FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」ネット作品展は今年も開催

<「すらすら解ける20手台」ネット作品展は今年も開催>

・藤井棋聖誕生!
 藤井聡太さんが棋聖を獲得されました。
 タイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに更新したのがついこの間のことだったのですが、タイトルも獲得!
 それも強豪の渡辺三冠からという快挙。
 関係方面では早くも祝賀詰が。
  http://koheran.s17.xrea.com/homepage/diary.html
  https://twitter.com/mynavi_shogi/status/1283725446786383872
 コロナが猛威を奮う中での、明るいニュース。
 引き続き王位戦にも挑戦中。こちらでも活躍を祈念します。

・花
 7月初旬に撮ったものです。
 梅雨の晴れ間に散歩している途中で見かけた鉢植えの花。きれいですね。

20200709a→359

■創棋会の次回課題は ネット作品展「すらすら解ける20手台」
 「すらすら解ける20手台」には多数の投稿をいただき、6月14日までに届いた作を6/21の例会で選考。ただ時間切れで最終選考は7月例会になりそうです。
 好作が多く、悩ましいところですが、課題に相応しい作品を選題出来る見込みですので9月号をお楽しみにしてください。
 ところで「すらすら解ける20手台」は、「やさしい中編作の発表の場が少なくなった」という声を受け、また創棋会でもネット作品展を開催したいということから、2016年8月に当ブログで第一回を開催し、以降は毎年夏の企画ということで開催を続けてきましたが、 今年もネット作品展は開催します。
 5回目ということで、詰パラ誌上とネット上でのコラボ開催です。
 ネット作品展は、詰パラ9月号とタイミングを合わせて8月末に当ブログ「創棋会通信+α」で開催します。
 投稿の締切は8月9日(日)です。
 あらたに投稿いただいた作品と、一回目の選考に漏れた作品を対象に、8月例会で出題作の選考を行います。
 例年「すらすら解けない」という指摘を頂戴します。20手台ですから、一目というわけにはいきませんが、解いて楽しめる作品を出題できるようにしたいと思います。
 残暑が厳しい時期の出題となることが予想されますので、すらすら解けて、気分爽快になる作品展となるように、引き続き、作家の皆さまからの投稿をお待ちしています。

◆「すらすら解ける20手台」投稿要領
・投稿図には、「作意」と「指定の一手」を必ず記載してください。
 ※「指定の一手」は、出題時解答者に記載いただき正誤判定するためのものです。
 解答者の負荷低減のため、「指定の一手」と「手数」を記載いただくという方式を採用。
  (もちろん解答は全手順記載でもOKです)
・ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
・投稿締切:8月9日(日)
・投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

 それでは例によって、例題を紹介させていただきます。

深和敬斗作 詰パラ2013年1月(「現代詰将棋中編名作選」第247番)
深和現中247

 持駒が山のようにあります。どういう順序で捨てていくかが考え処です。
 初手は24桂しかありません。
 これは同銀と取る一手。
 これで22歩成と出来ます。
 13玉となったところで、何となく成ったばかりの22とが邪魔ですね。
 22とが無かったら22銀と打って簡単に詰みます。
 しかしすぐに12と と捨てるのは同玉と取られ、そこで13歩と打っても同銀とされると続きません。
 13玉には25桂と捨て、同銀左(同銀右は24銀まで)に、15香が急所の一着。

<図1:7手目 15香>
深和現中247_15香

 15香に14合なら、23と と軽く捨て、同桂に、22銀、12玉、13歩とすれば詰み。
 15香は同銀と取るしかありません。
 玉の上部に強力な銀のスクラムが出来たようですが、ここで14歩と叩くのが絶好のタイミング。
 同玉なら23銀と打ち込んで、13玉に14歩の要領で詰みます。
 14同銀と応じるしかありませんが、14を塞いでから、12と と捨てるのが、好手順。
 同玉に狙いの13歩が実現しました。

<図2:13手目 13歩>
深和現中247_13歩

 同玉と応じるしかありませんが、22銀と迫ります。
 12玉で一瞬打歩詰の局面になりますが、24桂が打開の常套手段。
 同銀と取らせて、13歩と打つことが出来ます。
 同銀と取った局面は、なんと初形の23歩が22銀に置き換わっただけという見事な局面の対比。
 13同銀に11銀成までの詰み。

