解答選手権チャンピオン戦の開催迫る~引き続き次回課題~

暖かい日が続き、近所の桜のつぼみもふくらんできました。
解答選手権チャンピオン戦もいよいよ来週です。
今年は東京も大阪も昨年とは会場が変わっています。
また開始時間も早まっていますのでエントリーされている皆さん、ご注意ください。

***【解答選手権のお知らせ】****************************************
◆解答選手権チャンピオン戦 3月27日(日)
受付は 10時30分から11時。競技開始が11時10分。
【東京会場】機械振興会館 地下3階 研修-1室
東京都港区芝公園3-5-8
【大阪会場】大阪市立港区民センター
大阪市港区弁天2-1-5
※詳細は解答選手権速報ブログをご覧ください
http://blog.goo.ne.jp/shogi-problem
*******************************************************************

さて引き続き創棋会の次回課題「成生の態度保留や態度打診」について、今回も例題として過去の名作を紹介します。

森敏宏作(将棋世界1963.12)
森作

有力そうなのは21飛成です。
15玉と逃げれば11飛成と香を取って簡単。
23歩合と近づけて受けようとしても、同龍、同玉、34龍とすれば、22玉には32と、また12玉には13歩で、簡単に詰んでしまう。
しかし良く考えると23同龍を同玉とは取ってくれず、15玉とされると、16歩、同玉、28桂と追っても15玉の局面は打歩詰。
13龍と捨てる手が良さそうに見えるが、同香と取らずに14歩合とされて依然として打歩詰。
(失敗図:14歩合)
森作14歩合

カッコよく12龍と捨てると、同香と取られて、16歩、24玉、34龍、13玉、14龍、22玉で続かない。
何か良い手はないかと考え、「失敗図」の局面で13が龍でなく飛車だと16歩~28桂としてから16歩が打てることに気づけば、初手が21飛不成であることがわかる。
今度は23歩合としても同飛不成と出来るので詰む。
そこで玉方は一ひねりした受けを出してくる。
それが22歩合である。
(図:22歩合)
森作22歩合

これは同飛不成なら、15玉と逃げて11香を取らさない、また同飛成なら23歩合として打歩詰で逃れようという打診の一手である。
作意は22同飛成とし、23歩合にも同龍と取り、一歩余計に稼いだことで、16~17に歩の連打から桂の打ち捨てで25桂を動かし、再度の17歩から35龍までの詰みとなる。
これまで紹介した作品は4段目で成生を打診する中合が出現しましたが、本作は2段目で打診中合を出現させたところが珍しい一作でした。

作意:21飛不成22歩合、同飛成、23歩合、同龍、15玉、16歩、同玉、17歩、同桂成、28桂、同成桂、17歩、15玉、35龍まで15手詰

佐藤和義作(詰パラ1990.02)
佐藤作

いきなり打歩詰の局面からスタートである。
初手は攻め方の勢力を弱める16馬しかない。
同銀は18歩、26玉、36角成があるので同玉と取る一手。
そこで52角不成とするのが後の変化を見た態度保留の好手段。
(図:52角不成)
佐藤作52角生

26玉とよろけても25金、16玉、15金以下25角成があるので簡単。
25歩合と打歩詰に誘うのは、同角不成とされ26玉、36金、17玉に29桂があって詰んでしまう。
それでは34歩合と打診中合するとどうだろう。
34同角不成なら26玉とされても17玉とされても続かない。
しかし同角成とする手がある。
25歩合の受けには、同馬なら17玉で打歩詰だが、持駒が二歩になったので、17歩と叩く手がある。17同玉に18歩から25馬があり詰んでしまう。
歩がだめなら34桂合が考えられるが、前記手順で17同玉に29桂とする手があり詰む。
手段に窮したようだが、歩や桂を渡さない34角合という妙防があった。
(図:34角合)
佐藤作34角合

今度こそ同角成には25歩合で打歩詰になってしまうので同角不成とするしかない。
26玉、25金、16玉とかわされると34角が生なので手が無いようだが、17歩から53角とするのが継続の手段。
16玉は24(14)金の一発なので合駒の一手。
35歩合は同角成、同成桂、18歩、16玉、35金、26玉、38桂。
26歩合は同角成で、同銀なら18歩、16玉、14金まで、また同成桂なら、18歩、16玉、26金、同玉、38桂、36玉、25角までときれいな変化。
26成桂とするのも、同角成、同銀、18歩、16玉、14金がある。
そこで53角には15の銀を26に移動合するのが不思議な延命手段。
(図:26銀)
佐藤作26銀

同角成、同成桂、18銀、16玉となるとその目的が分かる。
24金や14金の開き王手では詰まない。
26金から38桂は15玉で逃れる。
銀の移動合は26に成桂を移動させて25に利きを作り、15にも逃路を用意するためだったのである。
ここから攻め方も手順を尽くして詰ませます。
14金、25歩合、17歩、同成桂、25角、26玉、17銀、同玉、18歩、26玉、38桂まで。
これまで紹介してきた作品では打診中合は歩や桂が多かったが、本作はという大駒が登場。「四百人一局集」(210番)の作者の言葉でも1号局と思われるとのことです。

作意:16馬、同玉、52角不成34角合、同角不成、26玉、25金、16玉、17歩、同玉、53角、26銀、同角成、同成桂、18銀打、16玉、14金、25歩合、17歩、同成桂、25角、26玉、17銀、同玉、18歩、26玉、38桂まで27手。


それから詰パラ3月号の創棋会作品展、解いて楽しい作品ばかりです。
1題だけの解答も大歓迎。どんどん解答下さい。

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年4月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館
[課題] 「成生の態度保留や態度打診」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する