FC2ブログ

もうすぐ例会~創棋会の例会は6月16日です~

<もうすぐ例会~創棋会の例会は6月16日です~>

■創棋会の次回例会
 創棋会の次回例会は、6月16日(日)13時から、場所は大阪市福島区民センター303号です。会費は無料です。
 課題作は「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」、手数は29手以内です。9月号作品展掲載作を選考します。

■第35回全国大会
 今年は大阪です。このブログでも関連記事を紹介します。
 概要については5/1にも紹介していますので、そちらを参照下さい。
 加藤さんのおもちゃ箱でも各種情報がまとめられています・
  → http://toybox.tea-nifty.com/taikai/2019/02/post-07d6.html
 アマレン杯握り詰、締切は5月末日でしたが、おかげさまで多数の投稿をいただきました。
 手数制限の主旨については5/6に申し上げましたが、作家の皆さまには主旨をご理解いただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 大会では参加者に十分鑑賞いただけるよう、準備を整えたいと存じます。

 書籍販売については、多くの申込をいただいています。
 好著の発刊が目白押し。ぜひ全国大会会場でお求めください!
 各著についてはネット上でも紹介されていますので、少し引用させていただきます。
・まとまった情報は「kenの将棋/詰将棋ブログ」でどうぞ
 https://shogi50.at.webry.info/201906/article_3.html
・『Limit7』小泉さんのアンソロジー
 http://kazemidori.fool.jp/?p=5225
・『青い鳥』kisy一族の作品集。結構色々な方が紹介されています。
 https://note.mu/tenpublishing/n/ncc8a249f5e20
 http://blog.hangame.co.jp/G333148192/article/43575179/
 https://twitter.com/aroundforty/status/1134713082171645952
・『盤上のフロンティア』若島さんの作品集
 https://twitter.com/propara/status/1126698928231964672
・『この詰将棋がすごい!2019』
 https://twitter.com/umanoko1525
・『暁将棋部屋』
 https://twitter.com/akatsukijyuku/status/1134302020377034752

■創棋会の次回課題は「簡素図式」
 6月例会の課題は9月号作品展になりますが、簡素図式です。枚数は「盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内」。たとえば盤面3枚なら持ち駒は6枚までOKです。ただし裸玉はご遠慮いただきます(双裸玉はOK)。
 駒数の少ない作品は解いてみようという気になります。
 作品展も9月で残暑が厳しいでしょうから、涼しげな初形に解図欲がそそられるのではないでしょうか。
 作家の皆さまからの投稿、お待ちしています。

 それでは例によって、例題を紹介させていただきます。

橋本 樹作 詰パラ1985年6月(「残照」第53番)
橋本樹作

 本作は創棋会の課題「使用駒3種以内」で発表されたもの。
 盤上は金一色、持駒も銀一色と、実に美しい初形です。

 52銀、43銀と捨てて44金と活用したいのですが、33銀、21玉、22銀、12玉で続きません。
 盤の右端まで逃げられても詰む形を考える必要があるということですね。
 そこで、42銀、33銀と捨て、玉を33に呼びます。
 ここで34金直としたいところですが、32玉と引かれ、33銀に21玉とされると、詰まない形です。
 そこで33玉にはちょっと指しにくいのですが、34金左とします。

<1図/5手目:34金左>
橋本樹作34金左

 34金左とすれば、32玉、33銀に21玉と逃げるのは、22銀、12玉のとき、23金と捨てる手があり、35の金が24に行けるので詰み。
 そこで33銀には41玉と逃げますが、42銀打と攻め、52玉のとき、43金と入るのが好手。

<11手目:43金>
橋本樹作43金

 43金に61玉は51銀成以下早いので、同玉と取りますが、44金から53金と活用します。
 61玉まで追って、51銀成と軽く捨てるのが決め手。
 同玉に42銀成から52金までの詰み。

