FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」<最終回>

【結果発表】ネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」<最終回>

■花
・連休中、散歩の途中、とあるマンションの玄関に飾られていたものです。
 いい感じですね。

花壇0501№349

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」<最終回:総評>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋」は今年で4回目の開催でした。
 今年のテーマは「大駒捨てのある作品」。多くの方から作品の投稿と解答をいただきました。皆さま、ありがとうございました。

 出題作品は13題。作者は次の10名の方々です。あらためて感謝申し上げます。
 (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
    奥鳥羽生、片山智之、信行寺持光、則内誠一郎、中出慶一、西村章、野曽原直之、RINTARO、安田恒雄、吉松智明

 また解答は次の17名の方からいただきました(敬称略)。
 お忙しいところ、ありがとうございました。
    嵐田保夫、有吉弘敏、片山智之、奥鳥羽生、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、津久井康雄、西村章、野曽原直之、原田豪、福原徹彦、松澤成俊、
    RINTARO、安田恒雄、山下誠

 大駒捨てを堪能できる作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 出題は2月19日。次のURLからご覧いただけます。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

 結果発表は3月28日からスタートして11回行いました。
   ※一回目の結果発表は → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-339.html

 それでは最終回は、いただいた総評をもとに今回の振返りさせていただきます。

■総 評
 「教材に使える10手台」も今回で4回目。
 詰将棋の面白さや楽しさを知ってもらい、ますます詰将棋を好きになってもらいたい。
 3・5・7手をはじめ、短い手数の詰将棋を解く機会は多いと思いますが、少し長めの手数だからこそ味わえる詰将棋の面白さを知ってもらいたい。
 そういう出会いの場になればということでスタートした企画です。
 ということで、今回のテーマは「大駒捨てのある作品」でしたが、いかがでしたか。

占魚亭:好作が多かったと思います(評価は甘め……かも)。
 大駒4枚捨てが1作しかなかったのにちょっとびっくり。

★大駒4枚捨が1作というのはコメントいただき、初めて気がつきました。

松澤成俊:ダントツで⑪が良かったと思います。

★11番だけが大駒4枚捨て。好評が集中したのも肯けます。

竹中健一:良い作品ばかりでした。創棋会の作者はみなさんレベルが高いですね。

★創棋会の常連メンバー以外からの作品投稿もあり、作品展が盛り上がりました。
 易しい「教材」を創作するのも作家の皆さんの腕の見せ所だったかもしれません。

RINTARO:比較的短時間で解くことができましたが、解答書くのが大変でした。
 課題との適合性を重視して、評価しました。
 ⑪は別格として、⑨⑩が好みです。
 大駒捨てが狙いではなく、手順に入ってるだけの作品もありましたが、教材に使える手筋ということで許容範囲でしたか。
 今回も参加できて光栄です。

★13問全部の解答を書くのは少しお手を煩わせてしまいました。
 オンライン解答選手権のような方法を採用するのも一考ですね。

福原徹彦:最近は屋内にいる時間が長いおかげで解答できました。
 大駒捨てはやっぱり詰将棋の醍醐味ですね。

★出題は2/19。その時点で新型肺炎がこれほどまでの脅威になるとは想像もつきませんでしたが、結果はStay Homeが長引く状況に…。
 皮肉なことに、詰将棋に親しむ好機到来となりました。

片山智之:初心者向けからマニア向けまで、実に多彩で、力のこもった作品がてんこ盛りの作品展だと思いました。
 どの作品も、ダイナミックな大駒捨てが登場するので、気分爽快。
 また、個人的には、「一間龍」を複数の作品で鑑賞出来た点も、大きな収穫でした。
 ありがとうございました。

★大駒捨ての楽しさを多くの方に感じていただければ、この企画はよかったのかなと思います。
 易しくても、解いて楽しい作品が、必ず詰将棋ファンのすそ野を広げていくのだと考えます。
 将棋世界では昨年に続いて「詰将棋創作キッズチャレンジ」が企画され、なんと課題の一つが「飛車を捨てる」というもの。今回の 企画が創作を志すキッズの目に留まるといいなと思いました。


☆さて解答募集の際、「解答者の中から若干名に呈賞、また『力試し』解答者は別枠で1名に呈賞」としていました。
 今回は、嵐田保夫さんとRINTAROさんのお二人に詰棋書を贈呈させていただくこととします。
 発送には少し時間をいただきますことご了承ください。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
★6/21に例会を開催するかどうか、検討中です。
 緊急事態宣言が5/31まで延長、その後大阪府が自粛解除基準を設定されましたが、大阪市の区民センターの利用については、イベントなどは自粛要請の対象になっています。
 例会については開催の可能性もあると考えていますが、一ヶ月先のことなので、自粛緩和の揺り戻しによる感染再拡大という状況も懸念されます。
 楽観できる情勢ではないという認識ですので、今しばらく様子を見させていただきたいと存じます。
 開催時期、方法などは、決定次第、当ブログにてご案内させていただきますので、引き続きお時間をいただきますこと、ご了承ください


[日時] 2020年6月21日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
   <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料

[課題] 詰パラ9月号作品展「すらすら解ける20手台」。
 今回は詰パラ誌上とネットでのコラボ開催です。
 6月中旬までに集まった作品で一次選考を行い、詰パラ掲載作品を決定。
 そこで選に洩れた作品や追加投稿作は、8月例会で選考し、ネット作品展に出題の予定です。
◆「すらすら解ける20手台」投稿要領
・投稿図には、「作意」と「指定の一手」を必ず記載してください。
  ※「指定の一手」は、出題時解答者に記載いただき正誤判定するためのものです。
    解答者の負荷低減のため、「指定の一手」と「手数」を記載いただくという方式を採用。
    (もちろん解答は全手順記載でもOKです)
・ペンネーム投稿もOKですが、実名を記載してください。
・投稿締切:第一回6月14日(日)
       第二回8月9日(日)
・投稿先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えて下さい)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年8月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
<最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題]  ネット作品展「すらすら解ける20手台」。
今回は詰パラ誌上とネットでのコラボ開催です。
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで
 → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する