FC2ブログ

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<1回目>

「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<1回目>

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。10月20日の例会で選題しますので、奮って投稿ください。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
 なお「すらすら解ける20手台」の結果発表をスタートしますので、例題紹介はしばらくお休みさせていただきます。


■「すらすら解ける20手台」partⅣ結果発表<1回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」partⅣには、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
 下線の方には、今回初めて解答いただきました。引き続きよろしくお願いします。
   有山隆、有吉弘敏、奥鳥羽生、片山智之、小池正浩、白木大輔、則内誠一郎、占魚亭、
   竹中健一、中出慶一、西村章、、野々村禎彦、原田雄二、松本浩一、山下誠、山本勝士

 今年は昨年より出題数を減らしたのですが、それでも20問と言う大量出題になってしまいました!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 過去3回以上に、楽しんでいただける作品が多かったのではないかと思います。
  ★出題は以下のURLを参照下さい。
   → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

 それでは今日から出題順に結果発表を行ってまいります。

① RINTARO作
01sura4.png

【作意】24桂、11玉、12歩、同角、同桂成、同玉、34角、23銀
    24桂、22玉、32金、同銀、同桂成、同玉、43銀、41玉、
    42歩、31玉、32歩、22玉、23歩、11玉、12歩、同玉、
    24桂、11玉、22歩成、同玉、12角成まで29手詰

【正解】
  8手目→23銀
  手数→29手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.18、A:5、B:10、C:2、誤解:0、無解:0、無評価:0 

★トップバッターはRINTAROさんの作品。
 RINTAROさんは昨年に続いての登場です。
 右上3×3に収まった初形に好感が持てます。
 持駒は9枚と多いものの、金桂歩の三種類ですから、迷うところは少ないと思われます。
 初手も24桂しかないので、考えやすかったのではないでしょうか。
 24桂から12で清算して角を入手。
 上部脱出を防いで34角はこの一手。
 23に合駒を打つのは24桂で簡単なので、23銀と上がって移動合するのが受けの好手。

<途中図>8手目→23銀
01sura4_8t.png

 攻めを継続するには24桂と打つしかありません。
 22玉と寄ったとき、12金と打つのは31玉で切れてしまいます。
 ここは一枚しかない金を手放すのは惜しいのですが32金と打ちます。
 これ以外は手が続きません。
 32金は同銀の一手。
 32で清算したところで、有力に見えるのは、44桂、23銀、43銀です。
 44桂には42玉と寄るのがしぶとい受けで、52桂成、31玉、32歩、同玉、23銀、31玉で打歩詰。
 23銀は、42玉でも41玉でも、ちょっと捕まりません。
 正解は43銀です。
 これには41玉と引くのが最長となる逃げ方ですが、42歩、32歩、23歩と連打し、11玉に12歩と最後の一歩を打ち捨て、同玉に24桂で拠点を築きます。
 11玉と逃げたところで22歩成と成り捨てるのが決め手。
 どのように応じても12角(桂)成までの詰みとなります。
 好形の無仕掛図から、すらすら解ける、幕開けに相応しい一局でした。


有山隆:無仕掛なのにちゃんと「すらすら」になってますね。

★無仕掛というと、大駒を打って合駒して、というような読みの必要な作品が多いという印象ですが、本局は易しかったと思います。

西村章:これ以上ない程のスラスラ手順だし初形無仕掛というのも評価できると思います。

★「初形無仕掛+すらすら」を評価したいというのは同感です。

小池正浩:評価はすらすら度を重視しました。
  これぞすらすら。8・15・16手目の選択でやや考えましたが、解く爽快感を味わうことができました。
  歩4枚で解き進め、「持駒が足りない…」と思ってしまったのは内緒です(笑)

★「詰めれば快感」。これは赤羽守さんの「信濃路」にサインと一緒に書かれている言葉。
 気持ち良く解ければ気分は爽快です。

則内誠一郎:15手目44桂と思い込んで悩む。

★ここが唯一の紛れでしょうか。

中出慶一:よくもこのような簡素形で中編が残っていたのが不思議ですが、手順の後半が絶連で平凡なのが気になる

★発見の産物?

白木大輔:すらすら度よし。2三歩~2二歩成で詰む。すごい手順

★打った駒を捨てるのは味が良い。

竹中健一:確かにすらすら解けますが、後半は冴えない。

★後半は評価の分かれるところ。

山下誠:歩の四連打でリズムがとぎれず、気持ちよく詰め上がる。

片山智之:歩の四連続パンチがとても印象に残りました。

★歩の連打は変化を読まされると面倒ですが、本局はこの一手の応手が続くので、そこにリズム感が生まれます。

山本勝士:絶対手なれど気持ちよし

★迷うところがない一局ですが、渋滞することなく目的地に到着したドライブのような感じ。

有吉弘敏:すらすらです。何かポイントが欲しかったですね。

野々村禎彦:評価ポイントが移動合と15手目の二択だけでは苦しい。単純清算2回も辛い。

★詰将棋には攻め方の好手が一手ほしいということですね。

: すらすら解けるけど、手順が平凡。
 作者予想: 片山智之さん

★ぬさんは作者予想もしてくれました。

松本浩一:すらすら度◎ 好感度◎ 表現力〇 技術力〇
 手駒が多いが解り易い、好いすらすら感の作品。

★松本さんは、すらすら度、好感度、表現力、技術力に〇や◎で評価してくれました。

原田雄二:すらすら度3点、好感度3点、表現力2点、技術力2点。相加平均2.50点。

★原田さんも解けた作品にこのような評点をつけてくれました。本作はすらすら度と好感度が満点ということでした。

占魚亭:トップに相応しいスラスラ作品。楽しかった。

奥鳥羽生:すらすら度は今回の№1

★作品展の主旨に適った一局でした。


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する