創棋会例会(6/19)の開催場所と次回の課題

■創棋会例会(6/19)の開催場所について
次回6月19日(日)創棋会例会の開催場所は、関西将棋会館ではありません。
大阪市立港区民センター(大阪市港区弁天2-1-5)です。
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
地下鉄中央線またはJR環状線の「弁天町駅」から徒歩7分。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。

■「風船図式」
創棋会の次回課題は 「駒配置5×5内の風船図式」 です。
「風船図式」とは「四周(1・9筋と一・九段目)に置き駒がないもの」です。
それを「5×5」というスペースで創っていただきたいというのが今回の課題です。
作家の皆さん、好作の投稿をお待ちしています。
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp

■作品紹介
まず前回紹介した管理人の例題には同一作がありました。
作者には謹んでお詫び申し上げますとともに、指摘いただいた方にはあらためて感謝いたします。
調査不足で大変失礼いたしましたが、今後はこのようなことのないように、十分注意いたします。

それでは今回も課題にマッチした作品を紹介させていただきます。
前回は普通作の短編を紹介しましたが、今回は10手台のものをいくつか紹介させていただきます。

大和敏雄作:徳島新聞2007.08.30(「とくつめ」第70番)
大和敏雄

作意:23銀、同馬、25金、同玉、23飛成、24桂合、34角、15玉、16飛、同桂、25龍まで11手詰

45銀などと攻めると25玉とされて駒不足。
俗なようですが23銀から25金と捨てると詰み形が見えてきます。
玉方は桂合で抵抗しますが、最後は飛車捨てできれいに決まります。
大和敏雄氏は同人作家。創棋会会員で復活が待たれる作家のお一人です。
また徳島新聞には1963年から詰将棋が掲載されており、「とくつめ」は1994年以降に掲載された作品の中から好作160番をまとめた作品集で、全詰連から2013年7月に発刊されています。


橋本樹作:近代将棋1980.06(創棋会第3作品集「白雨」第140番
橋本樹

作意:56銀、同銀、67桂、㋑同銀生、46銀、44玉、37銀、55玉、45飛、同玉、46龍まで11手詰
変化:㋑同銀成は56銀~67飛。64玉は73銀~55桂。
本作は看寿賞と塚田賞をダブル受賞した傑作短編です。
気の利いた変化をふくんだ67桂。同銀不成に46銀と重く打った銀を一転して37に引く。
収束も飛車捨てから46龍と無駄のない詰め上がりです。

柴田昭彦作:詰パラ1977.05(「詰将棋三十年」第36番
柴田昭彦

作意:34桂、同歩、12飛、㋑53玉、44角、54玉、53角成、同玉、62角、54玉、52飛、同銀、55歩、63玉、73歩成まで15手詰
変化:㋑32桂香合は31角、同玉、22角成以下。このために12飛が限定。
32金合は同飛、同玉、33金、31玉、42角以下
初手の桂捨ては「桂があれば打ってみよ」という手ですが、他にも有力そうな手があり、次の12飛が見えないと指しづらいのではないでしょうか。
12飛の意味は変化㋑のとおりですが、変化があって読まされます。
53玉となった局面で55角が邪魔なことに気づけば、一気呵成に収束ですが、62角の限定など気が利いています。
大駒の限定打二回に邪魔駒消去、打歩詰打開と内容豊富な一局でした。

***【次回例会】*****************************************************
[日時] 2016年6月19日(日)13時~
[場所] 大阪市立港区民センター
(大阪市港区弁天2-1-5、地下鉄中央線・JR環状線「弁天町駅」徒歩7分)
今年の解答選手権チャンピオン戦大阪会場で使ったところです。
※場所が変更となりますが、多数のご参加をお待ちしています。
[課題] 「駒配置5×5内の風船図式」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する