FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<3回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<3回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<3回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
    有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
    竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
     → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行っています。今日は3作目です。

③ 西村 章作
03sura4.png

【作意】22角、同玉、52龍、32桂、同龍、同玉、42歩成、33玉、
   43と、22玉、32と、同玉、54角、33玉、43角成、22玉、
   34桂、12玉、21馬、同玉、33桂、32玉、42飛成まで23手詰

【正解】
  8手目→32桂
  手数→23手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.29、A:4、B:10、C:0、誤解:0、無解:2、無評価:1 

★端正な実戦形。
 清楚に感じられるのは、使用駒に金銀がないからでしょうか。
 上部脱出を食い止めるべく42角や15角では34玉と立たれて困ります。
 34玉とされても詰む手を考えれば22角という手が浮かぶまでそう時間はかからなかったと思います。
 22角に34玉なら44角成があります。24玉も64龍、34歩、同龍、同玉、44角成、24玉、42角、33桂打、35馬、14玉、15歩、同玉、25馬までピッタリの詰み。
 22同玉が最善ですが、52龍と活用します。
 32歩合と節約するのは、31角、同玉、42歩成という定番の攻めがあり、31角に33玉も42角成から54龍で詰み。
 62龍には32桂合と受けます。これなら31角、33玉、42角成、34玉、54龍に44歩合が利くので詰みません。

<途中図>4手目:32桂合
03sura4_4t.png

 31角がダメなら同龍と切るしかありません。
 32同玉に42歩成とすると、細いながらも攻めがつながりそうです。
 42歩成にはいったん33玉とするのが最長の受け。
 これには43と と引きます。34玉なら44と、24玉、15角、14玉、26桂まで。
 22玉と引けば32との押し売り。12玉には22とから42飛成があります。
 32同玉に54角と巨砲を据えれば、22玉には42飛成までなのですが、ここでもいったん33玉と立つのがしぶとい受け。
 43角成とすれば、24玉は25飛から26桂(16桂から25馬もある)なので、22玉と引きます。
 しかしここまでくれば粘りようがありません。
 34桂と打ち、12玉に21馬と切るのが決め手で、同玉に33桂と打ってどこに逃げても飛成までの詰み。


西村章:とっつき易い実戦型がどう評価されるか楽しみです。

原田雄二:「すらすら度3点、好感度3点、表現力3点、技術力2点。相加平均2.75点。」

★4項目中3つに3点と高評価。

松本浩一:すらすら度〇 好感度〇 表現力〇 技術力◎
  桂さえ無ければとの嫌らしい合駒。

★お二人の評価はすれ違いました。

山本勝士:技術と表現に構成美あり

★貧乏図式に仕上げたところも「構成」の良さでしょうか。

中出慶一:4手目の合駒種が「44に利かす駒であること」と読みを必要とするパズルになっています。 

★32の合駒読みが考え処ですが、煩雑さはありません。

則内誠一郎:中段へ逃がさない攻め方が巧い。

★4段目に逃げる変化がときどき出てきますが、金気がなくてもピッタリ詰むのは好感が持てます。

: 桂合されたところで手が止まった。
 作者予想: 吉松智明さん

★「22玉・42飛成」の一間龍の形が見えれば一気呵成に進むのですが。

占魚亭:43歩を消去するまでの流れが好き。

奥鳥羽生:6手かけてゆっくり43歩消去。

★43歩がなかったら22角から42飛成で簡単。しかしこの初形から、43歩消去が思い浮かぶのは練達の士?

山下誠:桂合がちょっとした受け。3三玉と一旦逃げる繰り返しもよい。

★42歩成に33玉、54角にも33玉とかわして、巧みに延命。ちょっとしたリフレインが心地よいですね。

竹中健一:収束なんとかならないかな?もったいない気がします。

★21馬と桂を取ってからの手順は、そこまでの流れから一転して、やや実戦的。駒を捨てて締めくくることが出来れば良かったのですが。

片山智之:収束がビシッと決まっていて、カッコいいと思いました。

★解答者の受け止め方はさまざまです。

有吉弘敏:少し詰めにくかったです。本作も好手が欲しいです。

★一見して詰み筋が見えないところが、詰めにくさにつながったのでしょうか。

有山隆:形も手順も自然な感じで快い。

★作為を感じさせない形と手順。

野々村禎彦:意外と狭いと気付いて4手目変化を読んだら終了だが、簡素な実戦型で悪くない。

★C評価がゼロで、多くの方が解後感は悪くないと受け止められたものと思います。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する