FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<3回目>

【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<3回目>

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」<3回目>
 創棋会のネット作品展「教材に使える詰将棋~駒の特性を学ぶ~」には、17名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、則内誠一郎、鷲見慎吾、占魚亭、竹中健一、中出慶一、
   西村章、鳩森美羽、福原徹彦、藤野勝好、蛇塚の坂本、ほっと、まさ、RINTARO
   柳原裕司

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 駒の特性を学ぶことが出来る作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 それでは今日は3回目の結果発表です。

③ 吉松智明作
03).png

【作意】32角、44玉、53角成、同玉、43角成、62玉、63桂成、同玉、73金まで9手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.36  A:6、B:7、C:1、(誤解:1、無解:2、無評価:0)

【作者のことば】
 角の足の長さを表現したかったのですが、4手目55玉でまとめきれませんでした。
 あまり駒数を増やさずに仕上げられたので、初心者向の教材としてはまずまずかと思います。

★44と65に逃げ道のある形。
 65玉には65金があるので44に逃がさない手を読みたくなりますが、簡単に44玉を阻止する手段が見えません。
 44玉には53角成と捨てる手が決め手になりそうなので、角を打って44玉とさせてみる。
 「大駒は離して打て」という格言もありますから、81角とカッコよく遠打してみましょう。44玉には、53角成、同玉(?)、43金、62玉、63桂成で詰みます。いや53角成には、33玉とされても、55玉とされても詰みません。
 今度は21角と打ってみましょう。44玉には、53角成とします。同玉なら43角成で詰みます。また55玉にも65角成が気持ちの良い手で捕まります。しかし33玉とされると、43馬なら24玉で脱出が防げませんし、42馬には44玉で千日手です。
 ここは中途半端な32から角を打つのが正解です。44玉、53角成と進めますが、今度は33玉なら23金で詰み。
 53角成に55玉なら65角成が決め手です。46玉と逃げても47金で詰み。53と65の二枚の馬の利きが素晴らしく、玉の逃げ道が塞がれています。
 53角成には同玉と取るしかありませんが、43角成として、62玉に63桂成と軽く捨てるのが好手です。同玉に73金の詰み。
 二枚の角がよく働いた作品で、角の特性が伝わったと思います。

有吉弘敏:テーマは角。

まさ:角の足の長さがうまく表現されている。

金少桂:上部脱出を防ぐのに角のリーチの長さがよく役立っている。

蛇塚の坂本:角の乱舞面白い。

★角の特性というテーマがわかりやすく、その点は好評でした。

中出慶一:角・馬の特性を生かして、玉が55に逃げられても詰むのが良いですね。

ほっと:角の足の長さを生かした変化処理は何度見ても印象的。

★二枚角で包囲する筋は定番なのですが、気持ちの良い筋ではあります。

鳩森美羽:変化のほうがかっこいい・・・?玉は角の餌食、なんだか切ない。

則内誠一郎:隠し味の65角成がスパイシー。

★変化の65角成は好印象だったようです。
 ただ作者としては、隠し味ではなく、こちらでまとめたかったようです

奥鳥羽生:変化の65角成も含めて、足の長い角。

竹中健一:作意というよりも4手目の変化の方が角の特長が出ているように思いました。

★変化も含めて角の特性を学んでいただけたと思います。

西村章:初手がさりげなく限定打。

福原徹彦:初手が地味に限定打。変化も含めて味わい良い。

鷲見慎吾:テーマは角と予想。初手32角か21角かそれが問題、限定打の練習問題として今回のテーマに合致していると感じました。

★限定打に言及される方が多かったのですが、遠打というほどの距離がなく、いささか地味でした。

占魚亭:7手目が気持ちのいい一手。

RINTARO:角のリーチを生かす。収束が⑨と同じで驚いた(笑)

★収束を捨駒で締めくくれると、解後感は良くなります。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年4月21日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 6月号作品展「局面の対比」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

※課題作の投稿などはこちらまで
    → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する