FC2ブログ

創棋会の次回課題は「局面の対比」

創棋会の次回課題は「局面の対比」

■「教材に使える詰将棋」partⅢの出題中(解答締切は3/21)
 創棋会のネット作品展「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」には多数の投稿をいただき、創棋会例会で選考された15題を2/22にブログで出題させていただきました。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-247.html
 出題作の作者は次の11名の方々です。作家の皆さまにはあらためて感謝申し上げます。
  (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、金少桂、柴田昭彦、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、
   中村雅哉、西村章、RINTARO、吉松智明
 駒の特性を学べる作品が揃っています。
 解いていただければ詰将棋の面白さや楽しさが伝わると思います。
 1問でも結構ですから解けた方は、解答をお願いします。
◇解答送り先: blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
◇解答締切 : 3/21(水)
◇解答要領 : A・B・Cの三段階評価と短評をお願いします。
※解答いただいた方から若干名に呈賞。
 また「力試し」解答者は別枠で1名に呈賞
★図面は次のサイトから取り出すことができます。(出題年月の誤記を修正しました。3/2
  http://firestorage.jp/download/d7f554ab47b6394ec33b2b75be1cc95950457fd7
    パスワード 「kyozai3」です。

■第35回全国大会
 今年の全国大会は大阪開催です。
 詰パラ誌上に大会関連の案内が掲載されますが、このブログでも大会関連の告知を行います。
  《日時》2019年7月14日(日) 12時00分(予定)~17時
  《場所》大阪産業創造館 4階
    大阪市中央区本町1-4-5
      アクセス → http://shisetsu.sansokan.jp/access.html

■創棋会の次回課題は「局面の対比」
☆4月例会の課題は「局面の対比」(6月号作品展)です。
 ある局面から数手進むと局面が微妙に変化する。多様な表現があると思います。
 昨年例題を2作紹介していますが、今回から数回にわたって多彩な局面の微妙な変化を鑑賞していきたいと思います。

野曽原直之作 WEB 2017年2月22日出題
   創棋会作品展「教材に使える10手台」④「局面の対比」
野曽原作

 初手は51角と打つしかありません。
 42合は何か?何を合しても同角成、同飛となります。
 飛車なら23飛。金銀なら34や24から打てます。桂は25桂。
 ということで最善は42香合
 42同飛の局面で持駒が香。
 35香が絶好です。
 34に捨合して凌ぐしかありません。
 これも何合でも同香、23玉となります。
 34合が飛金銀香なら24から打って簡単。桂も35桂です。
 ということで今度は34角合が最善。
 邪魔な香を33に成捨てて同玉と取ったところが次図。

<10手目:33同玉>
野曽原作_33玉

 初形と比べると不思議なことに44飛が42に移動しています。
 ここで24角と打ってあっけなく詰むのですが、初手から10手かけて、後手だけが1手指した不思議な局面でした。

【手順】51角、42香、同角成、同飛、35香、34角、同香、23玉、
   33香成、同玉、24角まで11手詰


伊藤看寿作 宝暦5年(1755年) 「将棋図巧」第35番
図巧35

 97桂という金頭桂の手筋が見えています。
 同となら86金、74玉、84金で詰むのですが、取らずに74玉で逃れ。
 75金、同玉、84角も74玉で詰みません。この筋で93飛が邪魔駒と気づいた方がいるかもしれません。93飛がなければ93角と打てますから。
 ではどうやって消せば良いのか。
 93飛を動かすには94金が邪魔です。
 まず95金と捨てます。74玉なら94飛成があるので、同と と取ります。
 そこで94飛成が同玉なら84金を見て手筋風ですが、同とでダメです。
 95同とのとき96角が妙手。同玉なら86金から95飛成があります。
 96同と となった局面(1図)は、初形から94金が消えました。