 豊富な桂香歩を使って玉方の2枚銀を翻弄する手順は軽快そのもの。
 初形で13・14に並んでいた二枚の銀が、24・25へ動き(図1)、さらに14・15に移動し(図2)、最後は元通りに13・14に収まるところも面白いですね。

【作意】24桂、同銀、22歩成、13玉、25桂、同銀左、15香(図2)、同銀、
  14歩、同銀、12と、同玉、13歩(図2)、同玉、22銀、12玉、
  24桂、同銀、13歩、同銀、11銀まで21手詰


やきのり作 将棋スマホ詰パラ2014年5月31日 №4051「図面が生まれ変わる」
(「現代詰将棋中編名作選」第272番)
やきのり現中272

 初形は有名な香歩問題のようです。
 しかし香を離して打つには2枚のと金が強力な守り。
 でもよく見れば43飛という強力な援軍が控えています。この力を活用しない手はありません。
 まず初手は定跡どおり、23香と離して打ちます。
 23中合の筋が見えますが、同香不成、12玉、22香成と進むことになるので、ただちに12玉と逃げた方が得です。 7/25訂正
 12玉、22香成、13玉まで追ったとき、32銀不成が良さそうだが、24玉とかわされて35からの脱出が防げない。
 ここは22成香が浮くので指しにくいが、44銀不成とソッポに開き王手するのが好手。

<図3:5手目 44銀不成>
やきのり現中272_44銀

 44銀不成には22玉と成香を取る一手。
 と金が利いているので香の離し打ちというわけにはいきませんし、33銀不成では21玉と引かれて初形に戻って香を一枚損した格好。
 ここは33銀成と行くのが好手段。
 13玉とかわされると困るようですが、今度は34成銀と引いて開き王手することが出来るので脱出の心配はありません。
 11玉と逃げれば、13香、21玉、12香成、同玉、42飛成で詰み。
 33銀成には、21玉と引いて凌ぎます。

<図4:8手目 21玉>
やきのり現中272_21玉

 この局面、なんと初形から33銀が裏返って成銀に変化。
 まさにタイトルどおり「図面が生まれ変わり」ました。
 香が1枚減って詰むのかな、という感じですが、先ほどと同様に、23香、12玉、22香成、13玉と進めたとき、34成銀と引く手がありました。
 真っすぐ引けるのが、銀が成った効果。

<図5:13手目 34成銀>
やきのり現中272_34全

 34成銀には今回も22玉の一手。
 これには33飛成とします。
 11玉には13香、21玉、12香成と捨てるのが好手。
 今度は34に成銀がいるので(先の局面は44銀)、同玉に23成銀と出来ます。
 21玉に22龍までの詰み。

 生銀を成銀に変えるマジックのような手順、23香から銀が動いて開き王手というリフレインが楽しい一局。

【作意】23香、12玉、22香成、13玉、44銀不成(図3)、22玉、33銀成、21玉(図4)、
  23香、12玉、22香成、13玉、34成銀(図5)、22玉、33飛成、11玉、
  13香、21玉、12香成、同玉、23成銀、21玉、22龍まで23手詰


■創棋会の今後の予定
★感染者の発生が続いており、状況次第で例会が急遽開催中止になる可能性もあります。中止となった場合は、当ブログで告知させていただきます。
なお当日は、感染拡大防止のため、発熱その他健康に懸念のある方は参加を控えてください。参加される方も、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、大声での会話を控える(部屋入口は開放するので隣室への配慮もあります)など、当日の運営にご理解をお願いします。

***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年8月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
<最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題]  ネット作品展「すらすら解ける20手台」。
今回は詰パラ9月号とネットでのコラボ開催です。
投稿要領は本文を参照ください。
・投稿図には、「作意」と「指定の一手」を必ず記載してください。
・投稿締切:8月9日(日)
・投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

***【次々回例会】***********************************************
[日時] 2020年10月18日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
<最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[課題] 近々ご案内いたします
[会費]  無料
******************************************************
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する