FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<11回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<11回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
  投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<11回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
     → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は12作目です。

⑫ kisy一族 作
12sura4.png

【作意】23桂、12玉、22金、同玉、32金寄、12玉、22金、同玉、
   33金、12玉、22金、同玉、14桂、同馬、34桂、12玉、
   11桂成、同玉、33馬、同桂、41龍、12玉、21龍、同玉、22金まで25手詰

【正解】
   5手目→32金寄
   手数→25手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
   平均点:2.64、A:9、B:5、C:0、誤解:0、無解:3、無評価:0 


★「青い鳥」の上梓で一躍有名になったkisy一族。
 9/29のオフ会は、全国大会に匹敵する内容という呟きもあり、大盛況だったようですね。
 その一族がついに「すらすら解ける20手台」にも初登場!

 ひと目ダンゴ状態の金を捌きたい初形。
 22金から33金と捌くのが44龍の活用を見て第一感。
 33金を同桂なら同龍、21玉、31金、同金、13桂で詰むのですが、取らずに11玉とバックされると続きません。
 22金と捨てる前に23桂と拠点を築いておく必要があります。
 12玉に22金と捨てるしかありませんが、同玉に手拍子で33金とするのは12玉とされ先ほどと同じように後続がありません。
 ここは32金寄と42の金を捌くのが正解。

<途中図>5手目:32金寄
12sura4_5t.png

 なぜ42金を捌く必要があるのか?
 途中図を見たとき、勘の良い人は44龍の縦のラインを活用する手があると思われたのではないでしょうか。
 32金寄は取るわけにはいきませんから、12玉とかわしますが、22金と押し売りします。
 22同玉に待望の33金です。
 同桂なら、今度は同龍ではなく14桂とします。同馬(12玉は11桂成)、34桂、12玉、11桂成、同玉、33馬で詰みます。
 33金にも12玉が最善ですが、22金と押し売りし、同玉となって、初形の団子状態の金をすべて消えました。
 22同玉には14桂と捨てます。12玉なら、11桂成、同玉、33馬が決め手で同桂に41龍があります。41の金を取れるのがダンゴの金を捌いた効果です。
 14同馬に34桂と打ちます。
 12玉に、11桂成、同玉、33馬と捨てて、同桂に41龍と気持ちよく進みます。
 41同馬なら22金ですが、いったん12玉とかわします。
 これにも21龍と捨てて同玉に22金まで、きれいに清涼詰。
 なお手順中、14桂と34桂の順番を間違えると、33馬を同馬と取られてしまうので要注意です。


有吉弘敏:絶連なのだが、玉方の効きがある所への捨駒だったり、変化の設定の仕方が、細かい部分で配慮が行き届いているのを感じる。

★解き終えてみると、これしかない手の連続でしたが、一手一手に味があります。

有山隆:お手本のような捌き

★清涼詰はいつ解いても気分爽快。

片山智之:収束がビシッと決まり、「美」を感じました。

★終わり良ければすべて良し。

野々村禎彦:初形はやや重いが、完全限定できれいに消えて清涼詰。すらすら度も文句なし。

★初形が重い分、駒の消える爽快感が大きいですね。

山本勝士:金捨てがいささかしつこ過ぎるよう

★金を捨てる順序を考えるパズルということで…。

中出慶一:3金の捌き方と清涼詰で終了する「すらすら解ける」良好な例題作品になっている。

★すらすら進まない局面もありますが、解き終わった後の気持ち良さが本作の売りでしょうか。

松本浩一:すらすら度◎ 好感度〇 表現力◎ 技術力◎
金取を目指し進む好いすらすら。

★ひたすら金を捨てて41金を目指す。

竹中健一:団子状態の攻め駒を捨て続けて清涼詰は最高!

西村章:ダンゴ金が綺麗に捌けて最後はスッキリ清涼詰とこれぞまさしくスラスラ作品でした。

★金だけでなく、二枚の大駒も捨てて、快感!

占魚亭:凝り形をきれいに解す、心地よい手順。

★前半は金捨て、後半は大駒捨てと、きれいに捌けました。

則内誠一郎:駒の重複が絶賛される当作品展。

★4番や5番もそうでしたね。

:金を消す意味がすぐに見えなかった。
 作者予想: 西村章さん

★ちょっとした試行錯誤で狙いが見えると一気に手が進みます。

奥鳥羽生:すべては41金のために

★捌きの目的はそこでした。

山下誠:置き駒の金は全て捨てて4一の金で詰める。3三馬からの寄せは快い。

★C評価はゼロ、A評価も9票稼いで、ベスト5に入りました。

■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する