FC2ブログ

九州グループに行ってきました

<九州グループに行ってきました>

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅣ、おかげさまで20作と多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家の皆様、ありがとうございました。
 今回出題させていただいた作品は、次の20名の方々から投稿いただいたものです。
 あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、有山隆、石川和彦、片山智之、kisy一族、則内誠一郎、中出慶一、金少桂、
   西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、廣瀬崇幹、松田圭市、松本浩一、三輪勝昭、
   RINTARO、山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません)。

 文字通り「すらすら解ける」作品が揃っていますので、多くの方からの解答をお待ちしています。
 短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
 また解答者の中から若干名に呈賞の予定です。
 1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 20手台の作品20作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。
 暗算で解けるもの、筋に入れば一気に詰ませることのできるもの、きれいな手順のものなど、解けば気持ちの良い作品が揃っていますので、多くの皆さんからの解答をお待ちしています。

◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切:9/19(木)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、さまざまな角度からのコメントをお願いします。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は以下のURLを参照下さい。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
  図面:  http://firestorage.jp/download/bf454d36ef822e9b5a1dc12ef3dfaa47b5bcf9fc

  解答用紙: http://firestorage.jp/download/82b5e1c81412be0499c3e71cc737a0a0852e8dac

  パスワードはいずれも「sura2019」です。


■九州グループに行ってきました
 8月25日に開催された九州グループの会合に参加しました。
 1年7ヶ月ぶり、2度目の参加。
 某氏曰く「盆と正月に開催」なので、創棋会の新年会や8月例会と重なると、ちょっと参加が難しい。
 今回は、これまたご無沙汰続きの詰四会と重なったのですが、来年のこともあり、九州に向かうことにしました。
 博多駅で昼食にラーメンをいただき(少々行列に並びましたがおいしかったです)、土産物屋をのぞいてから、詰パラ8月号の案内に記載の集合場所へ。
 すでに、八尋さん、酒井さんが到着。その後、坂田さん、永安さんがお見えになり、会場へ向かいます。
 会場には三々五々メンバーが参集され(九州は広いので、福岡県だけでなく、佐賀や長崎など他県からも参加されます)、最終的には11人と賑やかな会合になりました。
 課題作は「囲い図式」。残念ながら自作を持ち込むことは出来なかったのですが、課題に忠実な美しい初形の作品が揃っていました。近いうちに誌上でご覧いただけると思います。
 私はその間、某氏の新作を拝見したり、全国大会のことで色々と相談を受けたり、皆さんと色々とやりとりをさせていただきました。
 今回は時間をかけて、解答選手権の結果報告、九州グループの作品集、そしてなんといっても来年九州で開催される全国大会のことが話し合われました。
 メンバーの多くが12年前の福岡開催を経験されており、そのときのことを振り返りながら来年のことについてアイデアを出されていました。
 しかし、さらにその12年前にも北九州で開催されており、八尋さんにとっては3度目の大会主催とのこと。息の長い活動には頭が下がる思いです。
 開催時期が合意され、プログラム案も多々意見が出されました。
 会場候補も決まっているので、希望の日程で会場が確保できれば、第一歩がスタート。
 次回の九州グループの会合は1月11日となったようですから、そのあたりから本格始動されるのではないかと思います。
 また何かお手伝いできることがあれば、微力ながら協力させていただきたいと考えています。
 会合終了時には集合写真を撮り、そこから小雨の中を博多駅前まで移動して二次会。
 ここでも詰棋談議に花が咲きました。日帰りの予定だったので、途中で失礼しましたが、大変楽しい一日を過ごすことが出来ました。九州グループの皆さん、ありがとうございました。またお会いしましょう!

 なお当日の様子は以下のサイトからご覧いただくことが出来ます。
  ★九州グループのHP
    http://kyusyug.blog35.fc2.com/
  ★ストンリバーの日記(石川和彦さん)
    https://stoneriverki.hatenablog.com/

【会合の写真】
九州Gの例会201908


■創棋会の次回課題
☆12月号掲載作品展の課題
・「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」。29手以内。
 打歩詰を巡る手筋は実に多彩です。
 思いつくままに挙げるだけでも、不成、打診、森田手筋、ブルータス手筋、不利逃避、不利合、不利先打等々、さまざまな手筋があります。
 12月号作品展は楽しめるものにしたいと考えておりますので、面白い狙い、ユニークな表現、組み合わせの妙を味わえる作品の投稿をお待ちしています。
 作家の皆さんの腕の見せ所です。奮って投稿ください。
・10月例会で選題します。
 投稿は→ blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)

