FC2ブログ

詰パラ9月号到着

<詰パラ9月号到着>

 近所の花壇。
近所の花壇1908

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
  図面: http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

  解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

  パスワードはいずれも「sura2019」です。

■詰パラ9月号到着
・表紙は中澤さん。表紙には珍しい初形曲詰。
 「そもそも初形曲詰の創作は難しい」は同感。表紙は手数の制約もあるのでなおさらです。
・詰棋校(12P~)。
 小学校:驫さんの年齢で虚無感という単語が出てくるとは…。
 中学校:色々引き受けて濃密な日々、というのは良い経験になると思います。
 高校:デパートの将棋まつりは夏の風物詩。
 短大:握り詰の手数オーバー作は大学や大学院にも登場するのでしょうか?
 大学:酷暑の夜には辛そうな読みの求められる作が揃った?
 大学院:こちらも同様…。じっくり取り組みましょう!
創棋会作品展(18P~)
 今回の課題は「簡素図式」。
 「Limit7」発刊記念ではないので(笑)、使用駒8枚以上の作品もありますが、楽しめる作品が揃いました。
 奮ってご解答をお願いします。
・全国大会レポート(19P~)
 小池正浩さんによるレポート。記事と写真から大会が昨日のことのように思い出されます。
 また今回は大会のアンケート結果が公開されています。
・アマレン杯握り詰(30P~)
 全国大会で優秀作として選ばれた3作と記念詰将棋の計4題が出題されています。
 握り詰、今年は19手詰以内という手数制限にもかかわらず、25作と多数のエントリー。
 上位の3作はそのなかの選りすぐりの好作揃い。初見の方は是非挑戦してみてください。
・全詰連の頁(31P~)。
 全国大会の幹事会報告。
 看寿賞では選考委員交代や選考討議ツールの変更など。柳田さんが委員を退任。長期の重職お疲れ様でした。
 解答選手権の運営には課題があるので、引き続き検討。
 財政面では各賞受賞者への補助のあり方が検討されました。
 懸案の次回開催地については、九州グループが引き受けて下さることになりましたが、オリンピック開催年ということもあり、日程は同グループに一任。
・持駒のある風景(32P~)
 全国大会関連の話題。2004年の札幌大会の裏話が面白い。
 浦野さんのハンドブックがスタートしたのはこの年ですから、今年の浦野さんへの門脇賞表彰も北村さんには感慨深いものがあったものと思います。
 最後に書かれている「折り本」。私も井上さんの「盤上に死を描く」を購入して「折本」を入手しました。
 Wordでも作成できるテンプレートをネットで探しました。まだ試してないのですが、興味のある方はどうぞ。
   http://www.oritoyo.com/?p=163
・おもちゃ箱だより(34P~)
 「詰将棋世界の拡大」は興味深く拝読。
 私はようやく「パソコン・ウェブの時代」にたどりついたところ。「スマホアプリ・SNSの時代」は眺めるのが精一杯です。
 「詰将棋世界の分断」というのは過渡期の現象でしょうか。何らかの形で情報が融合され、気に入った分野のものを楽しめればよいと思います。
 少なくとも私には「マスメディア」が淘汰されるとは思えないので、紙世界だけで楽しむのもありですが、そういう人たちにも他の世界に誘うようなインフラの存在は必要なんでしょうね。
・ちえのわ雑文集(36P~)。
 太刀岡さんの「担当者のすゝめ」。いいことですね。若手はどんどん担当者にチャレンジしましょう。
 昔のパラの担当はベテランと新人の組合せが多かったように思います。また担当者の交代も結構多く、今のような長期安定布陣は望むべくもない状態でした。
 柿木や同一作検索などIT環境が整ったのも負担減。何より2ケ月後発表は原稿作成の負担を大きく減らしました。
 報酬が望めないのは趣味の同人誌のつらいところですが、編集長の愛がカバーというのはありがたいシステム(笑)。
 長期の担当に二の足を踏む方には、短コンや臨時コーナーの担当をやってみるのもお勧め。生の解答用紙との遭遇は、必ずやプラスの経験になりますよ。
・名局ライブラリー(38P~)。
 さすがに4年前の出来事なので、一つの作品にこれだけのスペースを取るのはいかがなものかと。
 そろそろ柴田さんでなければ語れない次の論考を期待。
・社団戦2日目(44P~)
 3部昇格後の2日目。初日は痛い一敗を喫するも、2日目は4戦全勝。
 8/25も3勝1敗の好成績でリーグ首位を堅持された様子。
 この快進撃はいつまで続くのでしょうか?
・創作コンクール(48P)
 早くも短コンの案内かと思えば、何と透明駒!
 全くといってよいくらいルールが分かっていない(汗)。これを機会に少し勉強しますか…。
・結果稿
 順位戦(58P~)。各クラスとも自力ではとても解けない難物ばかりですが、作意を追っただけでもその手順に圧倒されます。包含される変化や紛れも濃密で、詰将棋の醍醐味を味わえる佳品揃い!
 同人室(75P~)。今回のお題は「構想作」。テーマとしては面白いのですが、解釈は作者次第のところもあって作者のことばが面白かったですね。もしかすると担当の狙いもその辺にあるのか?
 次回は「作風が滲み出る作品」。これはどこかで似たようなフレーズを目にしましたが?
 創棋会作品展(85P~)。課題は「局面の対比」でした。妙味を味わっていただける作品揃いで、解答者の評価もまずまずでした。
・編集室(100P~)。消費増税を誌代に反映しないという粋なはからい。