<1図:4手目/96同と>
図巧35_96と

 94金が消えたので待望の97桂です。
 これも74玉には94飛成、また75玉は84角があるので、同との一手。
 そこで跡地に捨てる96飛成が大変気持ちの良い一手。
 取れる駒を取らずに、どかした後に捨てるのは、詰将棋の醍醐味の一つです。
 同玉は86金、また74玉には76龍。そこで同と と取ったのが次図。

<2図:8手目/96同と>
図巧35_96と2

 1図から93飛が原形のまま消えました。
 初形からは、93飛と94金がそっくり消えました。
 これで75金と捨てる筋が可能になりました。
 ここからは、75金と捨て、取れば93角があるので95玉と逃げますが、84角、94玉に93角成と捨てるのが決め手。
 同玉に84金から82香成までの詰み。

 96角や96飛成という二度にわたる96への巧妙な捨駒で原形のまま93飛と94金を消去するという、詰将棋らしい手順を味わえる一局でした。

【手順】95金、同と、96角、同と、97桂、同と、96飛成、同と、75金、95玉、
   84角、94玉、93角成、同玉、84金、92玉、82香成まで17手


小林尚樹作 詰パラ2018年4月
小林尚樹27手

 61金が邪魔、そう思われた方は鋭い!
 なければ61銀の一発です。
 持駒はたくさんありますが、金気は銀一枚ですから、用心して攻めないとすぐに切れそうです。
 66香の利きを残しておかないといけませんから84桂と手を付けるしかありあません。
 同香なら83銀、同馬、75香と打って、74合に62金からの詰み。
 84同馬と取らせて75香で合駒を訊きます。
 香は品切れ。飛金は74香、同馬、62金、73玉、63飛(金)打で簡単。
 角なら、同香、同馬、62金、73玉に72金と捨て、同金、51角、62合、82銀以下。
 銀は、同香、同馬、62金、73玉に72金と捨て、同金(同玉は73歩以下)に82銀、同金としてから62銀と進め、73歩、61玉(同金は61銀生から82歩。また同馬は同銀成、同玉、74歩以下。)に71銀成から82とが好手順。以下72金、91玉に92歩から駒余りの詰みです。
 ということで74合は桂合が最善と決まりました。
 74同香と取り、同馬には62金。
 73玉のとき72金を急ぐと同金で詰みません。
 軽く85桂と応手を訊くのが好手。
 同香なら、84銀、同馬、63金、74玉、76香で詰むので、同馬と応じます。
 そこでもう一度75香と打ちます。

<9手目:75香>
小林尚樹27手75香

 63金があるので同馬と応じるしかありません。
 63金から74玉に待望の73金です。これなら同玉の一手。
 そこで74歩から63銀と打ち、銀歩送りの手筋で馬を呼んで61銀不成までの詰み。

<詰上り:61銀不成>
小林尚樹27手詰上り

 詰上りをご覧ください。
 なんと初形の61金が銀に入れ替わっているではありませんか。
 マジックを見ているようです。
 手順も桂香で馬を翻弄するのが軽快な好作。

【手順】84桂、同馬、75香、74桂、同香、同馬、62金、73玉、
   85桂、同馬、75香、同馬、63金、74玉、73金、同玉、
   74歩、同玉、63銀、73玉、74歩、同馬、62銀不成、72玉、
   73歩、同馬、61銀不成まで27手詰

 今回は駒がワープしたかのような作品、初形から原形のまま駒を消去したり、ある駒が別の駒に入れ替わったりという、局面の対比を味わっていただける作品を紹介させていただきました。
 作家の皆さまには、アッと驚くような作品や解いてニヤリとするような作品の投稿をお待ちしています。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年4月21日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 6月号作品展「局面の対比」(29手以内)

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年6月16日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
[会費]  無料
[課題] 9月号作品展「簡素図式(盤面5枚以内、使用駒は持駒含めて9枚以内)」(29手以内)


※課題作の投稿などはこちらまで
   → blogsokikaitusin■gmail.com (■を@に変えてください)
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する