FC2ブログ

詰パラ9月号到着

<詰パラ9月号到着>
 今回の記事は以下の通りです
  ・ネット作品展「すらすら解ける20手台」解答募集
  ・詰パラ9月号の紹介
  ・創棋会の次回課題「ピン」
  ・「ピン」例題紹介
  ・例会の予定

■花
 今回も夏らしい花の写真ということで夾竹桃です。
 猛暑の中で咲き誇っているという雰囲気です。

0815→367

■「すらすら解ける20手台」解答募集中
 「すらすら解ける20手台」も今年で5回目となります。
 5回記念で、詰パラ9月号と当ブログのネット作品展とのダブル開催です。
 本誌では10作、ネット作品展には16作と、多数の作品が揃いました。
 投稿いただいた作家の皆様、ありがとうございました。

 今回ネット作品展に出題させていただいた作品は、次の15名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   青木裕一、有吉弘敏、馬屋原剛、梶谷和宏、片山智之、北村憲一、
   信行寺持光、則内誠一郎、中出慶一、西村章、野々村禎彦、福原徹彦、
   安田恒雄、吉松智明、RINTARO
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 短評は原則としてすべて掲載させていただきます。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 20手台の作品16作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/30(水)
◇解答要領:
 ・「指定の一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
   ※「指定の一手」は問題ごとに設定しています。
 ・評価:ABC評価をお願いします。
   ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
 ・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
     長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-369.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
・図面: https://firestorage.jp/download/78b973258e6b55d8b6a6f8936228f6e8e7d5a346
・解答用紙: https://firestorage.jp/download/90c10b6e0a399a6701adf6d04c0cc719b5e5d819
*パスワードはいずれも「sura2020」です。


■詰パラ9月号
・表紙は北原さん。登場3回目は素晴らしい。
・キッズルーム(2P~)。酒井さんの全国大会中止のコメント。
  準備を進めてこられた現地の皆さんには残念なお気持ちで一杯だと思います。無事「順延」開催となることを祈念します。
・詰棋校(12P~)。
 小学校:実現したいテーマに取り組むことが何より大切な気がします。
 中学校:構想作の定義は参考になります。新味があるかどうか。
 高校:藤井さんは終盤だけでなく中盤にも華のある手を見せてくれます。
 短大:懐かしい名前に新しい名前。初入選の上田さんはデパートにも登場。
 大学:野村さんの大学は珍しい?野村さんと言えば「野村量の詰将棋560」がつみき書店で予約発売中です。詳細は下記まで
  → http://kazemidori.fool.jp/?p=9337
 大学院:「青い鳥2020」の内容紹介。ボリュームのある作品集!
  「青い鳥2020」は竹中健一さんのブログに注文方法が出ています。
  → https://shogi50.at.webry.info/202008/article_2.html
・祝! 藤井聡太棋聖誕生(19P~)。藤井さんの戴冠後初の新作発表。記念祝賀詰も錚々たるメンバー!
・内藤國雄の小ルーム(22P~)。駒落ちを嫌がるのは平手とはゲーム感覚が違ってしまうからなのでしょうか?
 ゴルフもハンディではなく、駒落ちのようにあるクラブ(たとえばドライバー)抜きでやったりしたらどのくらいスコアに影響するのでしょうか?
創棋会作品展(24P~)
 今回の課題は「すらすら解ける20手台」。ネットでは5年前から作品展を開催してきましたが本誌では初開催。暗算級の作品もあれば、解いてなるほどという謎解きの面白さも味わえる作品まで、バラエティに富んだ作品揃いです。気持ちよく解けて楽しめる作品ばかりですので、奮ってご解答をお願いします。
 馬屋原さんが本作品展でめでたく入選100回、同人作家となられました。おめでとうございます!記念作は馬ノコ?
・全詰連の頁(26P~)。全国大会中止のお知らせ。まさに苦渋の決断でしたが、何とか来年に「順延」して無事開催と行きたいものです。そういうなかでの藤井聡太さんのタイトル獲得は明るいニュース。
・詰将棋の眺め方(27P~)。有吉弘敏さんの「長谷川哲久の世界」。飛び道具の活躍する好作を発表されていたイメージですが、その通りでした。ずらりと並んだ好短編に圧倒されます。
・持駒のある風景(32P~)。桂香図式のタネが尽きない理由が少しわかったような気がします。
・おもちゃ箱だより(34P~)。「鑑賞詰」のご提案。妄想力に欠ける当方には思いもよらない世界。
・ちえのわ雑文集(36P~)。角さんによる「中編名作選Ⅱ」のお話。40年の歴史を刻んでいるわけですが、ずらり並んだ作家を拝見していると、今も活躍中の方が多く、意外と物故者が少ないような気がしました。
・会合案内(46P)。7月は東京・名古屋・大阪で会合の開催。微妙な時期でしたが無事開催出来て良かったですね。
・結果稿
順位戦(58P~)。A級は有吉さんが優勝で入選100回に華を添えました。B級は2位以下が大接戦。C級は則内さんの作品が変長で失格とパラHPに出ていました。余詰で入選取消は出題時に明記されていますが、変長はそういうことが記載されていませんでした。前例はあるようですが(2012年C級)、順位戦はきびしい!
同人室(71P~)。今回のお題は「対比」。解釈が多様で、テーマについて語る作者の言葉が面白い(笑)のですが、「自由が過ぎて」という近藤さんの言葉もごもっとも。
 課題が創造を縛るのはよろしくないのですが、ある程度の範囲の中で表現されてこそ「課題作」が展示される意味もあり、解答者や鑑賞者も作者の表現力や技術力を楽しめるというものではないでしょうか。
 実は創棋会も毎回の課題にはそれなりの苦労があります。前担当の則内さんがそのあたりの事情をパラ2018年11月号の「ちえのわ雑文集」で語られています。タスクに偏らず、作家にとって創作意欲の湧く面白いテーマを選ぶというのは大変なことです。
 実は創棋会でも昨年6月号の作品展は「局面の対比」でした。流行のテーマというと語弊があるかもしれませんが、今年の看寿賞受賞作の短編山路作や中編小林作などにも、そういう評がありました。ですが、課題発表時には某ベテランから「課題の意味がわからない」と苦言を呈されました。「課題」を考えるというのは難しいものです。
 今回の課題提供者の上谷さんが思いをブログで語っているとのこと。ぜひご一読ください。
   http://fairypara.blog.fc2.com/blog-entry-140.html
 次回は「打ち換え」。これは明快な課題ですから、12月号を楽しみにしています。
創棋会作品展(88P~)。課題は「駒の軌跡」でした。オンライン例会は盛況で当日好評を博した作品が揃ったので、厳選5題を出題しましたがいずれも、多彩な「軌跡」を楽しんでいただけたようです。解いていない方はぜひ盤に並べて鑑賞下さい。
・編集室(104P~)。初入選の新人、原田さんと片山さんは創棋会でも活躍中です。
・デパート。「いい詰将棋」の条件というのは人によって異なりそうです。当然個人の好みも人それぞれ。誌上の評価は主観がぶつかりあうところに面白さがありますね。ところで今月は入選回数の少ない新人作家特集の予定だったのでしょうか?


