FC2ブログ

締切迫る!ネット作品展「すらすら解ける20手台partⅣ」解答締切は9月19日

締切迫る!ネット作品展「すらすら解ける20手台partⅣ」
 解答締切は9月19日


★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
  ※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
   長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
図面: http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

パスワードはいずれも「sura2019」です。

■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
  投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
  ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました。
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
   http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。


三代伊藤宗看作 享保19年(1734年) 「無双」第44番
無双44

 手広い局面ですが、初手は桂を打つのが良さそうです。
 47桂と打てば、66玉には、96飛の好手があり、同銀に76角成から58龍まで。
 64玉と引く一手に、67龍とすれば、75玉には65角成がありますから、53玉と応じます。
 53歩が消えたので、31角成と金を取るのが絶好の一手。
 43玉と逃げるしかありませんが、63龍、34玉に35金がうまい手で、同と、33龍、25玉、35龍、14玉と追い込んでいきます。
 しかし26桂、同香まで進めてみると、35龍が強すぎて打歩詰。(失敗図)

<失敗図:26同香>
無双44_失敗図

 ここまで進めると打開は困難。
 序盤に戻って、5手目に絶妙の一手がありました。
 64龍と捨てるのです。

<1図>5手目:64龍
無双44_64竜

 67龍から53玉と進めたばかりなのに、いきなり歩頭に龍をタダで捨てるのは、絶妙の一手。
 同玉と取られると、意味がないようですが、今度は31角成と金を取る手があります。
 53香合のような受けなら、65金、73玉、93飛成、62玉に、61角成から63龍があります。
 53金合なら、同馬、同玉、54金、42玉に、32金から91飛成です。
 また64龍に43玉と逃げるのは、33角成、52玉に54龍から43馬で詰みます。
 64同歩と応じるのが最善ですが、そこで93飛不成が狙いの一手。

<2図>7手目:93飛不成
無双44_93飛生

 今度は龍ではなく生飛車で玉を追います。
 34玉には、35金、同と と取らせて、33飛不成
 25玉にも、35飛不成と、連続不成で迫ります。
 45玉がちょっと心配ですが、35飛成とし、54玉、46桂、63玉、33龍で詰みます。
 14玉に、26桂、同香と進めると、失敗図とは違って35が龍ではなく生飛車ですから、15歩が打てるというわけです。
 24玉には、42馬と引き、13玉に軽く14歩と突き出せば、同玉に15飛までの詰み。

 打歩詰を打開するために龍を飛車に置き換える(勢力を弱める)のですが、そのために龍を歩頭に捨てるという豪快な一手が飛び出す、実に素晴らしい作品です。

【詰手順】47桂、64玉、67龍、53玉、64龍(1図)、同歩、31角成、43玉、
   93飛不成(2図)、34玉、35金、同と、33飛不成、25玉、35飛不成、14玉、
   26桂、同香、15歩、24玉、42馬、13玉、14歩、同玉、15飛まで25手詰


若島正作 近代将棋1986年3月(「盤上のファンタジア」第70番)
若島ファンタ70

 1筋に玉を呼んで13龍と攻めたい形。
 たとえば26歩、14玉、15歩、同玉、13龍となれば詰みます。しかし26歩には36玉で詰みません。
 そこで55飛成としてみます。
 35歩合なら、26歩、14玉(36玉には45龍)、15歩以下簡単なので、単に14玉と逃げますが、15飛と捨て、同玉に37馬と迫ります。
 25玉とかわす一手に、26歩、14玉、36馬、15玉、13龍、14歩合(次図)となっては、打歩詰となって失敗。

<失敗図:14歩合まで>
若島ファンタ70_失敗図

 この図で13龍が生飛車だったら25馬の妙手があり、同歩、16歩、24玉、33飛成という詰み筋があるのですが、変化や紛れのある中で、そう簡単にその順には思い至ることができません。
 作意はその順を実現するため、初手55飛不成とし、14玉のとき、23龍と捨て、同玉に53飛不成とします。
 こうしておけば失敗図の13龍を生飛車に出来るわけです。
 龍を飛に入れ替えるというのは、かなり高級なマジックですね。
 55飛不成とすると、35歩合の変化が気になりますが、それには、26歩、36玉のとき、35飛と切って、同玉に45とから46とがあるので大丈夫です。

<1図>5手目:53飛不成
若島ファンタ70_53飛生

 53飛不成には14玉と逃げますが、そこで15歩と叩き、同玉に48馬とするのが好手。
 37馬と近づくのは25玉と寄られると、26銀には16玉、また26馬なら14玉で打歩詰となってしまいます。
 48馬なら、25玉には、26銀、16玉、17歩、27玉、37馬、18玉、58飛成で詰み。
 そこで玉方も37歩の捨合で凌ぎます。

<2図>10手目:37歩
若島ファンタ70_37歩

 37歩を同馬と取らせてから25玉とすれば、26銀には16玉と打歩詰で逃れようというわけです。
 そこで、37同馬、25玉のとき、打ちにくいのですが、26歩と打ちます。
 15玉なら、16歩と打ってから36馬と合駒を訊きます。
 頭に利く駒は、同馬から15に打って簡単。角も23に打って容易です。25桂なら、15歩から13飛成を入れて25馬とすれば27桂があります。
 よって26歩には14玉とします。
 15歩から13飛成は打歩詰ですから、36馬と合駒を訊きます。
 15玉は55飛成があるので25合の一手。
 頭に利く駒は、15歩、同玉、13飛成とすれば、25馬から16に打って簡単。桂合も27桂があるので同様です。
 最善は25角合
 これには15歩、同玉から、13飛不成とします。
 14に何を合しても25馬があるので、14角と引くのが最善。
 それでも25馬と捨てるのが決め手。
 同歩と取らせて、16歩が可能となり、24玉に33飛成までの詰みです。

 攻め方の勢力を減少させるため、龍と飛車を入れ替えるのですが、それを飛車不成で演出し、後半にも遠ざかる馬の王手に捨合で打歩詰に誘致する好防が出るなど、実に盛り沢山の内容で楽しめる一局です。

【作意】55飛不成、14玉、23龍、同玉、53飛不成(1図)、14玉、
  15歩、同玉、48馬、37歩(2図)、同馬、25玉、26歩、14玉、
  36馬、25角、15歩、同玉、13飛不成、14角、25馬、同歩、
  16歩、24玉、33飛成まで25手詰


■創棋会の今後の予定
 ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
    〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
    〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する