FC2ブログ

締切迫る(3月21日)ネット作品展「教材に使える詰将棋」

締切迫る(3月21日)ネット作品展「教材に使える詰将棋」

■「教材に使える詰将棋」partⅢ、解答締切は3/21!
 創棋会のネット作品展「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」には多数の投稿をいただき、創棋会例会で選考された15題を2/22にブログで出題させていただきました。
  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
 出題作の作者は次の11名の方々です。作家の皆さまにはあらためて感謝申し上げます。
 (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、柴田昭彦、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、
   中村雅哉、西村章、RINTARO、吉松智明
 駒の特性を学べる作品が揃っています。
 解いていただければ詰将棋の面白さや楽しさが伝わると思います。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。
◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切 : 3/21(木)
◇解答要領 : A・B・Cの三段階評価と短評をお願いします。
※解答いただいた方から若干名に呈賞。
 また「力試し」解答者は別枠で1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。
   http://firestorage.jp/download/d7f554ab47b6394ec33b2b75be1cc95950457fd7
     パスワード 「kyozai3」です。

■第35回全国大会
 今年の全国大会は大阪開催です。
 詰パラ3月号に大会の案内が掲載されましたが、このブログでも大会関連の告知を行いますので、ぜひ参照下さい。
  《日時》2019年7月14日(日) 12時00分(予定)~17時
  《場所》大阪産業創造館 4階
    大阪市中央区本町1-4-5
      http://shisetsu.sansokan.jp

 全国大会を堪能して、翌日は大阪観光を楽しみたいという方も多いと思います。
 USJ海遊館が有名ですが、万博記念公園の太陽の塔も面白いかもしれません。
 実行委員会では宿泊の斡旋は行っていませんが、ネットで検索すると結構ホテルの候補が出てきますので、大阪のホテル事情も改善されつつあるように思われます。早目の予約をお勧めします。

■創棋会の次回課題は「局面の対比」
☆4月例会の課題は「局面の対比」(6月号作品展)です。
 ある局面から数手進むと局面が微妙に変化する。多様な表現があると思います。
 これまで、駒の移動、駒の消去、駒の入替、持駒変換などを紹介してきました。華麗な捨駒、打歩詰打開と演出も多彩でした。
 今回も楽しめる作品を紹介させていただきますので、局面の対比を鑑賞していきたいと思います。
 なお例題は昨年末にも2作紹介していますのでよかったらご覧ください。
   
北千里作 詰パラ1973年7月(『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第135番)
北千里

 入玉ですが駒数は少なく解いてみようという気にさせます。
 93角の遠打、打ってくださいという感じですが、やはり気持ちの良い手です。
 29玉には18角の好手があります。同銀成なら49龍、28玉、39角成、27玉、38馬以下。同銀不成なら49龍、28玉、39角成、27玉に38龍以下。
 28玉と逃げれば29香がよい調子。同玉、27龍、28銀成まで順調に進みます。
 しかし38銀、19玉、28龍では同玉、29銀、17玉で詰みません。18銀としても、19玉、28龍、同玉、29銀に今度は37玉で逃れです。
 困ったようですが打開の好手順があります。
 もったいないようですが、39角成と捨てます。
 同玉と取ったところが次の図。

<4手目:39同玉>
北千里_39玉

 初形と比べると28歩が消えただけ。
 角一枚捨てて何かメリットがあるのかと思える局面ですが、今度は48角と短打。
 初形で48角では29玉と寄られて困るので93角と打つしかなかったのですが、28歩が消えたので29玉と寄ると27龍と銀を取られてしまいます。
 28玉と逃げるしかないのですが、それでも29香から27龍と銀を奪います。
 28銀成の移動合で凌ぎますが、18銀から28龍と切るのが好手段。
 同玉に29銀打で、今度は48角の利きがあるので37玉とはできません。
 19玉と逃げたとき、角を37に一つ動いての詰上りがいい感じです。

 さりげない28歩消去を遠打と短打の打ち換えで表現した鮮やかな一局。

【手順】93角、28玉、39角成、同玉、48角、28玉、29香、同玉、27龍、28銀成、
   18銀、19玉、28龍、同玉、29銀打、19玉、37角まで17手詰


赤羽守作 近代将棋1970年11月(『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第126番)
赤羽守

