FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<10回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<10回目>

■パラ9月号創棋会作品展パスワードクイズは受付中です!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題、組曲で詰上りが想像しやすい作品展だったと思いますが、ご解答いただけたでしょうか。
 連動企画の「パスワードクイズ」は引き続き受付中です。
 詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送ってください。こちらの賞品にはレア品を用意しています。よろしくお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<10回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
  ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 それでは今日は冨永晴彦さんの作品です。

⑬冨永晴彦作
13.png

【作意】
 33銀、23玉、24金、12玉、22銀成、同玉、33と、21玉
 43馬、11玉、23桂、12玉、22と、同玉、33馬、21玉、
 11馬、32玉、33金、41玉、31桂成、同玉、22馬、41玉、
 32金まで25手詰

【正解】
 8手目→21玉
 手数→25手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.25、A:5、B:5、C:2、誤解:0、無解:1、無評価:0

 冨永さんに対する管理人の印象は、飛角図式や簡素図式がお得意で、それも少し骨がある、というものですが、本作はどうでしょうか。

 盤面5枚が3×4に収まっている好形作。持駒も手ごろで解いてみようという気になります。
 52桂が効いているので44馬は取られてしまいます。
 31馬も23玉で脱出モード。
 そうなれば33銀と打って上部脱出を阻むのは当然の一手。
 13玉なら35馬で捕まります。12玉と寄るのも22金から35馬があります。
 23玉と立って24金と打たせてから12玉と引くのが巧い逃げ方。
 桂一枚で切れ筋のようですが、22銀成と捨てて同玉に33と と銀と と金を入れ替えるのが継続の好手順。
 11玉と逃げたくなりますが、それには23桂としばって12玉に22と と捨てる軽手があり、同玉に31馬で詰み。
 危なそうでも21玉と引くのが凌ぎの好手段。

<8手目:21玉>
13_21玉

 21玉とされると43馬とするしかありません。
 そこで11玉とすれば馬筋がずれたので23桂、22とから31馬と入るスジはありません。
 攻め方も寄せ方を変える必要があります。
 23桂、12玉、22と、同玉までは同じですが、33馬と寄ります。
 21玉に11馬と突っ込み、32玉に33金と活用します。
 41玉には31桂成と捨て、同玉に22馬から32馬まできれいに清涼詰となりました。


福原徹彦:隅に追い詰めたと思ったら、身を翻して41で清涼詰になる。

★ターンしてもう一度。

野々村禎彦:これしかない駒捌きに終始するが、左右を入れ替えて清涼詰の流れは良い。

★体を入れ替えて粘る玉を反対側で仕留めます。

安田恒雄:盤面5枚のコンパクトな簡素形ですらすら度も期待通りですが、好手が欲しいです。

★好手は…よく捌けて清涼になるということで。

RINTARO:比較的スラスラ解けました。ぴったり詰んで好印象です。

★すらすら度は今回の作品展中、一、二を争ったと思います。

鷲見慎吾:解きたくなる初形がいいですね。本作が一番すらすらに感じました。

★すらすら度ナンバー1と言ってもらえば作者も嬉しい?

中出慶一:簡素形で流れる手順で清涼詰に終わるが、それだけという印象です。2または3回の抵抗感のある好手を織り込んでほしいところ。

★抵抗感があって、なおかつ「すらすら」というのはなかなか難しい…。

三輪勝昭:スラスラ解けるが既成手順なので気持ち良さはない。

★既成手順をどう料理するかが作者の腕の見せ所。

奥鳥羽生 :孤軍奮闘の玉。

★玉方応手はすべて玉様でした。

山下誠:せまいところで主役が次々に入れ代わり、最後は馬で寄せきる。

★33銀、43と、23桂の三枚が消えるのはいい感じ。

有吉弘敏:ささやかですが、面白い手順。

★小味な手が続く印象。

則内誠一郎:企画にふさわしい小品。

★作品展の主旨に適った作品でした。

☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する