 2図の局面、よく見ると短いのですが銀の階段が出来ています。
 この階段を玉が上下し、金で追い上げるのは良い感触です。

【詰手順】
 42銀、同玉、33銀、同玉、34金左(1図)、32玉、33銀、41玉、
 42銀打、52玉、43金(2図)、同玉、44金、52玉、53金、61玉、
 51銀成、同玉、42銀成、61玉、52金まで21手詰


山下雅博作 詰パラ1991年5月(『残照』第43番)
山下作

 本作も創棋会の課題「簡素図式」で発表されたものです。
 このときの条件は「盤面5枚以内、持駒4枚以下」で、ほぼ今回と同じでした。
 5/1の例題で紹介した川崎さんの作品と同時に発表されています。

 本作は盤面銀一色で左右対称という、これまた美しい初形です。
 初手は43桂と定跡どおり桂捨てから入ります。
 同銀は42金で簡単、41玉なら32角から41角があり、また61玉なら72角がありますから、これは52玉と逃げる一手です。
 ここで玉を引っ張り込む61角が好手。
 同じようでも41角は、同玉、32角、52玉で43桂が邪魔になって続きません。

<3手目:61角>
山下作61角

 61角には53玉で逃げられそうですが64金で捕まっています。
 61同玉と取るしかありませんが、72角と拠点を据え、52玉に62銀成と取れば詰形。
 同玉に63銀と押さえれば、73玉と頭を出しても、74金と打って脱出は出来ません。
 82玉にも83金とし、71玉なら本譜の順でも詰むのですが、61角成があるので91玉と逃げます(希望限定)。
 今度は81角成と捨てて、同玉に72銀成からの詰みとなります。

【詰手順】
 43桂、52玉、61角(図)、同玉、72角、52玉、62銀成、同玉、
 63銀、73玉、74金、82玉、83金、91玉、81角成、同玉、
 72銀成、91玉、82金まで19手詰


片岡貞夫作 近代将棋1966年4月(『古今中編詰将棋名作選』第107番)
片岡作

 最後の作品は盤上桂一色。
 初手は上部脱出を阻む95香。
 93合なら82金から72飛で簡単なので94に中合。
 取れば83から逃げられますから、73金と捨てれば、82玉、72桂成で詰み。
 ということで94合は72に利かす角合が最善。
 これには72飛と打って合駒を訊きます。
 82歩合などは、83金から73桂成で簡単。また金銀合も同飛成から73金と打てば容易です。
 そこでここでも角合が最善となります。

<1図/4手目:82角>
片岡作82角

 82角合には同飛成と切るしかありません。
 同玉には83に逃げ道があるので、73金と打ちます。
 71玉と落ちられると、82角くらいしかないのですが、61玉となったところは、94の角が良く利いていて、指し切ったかのように思えます。
 しかしここで、62金という手がありました。

<2図/11手目:62金>
片岡作62金

 同玉に73角成となると、6筋の2枚の桂がよく利いていて、右側には逃げられません。
 このあたりがちょっと見えにくく、62金は盲点だったかもしれません。
 61玉に53桂不成と跳ね、71玉に63桂と打って、81玉と追い込んだところで、72桂成と軽く捨てるのが決め手です。
 72同角と94に中合した角が動いて91香成までの詰み。

 ちょっと詰めにくい味のある一局ですが、連続角合の導入から、62金の俗手の好手が入って、収束も桂の成捨てで味良くまとめています。

【詰手順】
 95香、94角、72飛、82角(1図)、同飛成、同玉、73金、71玉、
 82角、61玉、62金(2図)、同玉、73角成、61玉、53桂不成、71玉、
 63桂、81玉、72桂成、同角、91香成まで21手詰


 今回は盤面一色の簡素図式を紹介させていただきました。
 美しい初形が解図欲をそそったのではないでしょうか。
 作家の皆さまにはどうぞ好形好手順の簡素図式の投稿をお願いします。。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
    アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年8月18日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 302号 ← いつもより広い部屋です ^^)
[会費]  無料
[課題] ネット作品展「すらすら解ける20手台PartⅣ」(予定)

★課題作の投稿などはこちらまで → blogsokikaitusin★gmail.com(★を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する