FC2ブログ

もうすぐ例会~創棋会例会は2月17日(日)~

<もうすぐ例会~創棋会例会は2月17日(日)~>

■将棋世界3月号
 2018年の詰将棋サロン年間優秀作が選ばれました。
 柳原さんおめでとうございます!
 また「伊藤果賞」が設けられ大和敏雄さんの作品が選ばれました。大和さん復活か?
 「伊藤果賞」は今年限定みたいな書き方ですが、『絶品! 4×4マスの詰将棋』(伊藤果著・マイナビ出版)のPRが狙いでしょうか(笑)
 いずれにしても詰将棋にさまざまなスポットが当てられるのは結構なことです。


■暁将棋部屋 第3号
 1月中旬に発刊されました。
 創作詰将棋だけでなくフェアリーもあり、指将棋の話題も掲載。人気作家のインタビューは轟飛龍さん。さらにこの間に「スマホ詰パラの会in大阪」や若島正さんの「チェスプロブレム入門講座」の開催など山本さんの熱意には頭が下がる思いです。
 柳原さんの「詰将棋ファン」は第二号が8月頃発売予定という記事もありました。
 良質な詰棋書が出版されるのは読む詰将棋ファンには堪えられない喜びです。


■創棋会の次回以降の課題
☆次回課題はネット作品展「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」(15手以内)。
 本年2月は、昨年、一昨年に続いてネット作品展「教材に使える詰将棋」を開催します。
 今回のテーマは「駒の特性を学ぶ」です。

☆4月例会の課題は「局面の対比」(6月号作品展)。
 ある局面から数手進むと局面が微妙に変化する。多様な表現があると思います。
 昨年例題を2作紹介していますので参照下さい。
    http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-238.html


■創棋会の次回課題は「教材に使える短編」
 創棋会の次回課題はネット作品展「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」(15手以内)です。
 「教材に使える詰将棋」は今回で3回目となります。
 当初は長めの手数の詰将棋にチャレンジいただき、詰将棋の楽しさや面白さを知ってもらおうということで「教材に使える10手台」というタイトルにしたのですが、二桁手数の作品ばかりではハードルが高いので、今回は手数区分を15手以内の短編としました。
 今回のテーマは「駒の特性を学ぶ」です。
 駒の力を発揮した詰手筋、駒の特徴がよく現れた手順、そういう作品に触れることで詰将棋の面白さや妙味を知っていただき、ますます詰将棋を好きになっていただきたい。そう考えた次第です。
 例題は、このあと紹介させていただきます。
 作家の皆さまには、課題に相応しい作品の投稿をお願いします。
 投稿作は2月例会で選考し、2月下旬に本ブログで一斉出題の予定です。

◇例題紹介
「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」

 例題紹介の最後は角です。

小西逸生作 詰パラ1968年6月(『続々七手詰傑作集』第82番)
角_小西作

 七手詰コンクールに出品された作品。
 中段玉で形はやや広がっていますが、成駒がなく清潔感のある形。
 当時は駒数制限がなかったのですが、盤面10枚というのもいいですね。
 パッと見て詰形が浮かびません。
 43角成は45玉、46飛、35玉で捕まりませんし、46桂も55玉で見込みがありません。
 53角成が、取れば43角成を見て気持ちの良い一手ですが、55玉と逃げられると、これが詰むのかという局面。
 ここでうまい手順がありました。
 まず65金と捨てます。
 同香と取らせて67桂と打ちます。
 66玉と逃げられますが75馬まで、見事に詰みました。
 65金から67桂は、飛車を取られるだけでなく上部脱出されそうで、不利感があり指しにくい手順ですが、二枚角のラインを活用して巧妙な詰上り。
 角の長いリーチを活用した好作で、コンクールでは3位に輝きました。

<詰上り:75馬>
角_小西作詰上り


【手順】53角成、55玉、65金、同香、67桂、66玉、75馬まで7手詰


荒井和之作 詰パラ1985年月(『80年代ショート詰将棋ベスト200』第114番)
角_荒井作

 開き王手が見えていますが36の銀で25の龍を抜かれないように37桂の事前準備が大切なところ。
 56玉は36龍があるので銀で取る一手ですが、同銀成では68角、56玉、46金まで。よって同銀不成が正着。気の利いた応酬ですね。
 待望の開き王手ですが、どこに角を動かすのが正解でしょうか?
 13角成と馬を作るのが有望。56玉なら65角の好手があります。
 しかし35歩と捨合されると同龍も同馬も56玉で困ります。
 ここは79角と最遠移動するのが好手。

<3手目:79角>
角_荒井作79角


 79角には56玉の一手ですが、65角と捨てるのが決め手。
 このとき67玉なら68金まで。この変化のために79まで角を引いておいたわけです。
 同龍に57金までの詰。
 角の最遠移動をコンパクトに表現した好作です。

【手順】37桂、同銀不成、79角、56玉、65角、同龍、57金まで7手詰


小林敏樹作 詰パラ1987年11月(『80年代ショート詰将棋ベスト200』第148番)
角_小林作

 87年下半期の小学校半期賞受賞作。
 56金から65金とするカッコイイ開き王手の筋がありますが、26龍と飛を取られてしまいます。
 93角と打つのも良さそうですが76玉に金をどこに動いても26龍があります。
 24龍をどこかに動かさないといけません。
 44角では同龍と取らずに76玉でダメなので、33角と成れるところから打ちます。

<初手:33角>
角_小林作33角

 これなら76玉には77角成と出来ます。
 57玉と潜り込むのも93角、68玉に77角成があります。
 また44合も同角成、同龍、93角、76玉、45金まで駒余りの詰みです。
 やむなく33同龍ととったところで、93角が決め手の遠打。

<3手目:93角>
角_小林作93角

 76玉なら35金まで。
 93同龍には56金、76玉、65金まで開き王手で気持ちの良い詰上り。
 2枚の遠角で龍を翻弄する手順が素晴らしく、金の動きが作意と変化で異なるのも作品に深みを与えています。

【手順】33角、同龍、93角、同龍、56金、76玉、65金まで7手詰


 数回にわたって例題を紹介させていただきました。
 いずれも好作揃いでお楽しみいただけたと思いますが、駒の機能が存分に発揮された作品には美しさを感じます。
 そういう作品に出会えれば、解いて満足、鑑賞して納得です。
 詰将棋がきっと好きになることでしょう。

 作家の皆さまには、どうぞそんな「教材」に相応しい作品を投稿くださいますようお願いいたします。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2019年2月17日(日)13時~
[場所]  大阪市港区民センター 楓
  〒552-0007 大阪市港区弁天2-1-5
    交通 地下鉄中央線・JR環状線  弁天町駅 徒歩7分
     アクセス → https://www.osakacommunity.jp/minato/access.html
[会費]  無料
[課題]  ネット作品展「教材に使える短編~駒の特性を学ぶ~」(15手以内)。

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年4月21日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 303号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
      アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] 6月号作品展「局面の対比」(29手以内)

課題作の投稿などはこちらまで
→ blogsokikaitusin ■ gmail.com (■を@に変えてください))
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する