創棋会例会は6月19日(日)です

創棋会例会は6月19日(日)です。

■創棋会例会(6/19)の開催場所について
創棋会例会、今月は6月19日(日)に開催されます。
開催場所は、大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。
※関西将棋会館ではありませんので、ご注意ください
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
※多数のご参加をお待ちしています。

■「風船図式」
創棋会の次回課題は「駒配置5×5内の風船図式」です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

■作品紹介
それでは課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
今回は、前回紹介した田中至氏の「詰将棋考」と門脇芳雄氏の「曲詰百歌仙」から盤面象形の作品を紹介させていただきます。

田中至作:「詰将棋考」自選曲詰50局集 第12番(1983年6月刊)
田中至12番

作意:54飛、同玉、45角、同龍、55香、同龍、44金引、同龍、45金、同龍、55香、同龍、43銀打まで13手詰

盤面象形です。盤の中央での密集図形は類例が少ないのではないでしょうか。
手順は、駒取が二回ありますが、43金の邪魔駒消去を織り込んで、龍の翻弄が楽しい作品です。


門脇芳雄作:朝日新聞1966.01.05(「曲詰百歌仙」第80番の参考図)
門脇芳雄「新生日本」

作意:45金、同と、56金、同玉、45銀、46玉、55角、同玉、56金、64玉、54銀成、同金、65歩、同金、同金、同玉、63飛成、同と、66香、同玉、56金まで21手詰

初形「日の丸」です。詰め上がりが「日の丸」になる作品と表裏一体で朝日新聞に掲載された作品。
45金から56金が上手い序奏で、と金を奪い、55角で呼び戻した後も54銀成から打歩詰を解消して、最後は飛車も捨てて詰め上がる。手順は軽快で、囲い駒も動き、解後感は悪くありません。
先に紹介した、山田修司作(1965年)、柳田明作(1985年)と比較してみるのも面白いかもしれません。


もう一作、著名作家の作品集から紹介させていただきます。
村山隆治作:近代将棋1965年4月号(「五風十雨」第54番)
村山隆治「15」

作意:56歩、同龍、44銀、同玉、55角、同玉、35飛成、同桂、45金打、同龍、同金、56玉、55飛まで13手詰

近代将棋の発刊15周年記念の曲詰に入選された作品とのこと。
56に龍を呼んでからの、44銀・55角が爽快な手順。35飛成も気持ちの良い一手。詰め上がりはちょっと珍しい感じです。
村山隆治氏は、2013年に89歳で亡くなられましたが、「詰将棋教室」「詰将棋を楽しむ本」(いずれも金園社)などの著作で有名です。

***【次回例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※関西将棋会館ではありませんのでご注意ください。
多数のご参加をお待ちしています

[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」 (29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する