FC2ブログ

投稿締切迫る! ネット作品展「すらすら解ける20手台」

<投稿締切迫る! ネット作品展「すらすら解ける20手台」>

 今回の花の写真は、夏らしい花ということで百日紅。

百日紅

■創棋会の次回課題は ネット作品展「すらすら解ける20手台」
 「すらすら解ける20手台」には多数の投稿をいただき、6月14日までに届いた作を6/21の例会で選考。ただ時間切れで最終選考は7月例会になりました。
 好作が多く、悩ましかったのですが、課題に相応しい作品を選題出来ましたので、9月号をお楽しみにしてください。
 ところで「すらすら解ける20手台」は、「やさしい中編作の発表の場が少なくなった」という声を受け、また創棋会でもネット作品展を開催したいということから、2016年8月に当ブログで第一回を開催し、以降は毎年夏の企画ということで開催を続けてきましたが、今年もネット作品展は開催します。
 5回目ということで、詰パラ誌上とネット上でのコラボ開催です。
 ネット作品展は、詰パラ9月号とタイミングを合わせて8月末に当ブログ「創棋会通信+α」で開催します。
 投稿の締切は8月9日(日)です。
 あらたに投稿いただいた作品と、一回目の選考に漏れた作品を対象に、8月例会で出題作の選考を行います。
 例年「すらすら解けない」という指摘を頂戴します。20手台ですから、一目というわけにはいきませんが、解いて楽しめる作品を出題できるようにしたいと思います。
 残暑が厳しい時期の出題となることが予想されますので、すらすら解けて、気分爽快になる作品展となるように、引き続き、作家の皆さまからの投稿をお待ちしています。

◆「すらすら解ける20手台」投稿要領
・投稿図には、「作意」と「指定の一手」を必ず記載してください。
 ※「指定の一手」は、出題時解答者に記載いただき正誤判定するためのものです。
   解答者の負荷低減のため、「指定の一手」と「手数」を記載いただくという方式を採用。
   (もちろん解答は全手順記載でもOKです)
・ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
投稿締切:8月9日(日)
・投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)


■創棋会の次々回課題は 「ピン」
 創棋会の次々回課題は「ピン」です。
 12月号作品展に出題しますので、10月例会(10月18日開催予定)で選考します。
 手数は29手以内。
 「ピン」というのはチェス用語で、駒が動けないように釘付けされた状態のことを言います。
 ピンを巡る攻防が楽しめる作品をお待ちします。
 「ピン」の例題は今月後半から紹介させていただく予定です。


■例題紹介
 「すらすら解ける20手台」の例題紹介も今回が最後です。
 謎解きを楽しめる作品を2作お届けします。

平松 準一作  将棋ジャーナル1984年6月
  (ジャーナル賞、「現代詰将棋中編名作選」第52番)
平松準一_現中52

 このまま61玉とされると捕まえるのに苦労しそうですから、51と と寄ります。
 42玉の一手に41飛成は同馬と取られて「アッ」ということになります。
 53銀成は同飛がありますし、43銀成と銀を取るような手は同玉でダメです。
 ここは桂を打ってくれという場所がありますから、桂頭に34桂と捨てます。
 同銀と取らせた局面をよく見ると邪魔な駒があります。
 54銀です。これが無ければ54桂と打てます。
 そこで34同銀には、跡地に43銀成と捨てるのが好手。

<1図 5手目:43銀成>
平松準一_現中52_43銀

 43銀成を同玉なら、44歩、42玉、54桂まで。
 43銀成には同銀と応じます。
 なおも34桂と捨て同銀と取らせます。
 ここであわてて54桂と打つと43玉で打歩詰。
 攻め方が強過ぎるようです。
 51のと金を消しましょう。
 まず41と と寄ります。
 43玉なら44歩と打てますから、52玉に42と と捨てて54桂と打って詰みます。
 41とには52玉とかわします。
 51となら63玉から逃げ出そうという狙いですが、軽く42と と捨てます。

