FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<2回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<2回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
   投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。

■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<2回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
   有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
   竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
     → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 出題順に結果発表を行います。今日は2作目の結果発表です。

② 金少桂作
02sura4.png

【作意】52馬、71玉、61馬、82玉、72馬、同玉、61銀、82玉、
    73桂成、同金、71銀、同玉、62銀、同玉、52角成、71玉、
    62銀、82玉、73銀成、同桂、72金、92玉、82金打まで23手

【正解】
  13手目→62銀
  手数→23手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:1.93、A:3、B:8、C:4、誤解:0、無解:2、無評価:0

【作者のことば】
 高校生のときの実戦譜から得た図です。
   https://shogipic.jp/v/Sah
    (先後反転)
 ここから▲47金、△同歩成と進めた局面が本作。
 実戦は読み切れなかったので▲82銀と指しました。
 ▲82銀に△71金と受けた局面も詰将棋(13手詰)ですが、実戦ではこれすら詰ませられませんでした。
 詰将棋とわかって出題されたら解けなくもないのに実戦だと見えないものです。

★きれいな囲い図式です。
 実戦でこの局面になったら、果たして詰めることが出来るかどうか。
 角と馬で玉に迫り、持駒は銀3枚、おまけに質駒の銀もある。
 しかしトドメの駒である金がないので、詰み筋がひと目では浮かびません。
 詰将棋的には、51馬という手が浮かびます。
 同玉、52銀、62玉、61銀成までという読みですが、52銀に42玉で続きません。
 初手は平凡ですが52馬と寄ります。71玉にも61馬と入るしかありませんが、82玉と矢倉に入城。
 ここで質駒の銀を取りたいところです。同桂なら72馬と金を取り、同玉に61銀と打てば詰みます。しかし同金(寄でも上でも)と取られると、71銀に92玉と逃げられて、金がないので、これ以上の追撃は無理です。
 82玉には、そこで72馬と切って金を入手するのが正しい寄せ方。
 92玉なら93桂成と捨てる好手筋があり、同玉、94歩、同玉、85金、93玉、94銀で詰みますので、同玉と取る一手です。
 61銀と拠点を築き、82玉とかわしたとき、71銀と打ちたくなりますが、今度は92玉と寄られて逃れ。82玉に72金から93桂成も筋ですが、同玉、94歩、84玉で続きません。
 82玉のときに73桂成と質駒の銀を取るのが絶好のタイミングです。
 73同玉なら、82銀、同玉、71銀と銀の連捨てで、73玉に82銀打、84玉、85金までピッタリの詰み。
 73同桂は72金や71銀で簡単ですから、73同金と頑張ります。
 ここで71銀から62銀と捨てるのが好手順。

<途中図>13手目:62銀
02sura4_13t.png

 これは同玉と応じるしかありません。
 52角成、71玉に、もう一度62銀と打てば詰みはもうすぐです。
 82玉に73銀と狙いの金を入手。
 ここで作意は同桂ですが、同玉でも72金から同手数駒余らずになる変同が少し嫌われました。
 良くも悪くも実戦的に寄せていくのですが、銀捨てや変化の93桂成に詰将棋らしさがちょっぴり感じられる一局でした。


有山隆:スマホ詰パラでよく見る囲い図式ですね。中盤は結構手が広く、やや難しかったです。

★銀を取るタイミングがポイントの一つだったでしょうか。

西村章:実戦からの取材らしいがこれを詰まされた後手はどうして矢倉に入城しなかったのかと反省したでしょう。

★実戦は別の進行をたどったようですが、感想戦ではどうだったのでしょうか?

則内誠一郎:これを実戦で読み切るのは大変。

★正解のある詰将棋と、安全に寄せても勝てる実戦との違いは大きい。

占魚亭:やさしい矢倉崩し。

★銀で攻略する手筋は実戦にも応用範囲が広い。

山本勝士:実戦型矢倉なので右にすべし

★相振り飛車だったので、こうなっていたのですが、出題するなら左右反転はありだったでしょうか。

竹中健一:これは実戦からかな?相振り飛車?実戦でもすらすら解けたでしょうか?

★相振り飛車はご明察。実戦の顛末は、作者のことばを参照下さい。

中出慶一:実戦的手順の中に、銀を取るタイミングの9手目、銀を控えて打つ13手目の手はきらりと光る好手です。

★詰将棋的な一面も併せ持った作品です。

片山智之:21手目に余詰があるようですので、手数の長い方(25手詰)を解答しておきました。実戦でしっかり読み切る鍛錬になりそうな作品だと思いました。

★19手目73銀成を同桂が作意ですが、同玉と取ると、72金、84玉、85金まで23手駒余らずの変化同手数。この手順中72金で63金とする手もあり、これを余詰とされても仕方のないところ。

野々村禎彦:序4手不要。それで20手を切るなら不適切問題。収束変同放置も感心しない。

★きびしいご意見ですが、ごもっともなコメントでもあります。

有吉弘敏:駒取りがあるので、若干考えました。作意に好手が欲しいですね。

★矢倉城の金銀3枚は全部取ってしまいました(笑)

山下誠:金銀の物量に物を言わせて力で押し切ってしまう。

★兵糧攻めではなく力攻めでした。

原田雄二:「すらすら度3点、好感度2点、表現力2点、技術力2点。相加平均2.25点。」

松本浩一:すらすら度◎ 好感度◎ 表現力〇 技術力〇
  実戦型で実戦的解法ですらすら。

★お二人とも「すらすら度」は高評価で一致。

: まさか……あれを……そのまま?
 作者予想: 金少桂さん

★ご名答!実戦譜の存在、どこかでご存知だったのでしょうか?

奥鳥羽生:「実戦形」詰将棋ではなく、これぞ正しく「実戦」詰将棋

★寄せの教材に使えそう。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する