(続)創棋会例会は6月19日(日)です。

(続)創棋会例会は6月19日(日)です。

■創棋会例会(6/19)の開催場所について
創棋会例会、今月は6月19日(日)に開催されます。
開催場所は、大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。
※関西将棋会館ではありませんので、ご注意ください。
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
※多数のご参加をお待ちしています。

■創棋会作品展への解答
詰パラ6月号の創棋会作品展(18P)。課題は「成生の態度保留や態度打診」。
好作の応募多数で、厳選の4作品。解けば納得の好作ばかりです。
ぜひチャレンジしてください。
1問でも解けた方は、解答をお願いします


■「風船図式」
創棋会、今回の課題は 「駒配置5×5内の風船図式」 です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

■作品紹介
それでは課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
今回はまず過去の創棋会の作品を紹介させていただきます。
4月末のブログでは『※創棋会でも1973.8に課題になっているようですが、不勉強のためどのような作品が出題されたのかわかりません。』と記したのですが、データをお持ちの創棋会会員から図面を提供いただきました。ご提供くださった会員には、あらためて御礼申し上げます。

柴田昭彦作:詰パラ1973年10月
柴田昭彦作パラ197310

作意:55馬、同銀、66桂、同銀、63銀打、64玉、56桂、同と、53角成、同玉、44龍まで11手詰
柴田昭彦作詰上り

何か出そうな初形ですが、期待通りに詰め上がり「0」の字になります。
初手は駒取ですが、持駒の桂を上手く捨て、最後は要の44角も捌いて気持ちの良い詰め上がり。


藤倉満作:詰パラ1973年10月
藤倉満作パラ197310

作意:53飛、64玉、73飛成、65玉、76金、54玉、44銀成、同銀、65金、同玉、66香、同と、64馬まで13手詰

詰形が見えにくい初形だが、53飛から入るしかなく、76金、44玉まで決めたところで、
44銀成、65金、66香と気持ちの良い捨駒が続きフィニッシュ。


折角ですから創棋会の大ベテラン、中出さんの作品も2作紹介させていただきます。
いずれも同氏の作品集「想春譜」に収録されています。

中出慶一作:将棋マガジン1981年12月(「想春譜」第32番)
中出慶一作マガジン198112

作意:53桂成、同玉、45桂、52玉、43角、同歩、53桂成、同玉、63金まで9手詰

駒の打ち換えがテーマ。65桂を45に打ち換えることで33銀に紐がつき、5手目43角の巧打が実現。二度の53桂成がリズミカルな軽快作。

中出慶一作:詰パラ1984年12月(「想春譜」第54番)
中出慶一作パラ198412

作意:65金打、同銀、54金、同玉、55歩、同玉、44銀打、同歩、64銀生、54玉、53桂成まで11手詰

都玉の小駒図式。取れる駒を取らずに65金打から54金と捨てるのが味の良い導入。以降も55歩や44銀打などの捨駒を使ってうまくまとめた。

***【今月の例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※関西将棋会館ではありませんのでご注意ください。
多数のご参加をお待ちしています

[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」 (29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する