FC2ブログ

詰パラ11月号到着!

<詰パラ11月号到着!>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズ、追加出題中!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■パスワードクイズ~追加出題~!
 詰パラ11月号、ご覧いただけましたでしょうか?
 「ちえのわ雑文集」(26P)でパスワードクイズの追加出題!
 当ブログでも先日、先行公開しています。
   http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-229.html
 9手以内のあぶり出しが三作です。
 詰上りの3文字を解答してください
   ヒント:9月号作品展の詰上り4文字と関連があります。
 解答は下記までお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

【締切】11月20日
 3文字と4文字、どちらを答えていただいても結構です。
 詰手順は不要、メッセージ歓迎。
 解答は下記までお願いします。
   少し大きい文字blogsokikaitusin@gmail.com
 本ブログで正解者を発表します。呈賞はレア品を用意しています。


■詰パラ11月号が到着
・表紙は園城寺怜さん。「ちえのわ」に続く本誌登場。
・詰棋校(12P~)。
 小学校:水谷さん、もう少しだけ担当延長とのこと。それにしても期末の作品は豪華なメンバーですね。
 中学校:kisy一族東京にも出現!
 高校:こちらも豪華メンバーですね。内2名は小学校にも。
 短大:石黒さんには充実の1年だったようです。お疲れ様でした。
 大学:力作ぞろい…。手を出しにくそうな作品が並びましたがドン・キホーテ手順が出てくるか楽しみです。
 大学院:吉田さん3年間お疲れ様でした。
・D級順位戦(18P)。柳澤さんは3年前の短コン覇者。北村さんや加賀さんは初チャレンジとすれば頭が下がります。
・彩棋会作品展(19P)。②は思わず手の出る初形。④も詰め上がりが想像できます。⑤は133手ですが趣向らしきものが見えています。
・大道棋教室(20P)。今月は4題出題。
・全詰連の頁(21P~)。早くも解答選手権初級一般戦の開催地募集。来年は運営に配慮した時間設定。さらに開催地が増えるのでしょうか。
・持駒のある風景(22P~)。北海道は9月初旬に台風と地震のダブルパンチ。被災された方には心からお見舞い申し上げます。
・おもちゃ箱だより(24P)。飛角図式関連の記録。eurekaの関わるもの多数。加藤さんの創意がなければコンピューターソフトの力だけでは作品が誕生しないと思いつつ、複雑な心境です。
・ちえのわ雑文集(26P~)。則内誠一郎さんによる「創棋会作品展を担当して」。3年間の苦労話を披露。毎回ユニークな課題を設定いただき、本当にありがとうございました。おかげさまで看寿賞候補作としてノミネートされる作品が生まれるなど、会合作品展の質は相当向上したのではないかと思います。
 また最後にパスワードクイズの追加出題もされています。こちらも奮って応募下さい。
・名局ライブラリー(28P~)。平成26年度(2014年)の出来事。つい最近のことのように思えることばかりです。
・社団戦・詰パラチーム参戦記(28P~)。8/26は団体個人戦。その後10月28日の最終日も好成績を収められ、見事優勝を飾られたのは皆さんご存知のことと思います。
   https://twitter.com/melon_sky/status/1056421767105851392
・将棋パズル雑談(36P~)。29、30、31の結果を見て解答が40名オーバーになったのは肯けます。いずれも簡潔な構図に明快な解。今月の問題も久方振りに解いてみようという気になりました。
・サロン(44P~)。
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢについて紹介させていただきました。


■創棋会の次回課題~平成31年に因んだ作品~
 創棋会の次回課題は「平成31年に因んだ作品」(29手以内)です。
 パッと浮かぶのが、平成の「31」、西暦の「2019」、干支は「亥(ヰ)」というところ。
 これだけでもさまざまな表現が可能なのではないでしょうか。

 投稿作は12月例会(12/16)で選考の上、3月号で出題の予定です。
 平成最後の年に相応しい好作の投稿をお待ちしています。
 投稿はこちらまで →  blogsokikaitusin@gmail.com


 それでは恒例の例題紹介です。
 前回に引き続き、創棋会の過去の課題作から紹介します。
 第73回作品展(1985年2月号出題)の課題が「初形31玉」というものでしたので、そこから3作品を紹介させていただきます。


岡田 敏作 詰パラ1985年2月
初形31玉_岡田敏198502

 岡田さんの作品には、「個性」でも紹介させていただきましたように、軽快で気持ちの良いものが多いのですが、本局もある筋が見えています。
 初手は41飛と打ちます。さりげなく限定打になっています。
 22玉とかわす一手に13銀が好打。取れば11飛成の一発を見ています。
 33玉と逃げる一手に44金と捨て、同銀と取らせて、24銀成と銀を活用。
 22玉に、もう一度13成銀と突っ込みます。

