棋会の次回課題は「ピン」です。
 「ピン」というのはチェス用語で、駒が動けないように釘付けされた状態のことを言います。駒が縛られて身動きできない状態と言えます。
 ピンを巡る攻防が楽しめる作品をお待ちします。
 12月号作品展に出題しますので、10月例会(10月18日開催予定)で選考します。
 手数は29手以内。
 投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

■創棋会の次々回課題は 「オマージュ」
 創棋会の次回課題は「オマージュ」です。
 「オマージュ」は、ウィキペディア(Wikipedia)では、『芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。しばしば「リスペクト」(尊敬、敬意)と同義に用いられる。』と説明されています。
 詰将棋の世界でも、先人の作品に刺激を受け、その構想やテーマなどをモチーフにして創作に取り組むことは結構あるのではないかと思います。
 古典から想を得た、看寿賞受賞作からインスピレーションが生まれた、作品集を鑑賞していたらある作品のテーマに挑戦したくなった、等々、皆さんの思いのこもった作品をお待ちします。
 3月号作品展に出題しますので、12月例会(12月20日開催予定)で選考します。
 手数は29手以内。
 投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

■例題紹介
 ピンを巡る攻防を楽しんでいただける作品をお届けします。
 例題紹介に当たっては『盤上のフロンティア』(若島正、河出書房新社、2019年6月)、「構想の最前線」(久保紀貴、『この詰将棋がすごい! 2019年度版』、2019年6月)、「歩詰手筋総まくり」(湯村光造、詰棋めいと13号/1992.7~19号/1995.11)などを参考にさせていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

 さて「ピン」の例題紹介も今回で最後です。
 今回は双玉のスリルある攻防を楽しめる短編と、趣向的な手順が楽しめる中編作を紹介させていただきます。

上谷直希作 詰パラ2018年4月(『青い鳥2020』第24番)
上谷_鳥2020_24

 35玉から36玉という逃げ道があるので、初手は27龍と行きます。
 平凡に26歩合などでは、25香から36香で簡単。
 36に利かせて26金合も同龍と取って25金まで。
 受けに困ったようですが26角合と逆王手で凌ぎます。
 これには44飛と返します。
 いきなり王手ラッシュの派手なイントロです。
 44飛に平凡な34歩合では、25香と打ち、15玉なら16香まで、33玉なら45桂までと簡単。
 45に利かして34銀合がありそうですが、それでも25香、33玉、45桂、同銀と進めば35香の好手があります。
 34合なら26角にピンされていた44飛を動かして43飛成で詰み。35同角と取れば、今度は27龍が息を吹き返して23香成まで。
 この変化を防ぐには34角と移動合で受けるのが妙防。
 これなら、23香成を同角と取れるというわけです。

<1図:4手目 34角>
上谷_鳥2020_24_34角

 34角の好手で困ったようですが、銀合と同じように手を進めます。
 25香、33玉、45桂、同角と進めたときに、26角にピンされているので43飛成とは出来ません。
 ここは35香が26角の利きを止める絶好の一手。

<2図:9手目 35香>
上谷_鳥2020_24_35香

 35以外の地点に打つと34合で相変わらず44飛が釘付け状態。
 35香なら34合は43飛成があります。35香は同角と取るしかありません。
 これで一気に風通しが良くなりましたが、今度は45角も利いているので攻めが続くのでしょうか?
 ここから気持ちの良い手順が飛び出します。
 まず23香成と捨てます。
 同角と取らせて、24龍が胸のすくような一手。
 同角でアンピンに成功し、43飛成までの詰み。

