FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<15回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<15回目>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズは受付中です!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<15回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
  ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 それでは今日は妻木さんの作品です。

⑳妻木貴雄作
20.png

【作意】
 31銀、12玉、23銀、同玉、32銀、同玉、42角成、23玉、32銀、13玉
 22銀生、12玉、21銀左生、22玉、34桂、21玉、43角成、12玉、22桂成、13玉
 23成桂、同玉、33馬寄、12玉、13歩、同玉、31馬、12玉、22馬まで29手詰

【正解】
 15手目→34桂
 手数→29手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.33、A:5、B:6、C:1、誤解:0、無解:1、無評価:0

【作者のことば】
 比較的簡素で自然な形から、持駒の銀四枚がすべて消え、途中で拾った桂と歩も消えて、2枚の角が馬になって詰む…という構成です。
 特に狙いもなく、流れるように手順が進むだけの図で、ボツでも構いません。
 狙いの一手、これは困りました。
 そもそも「特に狙いもなく、流れるように手順が進む」ので、狙いの一手などはありません。「なし」としたいところですが、どうしてもというなら15手目の3四桂でしょうか。
 紛れは書きたいけど、ほとんどなし。作意以外ではすぐに手が切れてしまうと思います。

★20作目は妻木さんの登場。
 妻木さんは「すらすら解ける20手台」には初参加。
 妻木さんと言えば、簡素な形から切れ味の良い捨駒が飛び出す短編がお得意という印象が強いのですが、20手台の本作ではどんな手順を見せていただけるのでしょうか。
 まず初形は右上隅の5×3に収まった実戦型。盤上には成駒もなく金気もなくスッキリしています。持駒銀一色も好感の持てるところ。
 5筋の二枚角を働かさないといけないので、31銀と拠点を作ります。
 13玉には22銀打、12玉、13銀打、同桂、21銀打、23玉、32銀、12玉(同玉は42角成以下)、34角成、同歩、21銀直、11玉、44角まで。
 12玉とかわしますが、23銀、32銀と二枚の銀を捨てて42角成と強力な馬を作ります。
 途中23銀に13玉は22銀直があります。また32銀に12玉は22銀成から31角成の筋があり、13玉なら22銀打、12玉、21銀左生、23玉、35桂があります。
 42角成、23玉、32銀と進めます。持駒がなくなったので手が続くか心配になってくる局面ですね。
 32銀に12玉は22銀成、同玉、31馬、12玉、21銀、23玉に35桂まで。52角が良く利いています。
 そこで32銀には13玉と逃げますが、22銀生と捨てます。
 取ると31馬があるので、12玉と耐えますが、21銀左生と32の銀で桂を取ります。
 こうすれば22玉と銀を払うしかありません。
 ここで34桂と捨てるのが巧い一手です。

<15手目:34桂>
20_34桂

 34同歩なら、32馬、13玉、12銀成、同玉、34角成と出来ます。
 34桂は取れないので21玉と銀を取って凌ぎますが、43角成、12玉と追って、22桂成と捨てるのが決め手。
 13玉と逃げても23成桂とすてれば、同玉に33馬寄と一歩補充して、12玉に13歩と叩いて、同玉に31馬から二枚馬の清涼詰となりました。


野々村禎彦:一種持駒のすっきり実戦型からの軽い捌きで清涼詰。ザ・すらすら。

★妻木さんの作品はやや難解というイメージがあったのですが、本局にはそういう短評がありませんでした。

安田恒雄:銀四枚の持駒趣向ですが、キーとなる手の34桂と19手目の22桂成捨てからの清涼詰は気持ちが良かったです。

★銀を使い切ってからの桂の活用が印象に残ります。

三輪勝昭:キメの細かい捌きで手順は好き。だけど大駒が2枚共残るので冗長作品に思える。

★きめの細かい手順というのはピッタリの表現ですね。馬二枚の清涼詰でしたが…。

中出慶一: きれいな実戦型、4銀捨て、清涼詰、の特長を有する軽快中編の完成品。大駒捨てがないのが残念。(この作品が、短大またはデパートで採用されるか、には疑問が残るが・・・)

★せめて一枚消せればというところですが望蜀?

鷲見慎吾:銀を賄賂ににじり寄る馬という印象。銀を使い果たしてからの桂打は意外でした。

★遠くの角を活用するため銀を散財。

himatsume:13手目で少し悩んだ。

★桂をどちらの銀で取るか。直と行きたくなるところです。

福原徹彦 :持駒銀4趣向。銀を捌いているうちにどんどん馬が迫ってくる。

★銀の捌きにも味があります。

山下誠:4枚の銀を巧みに使って網を絞り、3四桂で一気に手順を引き締める。

★34桂はまさに決め手。

奥鳥羽生:粘りのある手順で、それを継続する34桂。

★34桂をもう一度22に成捨てるのが気持ちのいいところです。

有吉弘敏:34桂は好手だがもう一手欲しい。

★がらっと構成を変えないと難しそうですが…。

RINTARO:4銀至妙の局。収束まで完璧です。

★4銀が単純な捨駒だけではなく、最後に全部消えるところなどお見事です。

則内誠一郎:好形好手順の完成品。

★「完成品」と言える出来映え。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性」  
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する