FC2ブログ

締切迫る!ネット作品展の解答は3/22まで

締切迫る!ネット作品展の解答は3/22まで
・梅の花が満開!
 2月末に近所の公園で撮影。
 例年3月初旬に「梅まつり」が開かれるのですが、今年はコロナの影響で中止。
 まつりは開催されませんでしたが、この日は良い天気で満開の梅の花を楽しませていただきました。

梅202002_1

梅202002_2

■「教材に使える詰将棋」partⅣの出題中(解答締切は3/22
 創棋会のネット作品展「教材に使える10手台~大駒捨てのある作品~」には多数の投稿をいただき、創棋会例会で選考された13題を2/19にブログで出題させていただきました。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-333.html
 出題作の作者は次の10名の方々です。あらためて感謝申し上げます。
   (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
    奥鳥羽生、片山智之、信行寺持光、則内誠一郎、中出慶一、西村章、野曽原直之、
    RINTARO、安田恒雄、吉松智明
 大駒捨ての爽快さを楽しめる作品が揃っています。
 解いていただければ詰将棋が好きになる、そういう作品ばかりです。
 「力試し」の3題も、形はよくありませんが、解けば納得の作品ばかりです。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
解答締切 : 3/22(日)
◇解答要領 : A・B・Cの三段階評価と短評をお願いします。
※解答いただいた方から若干名に呈賞。
 また「力試し」解答者は別枠で1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。
   https://firestorage.jp/download/9acf723fb54e728f936e301be037258e63f0d136
   パスワード 「kyozai4」です。

■創棋会の次回課題は「駒の軌跡」です
 創棋会の次回課題は「駒の軌跡」です。
 詰パラ6月号作品展への出題作となります。
 駒が移動する軌跡をテーマにした作品の投稿をお待ちしています。
 駒の移動といっても表現はさまざまです。
 回転もあれば鋸のようなもの、水平移動に垂直移動、振子のような往復移動もそうですね。
 表現の面白さに笑みがこぼれる、手順を並べて楽しめる、そんな作品が多いのではないかと思います。
 作家の皆さんの腕の見せ所ではないでしょうか?
 創意溢れる作品の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 それでは例題紹介です。
 いつものことですが、管理人の好みで「これはいいな」と思った作品を紹介させていただきます。

岡田富行作 近代将棋1955年4月(塚田賞、「古今中編詰将棋名作選」第51番)
岡田_古今中51

 攻め方は飛角三枚で玉を包囲しているが、金気がないので、用心して攻めないとヌルヌルと逃げられる。
 持駒に桂があるので、初手は桂打から。
 18桂と打てば、35玉には、25飛、36玉、45飛寄と開き王手すれば48桂の詰みがあります。
 また16玉も27角、15玉(17玉は54角と銀を取って28玉、27飛、38玉、47角という順で詰み)、16飛、24玉、25歩、33玉、32角成、同玉、54角、23玉、15桂、14玉、32角成と追って手数はかかりますが詰みます。
 しかし同と とされると38桂、16玉、27角、15玉、16飛、24玉となって続きません。
 初手は38桂が正着です。
 35玉や16玉は、18桂のときと同じ要領で詰みますから同と と取るしかありません。
 そこで18桂と打てば、今度は16玉なら17飛打まで、また15玉も25飛、16玉、26飛、15玉、17飛で詰みます。
 18桂には35玉とかわします。
 45飛打が有力そうですが、同銀、同飛、24玉とされて、これが詰みません。
 36角を抜かれるので打ちにくいのですが25飛と打ちます。

<1図:5手目 25飛>
岡田_古今中51_25飛

 25飛には36玉と角を取る一手。
 47の飛車を取らせるわけにはいきませんが27飛と引くと14銀と角を抜かれてしまいます。
 そこで26飛と両王手。
 これには35玉と逃げるしかありません。
 ここで25飛と上がると36玉で千日手模様です。
 どうすればいいのでしょうか?
 縦に動かすのがダメなら、横に動かして36飛とやってみましょう。

<2図:9手目 36飛>
岡田_古今中51_36飛

 これは24玉の一手です。
 27飛と回るのは33玉から脱出されてしまいますから、26飛と寄るくらいしかありません。
 35玉とされると先ほどと変わらないようですが、よく見ると24歩が消えました。
 今度は、25飛、36玉に23飛成と龍を作ることが出来ます。
 14銀と角を抜かれますが、27龍と引き、35玉に26龍までの詰み。
 24歩が飛車成を邪魔する駒だったわけです。
 これを見破れるかどうかが本局を解く鍵でした。

 24歩が邪魔駒ということがわかれば、飛車が25→26→36→26→25と動き回って最後は23飛成を実現。飛車の動きを楽しめる一局です。

【詰手順】38桂、同と、18桂、35玉、25飛(1図)、36玉、26飛、35玉、
  36飛(2図)、24玉、26飛、35玉、25飛、36玉、23飛成、14銀、
  27龍、35玉、26龍まで19手詰


