FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<7回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<7回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
  投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<7回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
     → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は7作目です。

⑦ 有山 隆作「銀の玉手箱」
07sura4.png

【作意】12金、同銀、同銀成、同玉、24桂、11玉、12銀、22玉
   23銀成、同玉、32銀引生、13玉、12桂成、同玉、34馬、11玉
   33馬、22金合、同馬、同玉、23金、11玉、21銀成、同玉
   32銀成、11玉、22金まで27手

【正解】
  11手目→32銀引生
  手数→27手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.40、A:7、B:7、C:1、誤解:0、無解:1、無評価:1

【作者のことば】
 あまりにも易し過ぎるかも知れませんが、解図力幼稚園級の私にはこれぐらいが本当の「すらすら」です。
 狙いの一手などありませんが強いて挙げるならと言うことで、11手目の32銀引生。
 この初形に持って行けば既成手順も許されるか?という甘い考えで投稿しました。


★有山さんは詰パラ誌上の創棋会作品展には何度か登場されていますが、「すらすら解ける20手台」は初参加。
 今回の作品は「銀の玉手箱」というタイトル。
 初形、4枚の銀が正方形に配置されているのが、いかにも箱のように見えます。
 箱の中から何が出てくるか楽しみですね。
 初手は俗ですが、12金と清算するしかなさそうです。
 12同玉に24桂と拠点を築きます。
 21玉や22玉は32銀成で簡単なので、23玉や13玉と三段目にかわしたいところですが、14銀、22玉、32銀上成、11玉、12桂成、同玉、34馬以下で詰み。
 危ないようですが、11玉が最善です。
 12銀と打てば簡単そうですが、23玉、32銀成、14玉、23銀成、同玉、34銀成、13玉と逃げられて捕まりません。
 少し工夫が必要です。
 12銀、22玉のとき、23銀成と捨てるのが好手。
 これは同玉と取るしかありません。
 そこで32銀引不成と41の銀を活用するのが好手順。

<途中図>11手目:32銀引生
07sura4_11t.png

 13玉とかわして凌ぎますが、12桂成と拠点の桂を捌くのが継続の好手。
 同玉の一手に34馬と活用します。この手が利くのが32に銀を運んだ効果。
 11玉と引けば33馬と入って21銀成から32銀成の寄せを見せます。
 22金合と横に利く合駒で抵抗しますが、同馬と切って23金と押さえ、二枚の銀を捌けばミニ煙の詰上りとなりました。


西村章:初手よりスラスラ手が進むが9手目23銀成と捨てるのが少々やり辛かった。

★23銀成がポイント。この手が発見できれば、渋滞するところはありませんね。

山下誠:2三銀成からの銀の捌きがうまく、馬を活用してきれいに煙る。

★34馬とすれば一気呵成に収束です。

有吉弘敏:あまりに既成すぎてしまって・・・。

★ごもっともなご意見。

山本勝士:手順は既成だが構成がうまい

★構成でカバーしたとも言えます。

竹中健一:この収束への入り方を知っていると本当にすらすら解ける!

★解答王は初形でこの収束が見えたのでしょうか?

野々村禎彦:定番収束は問題ないが、単純清算の序と12手目の変同が引っかかる。

★作意は13玉ですが、22玉でも同じ手順で詰みます。
 22玉の方が紛れがあるように感じますが気のせい?

:私だったら、序の清算は入れない。
 作者予想: 松本浩一さん

★この逆算は初形にこだわったものと思います。

片山智之:煙の定番収束ですが、この初形にまで逆算した点に感嘆いたしました。

★初形もセールスポイントですね。

則内誠一郎:好形・好手順。なぜ11手目?

★特に意図はなさそうです。

奥鳥羽生:流れるような手順

★さらさらと手が進む?

白木大輔:すらすら度、好感度、技術力よし。

原田雄二:すらすら度3点、好感度3点、表現力3点、技術力3点。相加平均3.00点。」

★満点評価が出ました!

占魚亭:タイトルからパズル系を想起したが違った。

★タイトルが想起させるものはさまざま。タイトルというのもいいものですね。

中出慶一:4銀配置のミニ煙。題名「銀の玉手箱」に因んで、欲張りの解答者(?)からは、2銀での詰か、銀なしでの詰みを期待しますが・・・

★箱は銀で出来ているが、中身に銀がなかったというのは面白い趣向だったかもしれません。

松本浩一:すらすら度◎ 好感度◎ 表現力◎ 技術力◎
  煙と消える玉手箱の中身。龍が居ないのも物語通り。堪能堪能。

★松本さんも満点評価。
 やはり「玉手箱」から現れたのは「煙」でした。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する