◇例題紹介
 例題紹介のために、一昨年のブログでも参考にさせていただいた湯村光造さんの「歩詰手筋総まくり」という論考を読み直しています。
   ※この論考は「将棋めいと」13号(1992年7月)から19号(1995年11月)まで連載されました。
 この論考で取り上げられている作品についても、自分なりに鑑賞しなおして、紹介させていただきます。
 それ以外にも、手元の詰棋書を眺めていて、面白いと思ったものは随時紹介させていただきます。
 なお湯村さんの論考が契機となり「打歩詰大賞」が創設されました。
 同大賞の作品群はブログ「借り猫かも」で詳細に紹介されています。
    http://torakamaneko.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-d497.html

 さて、それでは例題紹介です。管理人が面白いと感じた作品をご覧ください。

上田吉一作 近代将棋1981年4月
(『極光21』第52番、『現代詰将棋短編名作選』第51番)
上田吉一198104

 最初の作品は上田さんの作品です。
 76銀引、77玉、86銀引、66玉と進むと打歩詰。
 67に歩を打つには、35角を成らせる、89龍や88とを呼んでくる、といった方法が考えられます。
 まず68歩と打ちます。
 同角成なら先ほどの76銀引以下の手順で67歩が打てて、同馬に75銀直まで。
 68歩には打歩詰に誘う68同角不成が当然ながら好防。
 同馬から48龍が見えますが、79玉と潜り込まれると詰みません。
 そこで79桂と捨てます。同龍なら76銀引、77玉に68馬と取れます。68同玉なら48龍があり、68同龍なら76銀引から67歩の筋があります。
 同とも76銀引、77玉、68馬、88玉、77角、97玉、93龍と駒が一杯に働いて詰み。
 最善は79同角不成です。
 なお最初に79桂と打っておくのが逃路封鎖で良さそうですが、これは同と と取られると68歩には77玉から88玉と脱出されるのでダメです。
 連続角不成の妙防で困ったようですが、打開の妙手がありました。
 76銀引、77玉と追って、68馬と捨てるのです。

<7手目:68馬>
上田吉一68馬

 68馬に同龍は48龍があります。同角成も76銀引から67歩の筋で詰みます。
 そこで68馬にも、68同角不成と連続不成で応じます。
 ここで69桂と捨てて同龍と取らせておくのが、後の打歩詰打開を見た好着です。
 86銀引、66玉のときに、46龍と捨てるのが決め手です。
 同角成と取らせれば、69龍の利きが通って、67歩が打てるというわけです。
 69桂から46龍が取歩駒を発生させるワンセットの好手筋でした。
 67同龍に75銀直まで。

 打歩詰を巡る攻防ですが、玉方が三連続角不成で誘致すれば、攻め方は68馬、46龍と大駒の連続捨てで打開するという、見応え充分の好局でした。

【作意】68歩、同角不成、79桂、同角不成、76銀引、77玉、68馬、同角不成
   69桂、同龍、86銀引、66玉、46龍、同角成、67歩、同龍、75銀直まで17手詰


明石六郎作 近代将棋1992年7月
明石六郎

 64銀、54玉と進むと早くも打歩詰の局面。
 勘の良い人なら37飛を捨てて28角を利かせる手が見えるでしょう。
 まず44と と捨てます。
 同金なら55歩、同金、63銀不成の筋で詰みますから、44とは同玉と応じます。
 そこで45歩と打てば、54玉の一手に、34飛と捨てて37角の利きが通りました。
 55歩、同角成、63銀不成、53玉となって、もう一歩あれば54歩で詰むのですが、これは足りません。
 ここまでの手順で働いていない78の飛車を使わない手はありません。
 44と、同玉のとき、48飛と回ります。
 54玉と逃げれば、34飛、同金、55歩、同角成、63銀不成、53玉、54歩と二枚の歩を使ってピッタリ詰みます。
 しかし玉方には妙防がありました。
 46歩と捨合するのです。

<6手目:46歩>
明石六郎46歩

 46同飛と取らせて54玉とかわした局面は、28角の利きが二重に止まっています。
 しかし、一歩入手したので、44飛と捨てる好手がありました。
 同玉に45歩と打って、54玉に34飛と捌けば、まだ手持ちに二歩あります。
 55歩と打てば、玉方も同角不成と最後の抵抗。
 これには63銀不成、53玉のとき65桂と活用するのが気持ちの良い手です。
 同馬と取らせれば、54歩が打て、同馬に52銀成までの詰み。

 取歩駒の利きを通そうとする攻め方と、そうはさせないという受け方の抵抗が、テンポの良い手順で表現され、楽しめる一局でした。

【作意】64銀、54玉、44と、同玉、48飛、46歩、同飛、54玉、
  44飛、同玉、45歩、54玉、34飛、同金、55歩、同角不成
  63銀不成、53玉、65桂、同馬、54歩、同馬、52銀成まで23手詰

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年10月20日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題] 12月号作品展「複数の打歩詰関連手筋を含む作品」29手以内

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年12月15日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 3月号作品展「捌きを楽しむ作品」29手以内
****************************************************** 

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin■gmail.com(■を@に変えてください)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する