明石六郎作 近代将棋1991年9月号(「現代詰将棋中編名作選」第101番)
明石_現中101

 攻め方の馬・銀・と金をどうやって捌いていくか。
 まずいかにも邪魔な26のと金を捌きましょう。
 16とが見えます。同玉なら15とから簡単なのですが、同歩と取られると、16地点が埋まってしまい、後々打歩詰になってしまいます。
 27と と引きます。
 同飛成と取るとどうなるでしょうか。
 それには29桂、同龍、26銀、同龍、29桂、同龍と龍を翻弄しながら銀を捌いて44馬と桂を取ります。
 頭の丸い桂を26に合いしますが同馬と取り、同龍に、29桂、同龍、53馬と一歩入手し、16玉には28桂、同龍、17歩から清算して18飛までの詰み。
 53馬に26歩合も18歩、16玉、26と、同龍、25銀引、同龍、17馬までの詰み。
 そこで29桂には同飛不成と応じます。
 あわてて26銀とすると同飛とは取らずに16玉とされてしまい、17銀と捨てれば同飛成、28桂と捨てるのも同飛成で、詰みません。
 もう一度29桂と捨てるのが大切なところ。これなら16玉は、26との一発です。
 これも同飛不成と取ります。
 飛車を29に呼んでから、26銀と捌きます。
 今度16玉なら17銀と捨てる手があり、同玉に44馬と取れば作意同様に追って桂が余って詰みますから、26銀にも同飛不成と応じます。
 44馬を実現するには29桂と捨てるしかありません。
 これも同飛不成
 これで44馬と待望の馬の活用です。
 26歩合と受けるのは、同馬、同飛、18歩、16玉、35と と開き王手で詰みます。
 18から打つ手を防いで26桂が最善の受け。

<3図:10手目 26桂合>
明石_現中101_26桂

 26桂合は同馬と取り、これにも同飛不成と応じます。
 次は53歩の歩を狙って、29桂と打ちます。
 同飛不成と取らせて、狙いの53馬が実現しました。
 26に合駒するのは、18歩と打てるので、16玉、26と、同飛、25銀引、同飛、17馬まで駒余りの詰み。
 53馬には16玉とかわすのが最善。

<4図:16手目 16玉>
明石_現中101_16玉

 16玉まで進むと飛車不成の意味がよく分かります。
 2手目の変化でも説明しましたが、29飛が龍だと、28桂、同龍、17歩、同龍、同馬、同玉、18飛までの詰み。
 29の駒は飛ですから16玉に28桂は同飛不成で詰みません。
 ここはあっさり、26と と捨てます。
 同飛成なら、28桂、同龍、17歩、同龍、25銀引で詰むので、同飛不成と応じます。
 それには17歩、同玉、29桂とするのがうまく、16玉に25銀引と捨て、同飛と取らせて17馬までの詰み。

 29の飛車を翻弄し、玉方も7連続不成で応えるという楽しい軽趣向でした。

【詰手順】27と、同飛不成、29桂、同飛不成、26銀、同飛不成、29桂、同飛不成
   44馬、26桂(3図)、同馬、同飛不成、29桂、同飛不成、53馬、16玉(4図)、
   26と、同飛不成、17歩、同玉、29桂、16玉、25銀引、同飛、17馬まで25手詰


真島隆志作 詰パラ2015年9月(半期賞、「現代詰将棋中編名作選」第287番)
真島_現中287

 二枚馬と銀の包囲はガッチリで持駒も金銀香と揃っていますが、78龍の守りは強力。
 99香と打って合駒を訊きます。
 桂は打てないので平凡ですが98歩合と応じます。
 同香、同龍で、78龍を動かして、69馬と活用します。
 78歩合のような受けでは、85銀、97玉、86銀、88玉、77馬、89玉、99金、同龍、78馬上という順で詰みます。
 手順中の77馬と引く手を防いで78には金合が最善の受け。
 直ぐに同馬と取るのは同龍で詰みません。
 87銀と捨てるのが好手。

<5図:7手目 87銀>
真島_現中287_87銀

 87銀は同龍と取るしかありませんが、そこで86金と捨て、同龍と取らせてから78馬と金を取るのが好手順です。
 こうしておけば87合の一手です。
 歩合なら、86馬、同玉、85飛、66玉、67金まで。
 67金を防いで横に利く87飛合が強防。

<6図:10手目 87飛>
真島_現中287_87飛

 87飛合は78の馬で取ります。
 同龍には再度86金、同龍と呼び戻してから97歩と打つのが小気味よい手順。
 同龍の一手に、95飛が決め手。
 同玉は85馬、同香なら85銀までの詰み。

 本局では、78龍が98→87→86→87→86→97と移動します。
 3度の合駒に巧みな捨駒を絡めた龍の翻弄、少ない駒数で密度の濃い手順を実現され半期賞を受賞されました。

【詰手順】99香、98歩合、同香、同龍、69馬、78金合87銀(5図)、同龍
  86金、同龍、78馬、87飛合(6図)、同馬行、同龍86金同龍
  97歩、同龍、95飛、同香、85銀まで21手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2020年4月19日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号(広い部屋です)
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
    <最寄駅>阪神本線 野田駅・JR東西線 海老江駅・地下鉄千日前線 野田阪神から 徒歩数分
[会費] 無料
[課題]  「駒の軌跡」。駒が移動する軌跡をテーマにした作品の投稿をお待ちしています!

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2020年6月21日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓 
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
    <最寄駅>地下鉄中央線・JR環状線「弁天町」徒歩7分
[会費]  無料
[課題] 後日案内させていただきます。

****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する