<9手目:13成銀>
初形31玉_岡田敏198502_13成銀

 打った銀を成銀に変えて、もう一度捨てるのがとても味の良い一手ですね。
 取れないので33玉とかわしますが、43飛成が決め手です。
 同金の一手に、23角成までの詰み。
 最終手で13銀を成銀に変えておかなければいけなかった理由が分かります。
 変化も易しく、紛れもそれほどありません。解いて気持ちの良い岡田流の軽快作でした。

【手順】41飛、22玉、13銀、33玉、44金、同銀、24銀成、22玉、13成銀、33玉、
  43飛成、同金、23角成まで13手詰


川崎 弘作 詰パラ1985年2月(『北斗』第6番)
初形31玉_川崎弘198502

 41龍から23金と捨てるのが手筋風。23同玉なら21龍の予定ですが34から脱出モード。それに23同金にも54角が利いているので32金が打てません。
 となると53馬といくしかありません。42の合駒を読むのがちょっと面倒そうで指しにくいのですが。
 まず42歩合から考えてみましょう。
 42歩合に41金、22玉、44馬と金を取れるのが大きいのですが、33歩合で続きません。
 ここは同馬と取るのが良く、同金、41金、22玉、42龍と迫れば、32飛合(桂合では31龍、23玉、24金以下)に23歩と打てるので、同玉、24金から簡単に詰みます。
 42には頭に利かない桂合が最善です。
 これは取るしかありません。
 同馬、同金のとき、手拍子で22金と打つのは、同玉、42龍、32桂合で詰みません。
 41金と打つのが好手。

<5手目:41金>
初形31玉_川崎弘198502_41金

 41金は同金と取れば22金の一発ですから、22玉と逃げる一手です。
 そこで42龍と金を入手。
 ここで32桂合は31龍があるので、それを防いで32飛合が強防。
 23金、24金と連打するのは駒が足りませんし、32同龍も同角で後続がありませんが、上手い手がありました。
 23金と捨て同玉と取らせてから32龍とするのが手順の妙。
 こうしておけば32同角には、24飛から45桂が決め手で、同金に34金までの詰み。
 ちょっと捌けない印象もありますが、課題を実戦型でうまくまとめた一局と思います。

【手順】53馬、42桂合、同馬、同金、41金、22玉、42龍、32飛合23金、同玉、
  32龍、同角、24飛、33玉、45桂、同金、34金まで17手詰


宇佐見 正作 詰パラ1985年2月(『松煙』第43番)
初形31玉_宇佐見正198502

 22飛を取られるわけにはいかないので初手は33飛しか考えられないところ。
 22玉なら11角と打って簡単なので32合しかないが、何が正解か?
 金や銀だと、同飛寄と取って、同金、22金(銀)、同玉、11角、31玉、22銀、41玉、32飛成で詰みます。
 歩合はどうでしょうか。それには21飛成と捨てるのが好手で、同玉に24香と打って22歩合も同香成から清算して11角と打てば、12玉、13銀、11玉、12歩、21玉、23飛成で詰みます。32香合も同様です。
 32合は手順中の24香を防ぐ桂合が最善でした。
 桂合も同飛寄と取ります。
 これを同角としては、13角があり、22銀合の一手(他合は23桂から11歩成)ですが、23桂から11歩成と清算して22銀とすれば詰んでいます。
 32同金が最善ですが、それでも22銀から11角と迫るしかありません。
 31玉に23桂を利かせ、41玉に32飛成と金を取るのが、手順を尽くした寄せです。
 32同玉と応じるしかなく、ここで34香が好手。

<13手目:34香>
初形31玉_宇佐見正198502_34香

 34香は同角と取るしかなく、33金から31桂成と捌いて、22角成から32馬までの詰。
 34香は43の角を移動させるのが目的でした。
 宇佐見さんらしい読みの力が必要な一局でした。

【手順】33飛、32桂、同飛寄、同金、22銀、同玉、11角、31玉、23桂、41玉、
  32飛成、同玉、34香、同角、33金、41玉、31桂成、同玉、22角成、41玉、
  32金まで21手詰


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】************************************************* 
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
  https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「平成31年に因んだ作品」(29手以内)
  投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】*********************************************** 
[日時] 2019年1月20日(日)13時~
[場所]  大阪市福島区民センター 304号
  〒553-0006 大阪市福島区吉野3-17-23
  アクセス → https://www.osakacommunity.jp/fukusima/access.html
[会費]  無料
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  事前の投稿はこちらまで → blogsokikaitusin@gmail.com

★♪☆♪★ 新年会 ★♪☆♪★
例会終了後、新年会を開催します。
<日時>1月20日(日)17時30分~
<場所>場所は決定次第連絡させていただきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する