FC2ブログ

詰備会に行ってきました~11月3日~

<詰備会に行ってきました~11月3日~>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題中
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
     blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~! 【締切】11月20日!
 詰パラ11月号、お手元に届いていますか?
 「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先行公開していますが、あらためて図面を載せますので奮って解答下さい。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-229.html

①高縄山ろく作
①高縄山ろく作

②kisy作
②kisy作

③まさ作
③まさ作

 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください
    ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。

■詰備会に行ってきました~11月3日~
 報告が遅くなってしまいました。
 平井康雄さんの「詰将棋劇場」でもすでに紹介されていますが、簡単な感想を記します。
   詰将棋劇場   → http://www7.plala.or.jp/tsume/tumebikai.html
   詰将棋劇場blog → https://blog.goo.ne.jp/yakkun610

 当日は快晴。連休初日とあって岡山に向かう電車も満員御礼。
 少し早めに岡山に到着し、エキナカを散策。ここも結構な人出。何かのショーでもやっていたのか楽曲の調べも聞こえてきました。
 昼食を済ませて会場に着くと、小林さんや松重さんのお姿が。
 その後も三々五々メンバーが増えてきましたので、13時前から会場設営。
 部屋はダンスのミニ発表会や音楽のプチコンサートが出来そうな部屋。
 段差があるので、何となく上手と下手に分かれるような配置になりました(笑)。
1103_1.png

 皆さんの持ち寄った作品を解いたり、パラ11月号の推理パズルに取り組んだり、思い思いの楽しいひとときを過ごしました。
 部屋を片付けた後、少し時間が出来たので、PRタイム(?)。
 堀内さんからは裏短コンの作品募集中ということでした。実は当日の11/3が締切日だったのですが、少しアディショナルタイムが設けられたようです(笑)。
 ※作品は無事集まったようで現在解答募集中です。
    → http://tsumenote.blog.fc2.com/blog-entry-103.html
1103_3.png

 利波さんからも「ヤング・デ・詰将棋」発刊の予告。ゲラ刷りを見せていただきましたが、大変立派な出来上がりです。発刊が待ち遠しいですね。
 会合終了後はいつものお店で楽しい二次会。
 さらに話し(飲み?)足りない方々は駅前の居酒屋へ。
1103_2.png


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com

 それでは恒例の例題紹介です。
 今回も創棋会の過去の課題作から取り上げました。
 第83回作品展(1986年10月号出題)の課題が「雪隠詰」というものでした。そこから2作品を紹介させていただきます。
 なぜ例題紹介が「雪隠詰」なのか。それはご覧いただければわかります。

柴田昭彦作 詰パラ1986年10月
雪隠詰④柴田昭彦198610

 実戦形で両王手の出そうな図です。
 42飛、同金、31銀が良さそうに見えますが、11玉、32飛成、44馬で馬の利きが強く詰みません。
 初手は軽く13歩成と成捨てるのが好手。
 同香なら、そこで11銀と捨てるのが狙いです。以下、12玉、22飛、11玉、21飛成、同馬(同玉は23飛成)、23飛成、22合、13龍として詰みます。
 同桂も11銀がありますから、同玉と取ります。
 そこで15飛と打って合駒を訊きます。
 14歩合には24銀、同玉、25飛という好手があり、同玉に35飛成から26龍で詰み。
 最後の26龍を消す14桂合は、24銀、同玉、35飛成、13玉のとき14飛と切って26桂と打つ手があります。
 14金合なら同飛から34飛成で簡単です。
 最善は14銀合です。

<4手目:14銀合>
雪隠詰④柴田昭彦198610_14銀

 銀合も同飛と取って同玉に34飛成と攻めるしかありません。
 24合では25銀から26銀打で詰むので15玉と逃げます。
 持駒が銀だけなのでぬるぬると逃げられそうですが、44角の利きを活かして26銀と打ち、なおも逃げる16玉にも17銀と引けば寄っています。
 27玉と潜り込んだときに18銀と捨てるのが決め手で、同玉に38龍、19玉、28龍まで、見事雪隠詰に討ち取りました。
 実戦形の初形から雪隠は11玉と思わせて19で仕留めるというのが作者の狙いでした。
 「19玉」も「2019」に因んだ作品ということで例題として紹介させていただきました。

【手順】13歩成、同玉、15飛、14銀、同飛、同玉、34飛成、15玉、26銀、16玉、
  17銀、27玉、18銀、同玉、38龍、19玉、28龍まで17手詰


鳩和平作 詰パラ1986年10月
雪隠詰⑤鳩和平198610

 次の作品は鳩和平さんの作品。
 本作も簡素な形。
 23桂と打てば、41玉には43龍と寄る手があるので、21玉と逃げるしかありません。
 そこで13桂とすれば12玉の一手。
 あわてて32龍と飛車を取るのは13玉で脱出されます。
 11桂成と捨て同玉に12歩とするのが気持ちの良い手順です。
 同飛なら31龍があるので、同玉と応じるしかなく、32龍と飛車を取ります。
 今度は23桂を捌いた効果で23飛と打つ手がありますから22に合する一手。
 11飛と捨てて21龍とする好手筋を防いで、22金合がこの一手の受けです。

<10手目:22金合>
雪隠詰⑤鳩和平198610_22金

 桂があれば11飛、同玉、21桂成、同金、23桂で詰むのですが、そうはいきません。
 ここで22同龍と切ってしまうのが英断の一手。
 同玉に21飛と打てば33玉には43金まで。
 13玉と逃げるしかありませんが、23金と打てば、14玉に24金と引きます。
 以下金追いで19玉に29金まで。
 こちらも19の雪隠詰となりました。
 柴田さんの作品と同様、詰上りの意外性を狙ったものです。
 手順は易しいのですが、簡素な初形から課題を実現し、狙いは成功していると思います。
 また管理人の視点では、本局は「31」からスタートして「19」で詰むという二つの意味付けもあります。

【手順】23桂、21玉、13桂、12玉、11桂成、同玉、12歩、同玉、32龍、22金合
   同龍、同玉、21飛、13玉、23金、14玉、24金、15玉、25金、16玉、
   26金、17玉、27金、18玉、28金、19玉、29金まで27手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
   投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
   〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
   アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
   事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
以上
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する