FC2ブログ

続・創棋会の次回課題は「駒の軌跡」

<創棋会の次回課題は「駒の軌跡」>
・「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」の解答締切は3月22日(水)です。
 この週末がお休みという方、是非とも解答をお届けください。

・すっかり春めいてきました。
 毎年この時期になると近所で木蓮がきれいに咲いています。
木蓮202003

■「教材に使える詰将棋」partⅣの出題中(解答締切は3/22
 創棋会のネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」には多数の投稿をいただき、創棋会例会で選考された13題を2/19にブログで出題させていただきました。
    http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-333.html
 出題作の作者は次の10名の方々です。あらためて感謝申し上げます。
   (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
     奥鳥羽生、片山智之、信行寺持光、則内誠一郎、中出慶一、西村章、野曽原直之、
     RINTARO、安田恒雄、吉松智明
 大駒捨ての爽快さを楽しめる作品が揃っています。
 解いていただければ詰将棋が好きになる、そういう作品ばかりです。
 「力試し」の3題も、形はよくありませんが、解けば納得の作品ばかりです。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切 : 3/22(日)
◇解答要領 : A・B・Cの三段階評価と短評をお願いします。
※解答いただいた方から若干名に呈賞。
 また「力試し」解答者は別枠で1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。
   https://firestorage.jp/download/9acf723fb54e728f936e301be037258e63f0d136
   パスワード 「kyozai4」です。

■創棋会の次回課題は「駒の軌跡」です
 創棋会の次回課題は「駒の軌跡」です。
 詰パラ6月号作品展への出題作となります。
 駒が移動する軌跡をテーマにした作品の投稿をお待ちしています。
 駒の移動といっても表現はさまざまです。
 回転もあれば鋸のようなもの、水平移動に垂直移動、振子のような往復移動もそうですね。
 表現の面白さに笑みがこぼれる、手順を並べて楽しめる、そんな作品が多いのではないかと思います。
 作家の皆さんの腕の見せ所ではないでしょうか?
 創意溢れる作品の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 それでは例題紹介です。
 いつものことですが、管理人の好みで「これはいいな」と思った作品を紹介させていただきます。

橋本孝治作 詰パラ1983年6月(「現代詰将棋短編名作選」第78番)
橋本(孝)_現短78

 盤面20枚というすごい初形ですが、果たして何が飛び出すでしょうか。
 初手は桂を跳ねて開き王手するしかありません。
 右に跳ねるか、左に跳ねるか、さてどちらが正解でしょう?
 27桂と跳ねれば一歩稼ぐことが出来ます。
 角が利いているので58には逃げられません。
 49に合するしかないのですが、最下段ですから合出来るのは、飛角銀が品切れなので、金しかありません。
 しかし49金合の後がどうにも手がありません。
 正解は47桂です。
 これなら49金合には、同飛と取り27角と と金を取ることが出来ます。
 27桂と跳ぶとこの27角が出来ないので詰まなかったわけです。
 47桂には、今度は36角の利きが止まったので58玉と逃げることが出来ます。
 58玉の局面では、またまた王手をするには桂を跳ねて36角による開き王手しかありません。
 しかも今度は35しか跳ねるところはありません。
 35桂と跳ねて開き王手!

<1図:3手目 35桂>
橋本(孝)_現短78_35桂

 35桂跳ねには57玉と銀を取って逃げるしかありません。
 それには47飛成が見えます。68玉、69飛、同玉、67龍と手は続きますが、69玉で息切れです。
 57玉には13角を活かす開き王手がありました。
 43桂不成です。

<2図:5手目 43桂不成>
橋本(孝)_現短78_43桂

 43桂不成で13角の利きが通って、68からの逃走が防げます。
 こうなると48玉と逃げ込むしかありません。
 そこで31桂成と跳ねれば、41飛による開き王手で詰み。
 なお、5手目に43桂成とすると43の成桂はどこにも動くことが出来ず詰みません。
 終わってみれば初形の39桂が47→35→43→31と見事な4段跳び。
 桂の4段跳びを最短手数で実現した作品です。
 作者は出題時に「7手詰の趣向作のつもり」と言われています。
 大作ミクロコスモスの作者の楽しい作品でした。

【詰手順】47桂、58玉、35桂(1図)、57玉、43桂不成(2図)、48玉、31桂成まで7手詰


中筋俊裕作 詰パラ2011年8月号(「現代詰将棋中編名作選」第234番)
中筋_現中234

 大駒4枚の包囲網。24飛にも16桂の紐がついているので取られる心配がない。
 しかし持駒に金気が無いので、詰み形が浮かばない。
 まず36香と打ってみましょう。同玉なら27龍で簡単ですが45玉と寄られると、続きません。
 初手は37香と と金の利きに打つのが好手。
 同となら26龍まで、45玉には27角がありますから、36合の一手です。
 何を合しても同香と取って45玉と逃げるしかありませんから、頭に利く駒なら46から打って簡単。
 ということで37香には36桂合しかありません。
 36桂合も同香と取り、45玉と逃げたとき、もらった桂を37に打ちます。
 36玉なら27龍、47玉、45桂できれいに詰みますから、37桂は同と と取る一手。
 これで29の龍を25に活用することが出来ます。
 35に何か合するしかないのですが、前に利く駒は46から打たれますので、ここでも桂が最善。35桂打と受けます。