■創棋会の次回課題は 「ピン」
 創棋会の次回課題は「ピン」です。
 「ピン」というのはチェス用語で、駒が動けないように釘付けされた状態のことを言います。駒が縛られて身動きできない状態と言えます。
 ピンを巡る攻防が楽しめる作品をお待ちします。
 12月号作品展に出題しますので、10月例会(10月18日開催予定)で選考します。
 手数は29手以内。
 投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)


■例題紹介
 ピンを巡る攻防を楽しんでいただける作品をお届けします。
 例題紹介に当たっては『盤上のフロンティア』(若島正、河出書房新社、2019年6月)、「構想の最前線」(久保紀貴、『この詰将棋がすごい! 2019年度版』、2019年6月)、「歩詰手筋総まくり」(湯村光造、詰棋めいと13号/1992.7~19号/1995.11)などを参考にさせていただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

 さて今回も「ピン」を巡る攻防を楽しんでいただける作品、超短編から中編まで3作を紹介させていただきます。どうぞお楽しみください

廣瀬崇貴作 詰パラ2013年9月(「現代詰将棋中編名作選」第362番)
廣瀬_現短362

 87飛77角のバッテリー
 77角をどこに動かすのが正解か?
 下手に動かすと87龍と飛車を取られてしまう。
 46とを狙う55角が有力そう。
 57合なら46角まで
 47歩合には同飛、同龍、38歩、同龍、46角まで。
 しかし47桂合をされると、取っても38に打てない。
 46角、同玉、47馬という手はあるが、55玉から大海に脱出されて捕まらない。
 59角と引くのが好手。
 47合なら同香と取ってしまおうというわけです。
 57合も47香で詰んでいます。
 87龍も47香まで。
 何かうまい受けはないかと思えば、57と という離れ技がありました。

<1図:2手目 57と>
廣瀬_現短362_57と

 同飛は同龍。そこで47香としても59龍と角を抜かれて打歩詰。
 57とに47香では48歩合が利きます。同角、同と となると詰みません。
 57とで困ったようですが、それを上回る好手がありました。
 46香とするのが妙手。

<2図:3手目 46香>
廣瀬_現短362_46香

 これなら57とが87飛にピンされて動けないので48歩なら同角があります。
 やむなく46玉としますが56馬が素晴らしい決め手。
 同とに37角で見事な詰め上がり。