■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
  ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました。
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
   http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。


若島 正作 詰パラ1976年12月(「盤上のファンタジア」第23番)
若島ファンタ23

 1筋の駒柱が気になる配置ですが、2枚角が受けに良く利いています。
 たとえば44龍は同角成と取られます。
 23銀不成も33玉と逃げられると42桂も利いているので続きません。
 35香が有望そうですが、同角、同銀、同玉、57角、36玉で僅かに詰みません。
 初手は、スッと立つ35銀が好手。
 同玉なら37香、36合、44龍という筋を見ています。
 ここで同角不成と取るのが好手なのですが、その意味は後でわかります。
 ちなみに同角成と取ると、26桂、同馬、36香、24玉、44龍、同馬、25歩、同角、23銀成とキレイに詰みます。
 35同角不成にも、26桂と捨て、同角と取らせて、36香と打ちます。
 35合なら44龍までですから、24玉とかわしますが、44龍と一歩入手。
 同角なら、25歩、同角、23銀成まで。
 簡単に詰んでしまいましたが、受け方に妙防がありました。
 34角の移動合です。

<8手目:34角>
若島ファンタ23_34角

 16角のままでは25歩と打たれてしまうので、34に移動させることで、自ら44の龍にピンされた状態にしたわけです。
 これで25歩が打てなくなりました。
 34角は打歩詰誘致の移動合の妙手でした。
 ところで、2手目同角不成が最善だったことがこの局面でやっとわかります。
 26の角が馬だったら、25歩が打てるので、34角の妙手が台無し。
 2手目の角不成と34角はセットになった妙手順だったわけです。

 さてこのままでは44龍が強過ぎて打歩詰です。
 しかし34同龍と取ってしまうのは、同桂、25歩(42角は33合で打歩詰)、33玉と逃げられてしまいます。
 打開の妙手が33龍!
 34角の瞬間に裏側をこする味が作者のお気に入りです。
 同玉は23とまでですから同香と応じますが、これで縛り駒が消えたので25歩が可能になり、同角に23銀成まで。

 角不成と移動合で打歩詰に誘致すれば、縛り駒の龍捨てで打開するという、短手数の中に打歩詰関連手筋が凝縮された好局。

【詰手順】35銀、35銀、同角不成、26桂、同角、36香、24玉、44龍、34角
      33龍、同香、25歩、同角、23銀成まで13手詰


伊藤看寿作 宝暦5年(1755年) 『将棋図巧』第42番
図巧42

 37角を動かして開き王手したい形ですが、55角では37歩合、25銀、同桂となってうまく行きません。
 初手は25銀と桂を入手し、同桂に28桂と打つのが良く、これで45玉が絶対。
 ここで55金と と金を取るのは毒饅頭。
 35玉で打歩詰。そこで46角が好手ですが、同玉と取ってはくれず(同玉なら56金の一発)、26玉で打歩詰。
 困ったようですが、46歩と打つのが不思議な一手。

<1図>5手目:46歩
図巧42_46歩

 46歩に35玉なら、36歩、44玉、55金まで。46歩は同と と応じる一手です。
 55のと金を46に動かしてから55金とするのが手順の妙。
 取れる駒を取らずに攻めるのが不思議な手段。
 55金に35玉と寄ったところで、46角としたくなりますが、26玉と逃げられると打歩詰。
 ここでもじっと36歩と打つのが好手順。
 55のと金が36まで動きました。
 そこで待望の46角です。

<2図>11手目:46角
図巧42_46角

 同玉なら、56金から36龍があるので、26玉と逃げます。
 ここまで進んで、ようやく取れると金を取らずに動かした理由がわかります。
 目的はここで26歩と打ってと金で取らせることだったのです。
 2図から26玉に、27歩、同と と進めます。
 これで27地点が塞がりましたので、35角、同飛、同龍、同香と飛車を入手します。
 そこで15角成と捨てるのが気持ちの良い一手。
 同玉に16飛、24玉、13飛成、34玉と追って、序盤で働いていた55の金を44金と捨てるのが決め手。
 同玉に43龍までの詰み。

 本作、図巧のなかでは易しい作品ですが、楽しめる手順です。
 取歩駒を移動させて打歩詰を解消するのですが、取れる駒を取らずに移動させるという巧妙な手段で表現したところが実に素晴らしい一局。

【詰手順】25銀、同桂、28桂、45玉、46歩(1図)、同と、55金、35玉、
      36歩、同と、46角(2図)、26玉、27歩、同と、35角、同飛、同龍、同香、
      15角成、同玉、16飛、24玉、13飛成、34玉、44金、同玉、43龍まで27手詰


■創棋会の今後の予定
  ※10月と11月は会場が異なりますのでご注意ください。
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
   〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する