<3図:8手目 35桂打>
中筋_現中234_35桂打

 35桂を龍で取っては手が続かないので、35同香と取れば18角の睨みを活かす開き王手。
 桂は品切れですが、36香合なら、同角、同と、37桂、同と、46香まで。
 3筋に歩は打てないので27歩合で凌ぎます。
 同角、同と となった局面は打歩詰。
 ここで34香と一マス動くのが好手。
 34香の効果で24飛の横利きが止まったので、35合には46歩が打てるのです。
 たとえば香合なら、46歩、44玉、36桂、同香、45龍で詰み。
 この手順を防いで、35銀と合するのが粘りのある受け。

<4図:14手目 35銀>
中筋_現中234_35銀

 35銀合にも、46歩、44玉、36桂、同銀と進めます。
 45に銀の利きがあるので、45歩や45龍とはできませんが、洒落た手がありました。
 33香成と開き王手します。
 32香成とするのは、24銀と飛車を取らずに34歩合で困ります。
 33に香を成っておけば34歩合には、同成香から数の攻めで詰みます。
 もちろん、24銀なら同龍から53銀がありますから、33香成は同玉と取るしかありません。
 そこで23飛成ともう一枚龍を作って、44玉に55龍と捨てるのが決め手。
 同桂に53馬まで引き締まった詰上り。

 本作は37に打った香が、36→35→34→33と動きます。
 足の長い香が一マスずつ4回も動くのは、非常に高度な構想です。

【詰手順】37香36桂同香、45玉、37桂、同と、25龍、35桂打(3図)、同香
   27歩、同角、同と、34香35銀(4図)、46歩、44玉、36桂、同銀、
   33香成、同玉、23飛成、44玉、55龍、同桂、53馬まで25手詰


駒三十九作 近代将棋1985年3月
 (塚田賞、「現代詰将棋中編名作選」第64番、「からくり箱」第48番)
駒三十九_現中64

 14飛と寄れば、13香合のような受けでは23桂、12玉、24桂、23玉、15桂、14玉、25龍で詰むのですが、13桂合とされると詰みません。
 他に有力そうな手が無いので、気は進みませんが22飛成と角を取ります。
 22同玉なら31角と打って、23玉なら15桂、12玉、24桂というように、桂を連打すれば詰みますから、22飛成には22同歩と応じます。
 持駒に桂が沢山あるので23桂と応手を訊きます。
 21玉と寄るのは32角から15龍で簡単。
 12玉なら24桂と打ち13玉に15龍と廻ります。14香合なら25桂から12角があるので14飛合としますが、12桂成、23玉に14龍と飛を取り同玉に13飛と打てば、24玉に15角で容易に詰みます。
 23桂は平凡に23同歩が最善。
 ここで44角と打つのが好手。
 22合なら31龍があるので角と龍の焦点、33に捨合して凌ぎます。
 何を合するのがよいでしょうか?
 まず33歩合としてみましょう。
 これは同角成とし、22合も同馬と取って、同玉に14桂と打ちます。12玉と寄りますが、手に入れた一歩を13歩と叩きます。同玉に25桂と打てば14玉と逃げる一手。そのとき先ほど22で手に入れた駒を15から打って同玉に13桂成までの詰み。頭の丸い桂なら26桂から13桂成です。
 頭に利く駒は13に打てるので早いようです。
 最善は33桂です。

<5図:6手目 33桂>
駒三十九_現中64_33桂

 これは同角成と取ります。
 12玉なら、23馬と歩を取って同玉に15桂と打てば詰んでしまうので、22合の一手です。しかし先ほど調べたように頭に利く駒は、同馬、同玉、14桂、12玉、13Xと打って詰みますから、22合も桂が最善です。
 これも同馬と取り持駒が4桂になりました。
 22同玉には14桂と打ちます。
 13玉には25桂があるので、12玉と寄って凌ぎます。
 32龍と突っ込みたいのですが、13玉と逃げられると上部脱出を防ぐことができません。
 頭に利く駒があれば13から打てるのですが、困りましたね。
 しかし持駒に桂が増えたので、24桂と捨てる手がありました。

<6図:13手目 24桂>
駒三十九_現中64_24桂

 24桂に13玉なら25桂があるので、24同歩と応じます。
 逃げ道を狭めたので32龍と待望の活用です。
 13玉と逃げるしかありませんが、あわてて22龍とすると14玉で脱出されます。
 ここは25桂と捨てるのが好手。
 14玉なら12龍までということで、25同歩と取るしかありません。
 25龍とできる形が出来たので、22龍と寄せていきます。
 14玉の一手に25龍では13玉で詰みませんし、25銀も15玉から26玉の脱出が止められません。
 14玉には最後の桂を26に捨てるのが決め手。
 26同歩と取るしかありませんが、25銀とすれば15玉に24龍までの詰み。

 33桂から22桂の連続合、入手した桂も含めて5枚の桂を連打して詰上げる楽しい作品。
 最終図をよく見ると、初形の21歩が22→23→24→25→26と、文字通り一歩ずつ前進。
 なぜ初手に駒取りを入れたのかがよく分かります。

【詰手順】22飛成、同歩、23桂、同歩、44角、33桂(5図)、同角成、22桂
   同馬、同玉、14桂、12玉、24桂(6図)、同歩、32龍、13玉、
   25桂、同歩、22龍、14玉、26桂、同歩、25銀、15玉、24龍まで25手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年4月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
    <最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題]  「駒の軌跡」。駒が移動する軌跡をテーマにした作品の投稿をお待ちしています!

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年6月21日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
   〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
      <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題] 後日案内させていただきます。
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する