 玉方二枚角が活躍する手順は軽快そのものです。
 短手数ですがピンを巡る攻防が楽しめる一局。

【作意】27龍、26角合、44飛、34角(1図)、25香、33玉、45桂、同角、
  35香(2図)、同角、23香成、同角、24龍、同角、43飛成まで15手詰


若島 正作 解答選手権2007年チャンピオン戦第9問
  (『盤上のフロンティア』第73番)
若島正フロ73

 本作も双玉。
 22飛が11馬にピンされていて動けませんが、66香と打てば11馬の利きを止めて22飛の動きが自由になります。

<3図:初手 66香>
若島正フロ73_66香

 たとえば66香に51玉なら54香、41玉(53合は91龍まで)、52香成、31玉、42飛成で詰みます。香を66以外の場所に打つと42飛成とは出来ないというわけです。
 となると66香には65から63のどこかに中合して逃れるしかありません(62合は同香成から詰み)。
 65歩合なら、63香、51玉に58龍と回る手があり、53合、62香成、41玉、52成香、31玉、42飛成で詰み。64歩合も同じ手順で詰みます。
 65桂合という逆王手が気になりますが、それは同香、51玉53歩合(桂合は同龍、同角、43桂、41玉、33桂まで)、62香成、41玉、47龍、44歩合と受けさせれば、52成香から42飛成で詰みます。
 66香には63合の一手です。
 桂合がありそうですが、これは同香、51玉、58龍と回って、65桂合と同様の手順で詰みます。
 最善は63歩合です。これなら同香、51玉、58龍には53桂合と受け、62香成、41玉、47龍に45歩合という受けが利きます。こうなると22飛が動けないので詰みません。
 63歩合には上部からの攻めが無理なので、91龍と側面から迫ります。
 71歩合のような平凡な受けでは、62香、51玉、71龍で詰みます。
 ここは71香合の逆王手が絶対の受け。これは同龍と取るしかありません。
 同玉なら82歩成、61玉、72と、51玉、52香、41たま、43香、31玉、42飛成とピッタリ詰みます。
 71龍には同角と応じるしかありません。
 香を入手したので、63香と攻めをつなぎます。51玉と寄る一手に、今度は55香と打ちます。55香が11馬の利きを止めていますね。

<4図:9手目 55香>
若島正フロ73_55香

 41玉と寄れば、43香から42飛成とできるのが55香の効果。
 54歩と中合されれば、52歩と打ち41玉に43香で簡単。53歩合も同じです。
 42に利かす53銀合は同香と取って詰み。
 受けに窮したようですが53角の移動合が妙防です。
 52歩、41玉、43香には31玉と寄れば42飛成は同角と取られてしまうので詰みません。
 53角は同香と取るしかありません。
 41玉と寄られたとき、もう一度香の限定打が出ます。
 44香と打ちます。

<5図:19手目 44香>
若島正フロ73_44香

 44香でアンピンできたので、31玉なら42飛成。43合も52香成から42飛成。
 そこで43合は42に利く金か飛のいずれかとなります。
 まず金合は、52飛成、31玉に42角と打ち、22玉、33角成、13玉、23馬、同玉、43龍と金を取って駒余りの詰み。
 正解は43飛合です。
 これには52香成、31玉のとき42飛成と捨て同飛と取らせて13角が好手順。
 逃げ場をつくる22銀の移動合で凌ぎますが、42成香から11歩成と手順に駒を奪います。
 11同玉には、12歩、21角、32成香と三連続の捨駒できれいにフィニッシュ。

 66香、55香、44香と、斜め一線の限定打が実に美しく、それに対する合駒が、歩・角・飛と異なるという演出も素晴らしい。

【作意】66香(3図)、63歩合、91龍、71香合、同龍、同角、63香不成、51玉、
   55香(4図)、53角、同香不成、41玉、44香(5図)、43飛合、52香成、31玉、
   42飛成、同飛、13角、22銀、42成香、21玉、11歩成、同玉、12歩、同玉、
   21角、同玉、32成香、同玉、42飛、33玉、43飛成まで33手詰

■創棋会の今後の予定
★感染者の発生が続いており、状況次第で例会が急遽開催中止になる可能性もあります。中止となった場合は、当ブログで告知させていただきます。
 なお当日は、感染拡大防止のため、発熱その他健康に懸念のある方は参加を控えてください。参加される方も、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、大声での会話を控える(部屋入口は開放するので隣室への配慮もあります)など、当日の運営にご理解をお願いします。


***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年10月18日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
  <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[課題] 「ピン」。本文参照ください。
[会費]  無料

***【次々回例会】***********************************************
[日時] 2020年12月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
  <最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題] 詰パラ3月号作品展「オマージュ」。本文参照ください。
****************************************************** 

・当ブログへのご意見や課題作の投稿はこちらまで 
⇒  blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する