 本作は作意を並べて手順の妙を鑑賞したいと思います。
 のっけから強烈な手が出ます。
 12飛成と捨てて同玉に15香と打ち換えます。
 21玉と元の位置に戻ります。

<4手目:21玉>
赤羽守21玉

 4手進んだ局面、16飛が15香に変わっただけですね。
 強力な飛車が香に変化して何かメリットがあるのでしょうか?
 ここでは13桂と打つ一手。
 12玉と逃げたとき、24桂と捨てておくのが巧い手です。
 この意味は24地点が逃げ道になるのでそれを塞ぐことなのですが、すぐにそれとはわからないのが巧みな構成です。
 24同桂と取らせて21桂成と捨てます。

<9手目:21桂成>
赤羽守21桂成

 21桂成のとき16に飛車がいると24の桂馬に取られてしまうのですが、15に香を打ち換えたことで取られないようにしたわけです。
 21桂成は同玉と取るしかなく、12香成から、13角成、12飛と捨駒の連続でフィニッシュするのも爽快です。

 打換えの意味を巧妙にカモフラージュし、また飛車から香へと不利感のある演出で表現された好局で塚田賞を獲得されました。

【手順】12飛成、同玉、15香、21玉(図)、13桂、12玉、24桂、同桂、21桂成(図)、
    同玉、12香成、同玉、13角成、同玉、12飛、23玉、22角成まで17手詰


中野和夫作 近代将棋1996年8月
  (塚田賞、『一番星』第28番、『現代詰将棋短編名作選』第140番)
中野和夫作

 一見して77角をどう使うのかという局面ですが、すぐに王手できる手は限られています。
 最も有力そうなのは62角ですね。取れば73銀成、81玉、93桂生と金を取って詰みます。
 81玉には93桂生があるので61玉と逃げるしかありませんが、そこで72金と捨て73銀成と攻めても、また61玉と逃げられ、進展がありません。
 もう一度最初に戻って考えてみましょう。

<2手目:61玉>
中野和夫作61玉

 初手はどう考えても62角しかなさそうです。
 62角に61玉と寄ったとき、不思議な手順があります。
 52歩成と成り捨て、同歩と取らせてから(同金は同銀成、同歩、72金以下)、71角成と捨てます。
 そして同玉に44角と飛び出すのです。
 77角を活用できるのですが、どういう意味があるのか、すぐにはわかりません。
 62合は同角成から73銀成があるので53合の一手です。
 金や銀は同角成、同歩、72金(銀)、同玉、73銀成で詰み。
 飛香なら取って73から打ち72に成り捨てれば詰みます。
 桂は同角成、同歩に63桂と打てば詰んでいます。81玉なら73桂不成、82玉、81金の要領です。
 ということで最善は角合です。
 53角合、同角成、同歩と進んで、77の角を持駒にすることが出来ました。
 そこでもう一度62角と打ちます。
 これにも61玉と寄る一手。
 その局面をよく見てください。

<12手目:61玉>
中野和夫作61玉2

 攻め方の53歩が消えて玉方の51歩が53まで進みました。
 10手進んで玉方だけ2手指したような局面ですね。
 攻方に何かいいことがあるのでしょうか?
 他に手も無いので72金と捨てます。
 同玉のときに、63銀不成の妙手がありました。
 同玉なら73角成まで。このとき53の逃げ道を玉方の53歩が塞いでいます。
 このために回りくどい手順で51歩を53まで移動させておいたのです!
 以下は81玉に93桂不成と金を取り、82玉に81桂成と捨て、同玉に71角成と気持ちの良い大駒捨てが入って、同玉に72金までの詰み。

 意味の無さそうな応酬で玉方の歩を二マス前進させるのが何とも言えずユーモラス。62角捨を繰り返すのもいい感じです。塚田賞を受賞された好局です。

【手順】62角、61玉(図)、52歩成、同歩、71角成、同玉、44角、53角、
  同角成、同歩、62角、61玉(図)、72金、同玉、63銀不成、81玉、
  93桂不成、82玉、81桂成、同玉、71角成、同玉、72金まで23手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年4月21日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 6月号作品展「局面の対比」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)

☆課題作の投稿などはこちらまで
   → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
                                        以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する