【作意】59角、57と、46香、同玉、56馬、同と、37角まで7手詰


若島 正作 解答選手権2013年チャンピオン戦第2問
若島_解201302

 31銀成、同玉、33香と打てば簡単そうです。
 ところが41玉に32飛成は51香で先手の王様が取られてしまいます。
 52飛は51香でピンされているので5筋から動けません。
 初手54角と打つのがアンピン風です。
 同と と取ってくれれば31銀成から33香があります。
 32合なら31銀成から32飛成で詰みます。
 しかし54角には32に利かす43銀合が強防で逃れ。31銀成、同玉、33香と迫っても41玉、32飛成、同銀、同歩成、52玉で詰みません。
 正解は31銀成と捨て53角とこちらに1枚駒を挟みます。
 同銀は33香があるので21玉とかわしますが、そこで54角が狙いの一手。

<3図:5手目 54角>
若島_解201302_54角

 これを同となら51香の利き筋が止まるので31角成から33香で詰みます。
 43歩合も同様ですから最善は32に利かす銀合です。
 これなら31角成、同玉、33香には41玉、32飛成、同銀と出来るので逃れです。
 しかし銀合は、同角と取り、同と、22香、同銀と進めて、焦点に31角成と捨てるのがきれいな決め手。何で取っても銀打までの詰み。

 ところで53角の処で64角でも同じように詰むのではないかと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 その場合は、54角のとき、43と という絶妙の受けがあります。

<紛れ図:43と>
若島_解201302_失敗

 同角成、32歩合となると32飛成とはできません。
 31角成も12玉と逃げられると、やはり32飛成とできず逃れです。

【作意】31銀成、同玉、53角、21玉、54角(3図)、43銀、同角成、同と、
   22香、同銀、31角成、同玉、32銀まで13手詰


宮浦 忍作 解答選手権2016年チャンピオン戦第9問
宮浦_解201609

 王様同士がにらみ合う双玉らしい初形。
 先手の35王を動かして36香で仕留める形を狙いたい。
 しかしいきなり46王では43玉から脱走されますので、まず93龍と引いて応手を問います。
 43歩合と受けてくれれば46玉と引き、24玉(34合でも同馬)、34馬まで。
 そこで玉方も46玉を防いで43香打と受けます。これなら46玉、24玉のとき、43香がピンしているので45の馬は動けません。
 34歩、23玉を決めて43龍と香を取ります。
 43龍のところで22とから12歩成を急ぐと後で困ることになります。
 香を入手したので、33歩成から34香と打ち換えます。
 そして23玉には22とから32香成(4図)と打ったばかりの香を成捨て、同歩と取らせておくのがポイント。

<4図:13手目 32香成>
宮浦_解201609_32香成

 5手目の43龍のところで22とから12歩成を急ぐと、32香成の局面に持ち込むにはもう一度22と と捨てないといけないので、拠点を築けないということになります。
 32同歩には12桂成と、桂を成るのが大事なところ。
 24桂を移動させたので、33玉には15馬が絶好の一手となります。

<5図:17手目 15馬>
宮浦_解201609_15馬

 15同銀で25玉と右に開いて開き王手。
 これで詰んだかに見えますが、34香がしぶとい抵抗。
 45馬が65龍にピンされているので34同馬とは出来ません。
 34同香から、33香成と捨て同玉に35香と打ち直せば、今度は65龍のピンが解除できたので詰みとなります。

 32香成がポイントと申し上げましたが、22と、同玉のとき32香成を省いて、12桂成としてしまうと、以下23玉、33香成、同玉、15馬、同銀、25玉と作意同様に進め、最後35香と打ち直したとき34香合で困ります(失敗図)。
 32が埋まってないので34同馬は32玉と引かれて詰みませんし、34同香なら23玉で千日手。

<失敗図:34香合>
宮浦_解201609_失敗


【作意】93龍、43香打、34歩、23玉、43龍、同香、33歩成、同玉、34香、
   23玉、22と、同玉、32香成(4図)、同歩、12桂成、33玉、15馬(5図)、
   同銀、25玉、34香合、同香、23玉、33香成、同玉、35香まで25手詰


■創棋会の今後の予定
★感染者の発生が続いており、状況次第で例会が急遽開催中止になる可能性もあります。中止となった場合は、当ブログで告知させていただきます。
 なお当日は、感染拡大防止のため、発熱その他健康に懸念のある方は参加を控えてください。参加される方も、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、大声での会話を控える(部屋入口は開放するので隣室への配慮もあります)など、当日の運営にご理解をお願いします。


***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年10月18日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
  <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[課題] 「ピン」。本文参照ください。
[会費]  無料

***【次々回例会】***********************************************
[日時] 2020年12月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
<最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題] 詰パラ3月号作品展 近々ご案内させていただきます。
****************************************************** 

・当ブログへのご意見や課題作の投稿はこちらまで 
⇒  blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する