<2図 11手目:42と>
平松準一_現中52_42と

 42とに63玉なら61飛成まで。
 42とは同玉と応じるしかありません。
 これで待望の54桂と打つことができました。
 それには52玉と寄り、62角成なら43玉で打歩詰の逃れを用意します。
 52玉には気持ちの良い手があります。
 61飛成と捨てます。
 同玉は62角成までですから、43玉と打歩詰に誘います。
 そこで決め手が出ます。
 41龍と捨てます。

<3図 17手目:41龍>
平松準一_現中52_41龍

 同馬と取る一手。
 これで44歩が打て、52玉に62角成までの詰み。

 打歩詰打開と2度の邪魔駒消去がうまくミックスされ、流れるような手順が心地よい一局でした。

【手順】51と、42玉、34桂、同銀、43銀成(1図)、同銀、34桂、同銀、
  41と、52玉、42と(2図)、同玉、54桂、52玉、61飛成、43玉、
  41龍(3図)、同馬、44歩、52玉、62角成まで21手詰


廣瀬崇幹作 詰パラ2009年5月(「現代詰将棋中編名作選」第222番)
廣瀬崇幹_現中222

 一見して33歩が邪魔駒のようですが、消すとどういう効果があるのかということまではわかりません。
 持駒には桂が3枚もあるので46桂と打ってみたくなるが35玉で続きません。
 初手は54龍と行きます。
 33玉は42銀まで。35玉と逃げれば、44銀と据えます。
 34玉と戻したところで、銀が動いて開き王手の筋が有力そうです。
 しかし銀をどこに動かしても35玉と逃げられて千日手模様。
 34玉には46桂と捨て、同と と取らせて55銀と引くのが好手順。

<4図 7手目 55銀>
廣瀬崇幹_現中222_7t55銀

 これなら35玉には46銀があります。
 55銀には33玉と引く一手。
 これで33歩が消えました。
 ここまで進むと少し詰み形が見えてきました。
 45歩が無ければ桂が打てます。
 もちろんそのためには46のと金の利きもなんとかしないといけないわけですが。
 そこでもう一度44銀と行きます。
 34玉に55銀では33玉で千日手ですから、今度は53銀不成と開き王手。

<5図 11手目 53銀不成>
廣瀬崇幹_現中222_11t53銀

 53銀不成に33玉なら42銀までですから、35玉と上がります。
 ここで47桂と捨てるのが好手。
 47同と と取らせて、と金のスイッチバック!
 もう一度、44銀不成と戻して、34玉のとき、今度は一転して43龍とします。
 これには45玉と逃げるしかありませんが、54龍、34玉と進めると45歩が消えました。
 そこで狙いの33銀不成が飛び出します。

<6図 21手目 33銀不成>
廣瀬崇幹_現中222_21t33銀

 33銀成と成ってしまうと35玉でアウト。
 不成なら24銀と飛車を取る手があるので、同玉の一手。
 これで45桂が打てました。

 33歩と45歩の2枚の邪魔駒を消去する狙いがパズルのようで、非常にロジカルなのですが、2手目に44に打った銀が大活躍し、桂捨でと金を動かす手も良いアクセントで、とても楽しい手順でした。

【手順】54龍、35玉、44銀、34玉、46桂、同と、55銀(4図)、33玉、
  44銀、34玉、53銀不成(4図)、35玉、47桂、同と、44銀不成、34玉、
  43龍、45玉、54龍、34玉、33銀不成(6図)、同玉、45桂まで23手詰


■創棋会の今後の予定
★感染者の発生が続いており、状況次第で例会が急遽開催中止になる可能性もあります。中止となった場合は、当ブログで告知させていただきます。
 なお当日は、感染拡大防止のため、発熱その他健康に懸念のある方は参加を控えてください。参加される方も、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、大声での会話を控える(部屋入口は開放するので隣室への配慮もあります)など、当日の運営にご理解をお願いします。

***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年8月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
<最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題]  ネット作品展「すらすら解ける20手台」。
今回は詰パラ9月号とネットでのコラボ開催です。
投稿要領は本文を参照ください。
・投稿図には、「作意」と「指定の一手」を必ず記載してください。
・投稿締切:8月9日(日)
・投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

***【次々回例会】***********************************************
[日時] 2020年10月18日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
<最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[課題] 「ピン」。本文参照ください。
[会費]  無料
******************************************************
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する