FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<12回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<12回目>

■創棋会の次回課題
12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<12回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
     → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は13作目です。

⑬ 吉松智明作
13sura4.png

【作意】21歩成、同玉、13桂、同歩、32馬、同玉、34飛、21玉、
   32飛成、同玉、33桂成、21玉、22歩、11玉、12歩、同玉、
   34馬、11玉、12馬、同玉、24桂、11玉、21歩成、同玉、
   32桂成、12玉、22成桂まで27手詰

【正解】
   3手目→13桂
   手数→27手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.47、A:7、B:8、C:0、誤解:0、無解:2、無評価:0 

【作者のことば】
 24馬を消去して桂を打つ定番の収束を逆算したもの。
 13桂と捨てて12地点を空けておくのがポイントで、このタイミングが唯一の考え処。
 単調なので一歩入手の34飛を入れましたが、同手数の尾岐れがあり、かえって評価がマイナスに振れたかもしれません。

★23桂といった手も考えられますが、同銀で守備が強くなるだけ。
 ちょっと詰み形が浮かばないが、21歩成から32馬と捨てるような手が見えます。
 同玉に14馬と質駒の銀を取るのがおいしそうですが、23歩合くらいで詰みません。
 32同玉に34飛と一歩入手する手が有力そうですが、41玉、32飛成、同玉、33桂成、21玉、22歩、11玉となると、一歩持ったものの、大駒が消えて初形より不利な局面。
 正解は21歩成、同玉となったところで13桂と捨てます。

<途中図>3手目:13桂
13sura4_3t.png

 13桂の効果はすぐには現れません。
 同歩と取る一手に32馬と捨て、34飛と回って、歩を入手。
 歩を入手する意味もすぐにはわからないのですが、何となく手の進むところです。
 34飛には41玉と逃げても、21玉と逃げても32飛成と捨てます。
 この変化同手数は減価事項ですね。
 32飛成、同玉、33桂成と進めると、段々と狙いが見えてきました。
 21玉に22歩と打ち、11玉と逃げたときに12歩と打つ。
 このために13桂とこじ開け、12に叩く一歩を34で入手したわけです。
 そして12同玉には、邪魔駒となっている24の馬を、34馬から12馬と捨てます。
 定番ですが、この捌きは気持ちの良いところ。
 12同玉に24桂と打って、21歩成から32桂成で詰みです。


山下誠:3四馬から1二馬のダイビングがかっこよい決め手。

★ちょっと距離が短いのですが、馬のジャンプは気持ちが良いですね。

松本浩一:すらすら度◎ 好感度◎ 表現力〇 技術力〇
  意外な邪魔駒。

★いつの間にか24の馬が邪魔駒になっていました。

西村章:3手目おまじないの13桂がポイントで後は本当にスラスラ手順でした。

★おまじないは後から効いてきます(笑)

占魚亭:3手目の効果が活きた後半。きれいに捌けて気持ちいい。

★逆算の前半と、もともとの素材の後半、うまくミックスできたでしょうか。

:13桂のタイミングで迷った。
 作者予想: 有山隆さん

★桂馬を二枚も持っていると何となく打ててしまうので、妙手感は弱いのですが。

則内誠一郎:12に隙間を空ける小技が憎い。

★これで詰将棋になりました(笑)

奥鳥羽生:深謀遠慮

★3手目の効果は15手目に現れます。

中出慶一:最後まで31桂に手を付けず、大駒3枚を捨てきる攻めが「すらすら度抜群」と相まって面白い。

★守備駒に触らないように攻めます。

片山智之:すべての大駒を実にエレガントに捨てており、技を感じました。

★エレガントはほめ過ぎ…。

野々村禎彦:32馬〜34飛は意外な手順だが、直後の変同が痛い。収束の馬消去で締まった。

★41と21、どちらに逃げても、飛車を捨てて取る一手ですから、駒を置いてまでは、というのが作者のお考えの様です。
 とはいうものの解答者には迷惑な話ですから、大きな減価事項です。

竹中健一:筋に入ればすらすらですね。飛の使い方がもったいない。

★歩をパクってすぐに捨てる、というのは安易だったかもしれませんね。

有山隆:すらすらかどうかはともかくとして秀作。

★C評価はゼロ。多くの方にすらすら解いていただけたのではないでしょうか。

原田雄二:「すらすら度2点、好感度3点、表現力3点、技術力3点。相加平均2.75点。」

★結構な高評価に作者も喜んでいることでしょう。

有吉弘敏:狭い所でのやりとりをもう少し味よく徹底できればよかったですね。

★作品に深みを与えるのは難しいですね。

山本勝士:快い駒捌きに感動

★最後清涼詰になるところもいいですね。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する