FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<7回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<7回目>

■パラ9月号創棋会作品展への解答お願いします!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展。
 今回は合作による「あぶり出し」が課題。
 組曲ですので詰上りが想像しやすい作品展です。
 9月末消印有効です。ふるってご解答下さい。

 また詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送っていただく「パスワードクイズ」も実施中。こちらはまだまだ受付中。
 賞品にはレア品を用意しています。あわせてご解答をお願いします。
     blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<7回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
   ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 今回は2作の結果発表です。
 まずは安田恒雄さんの作品から。

⑧安田恒雄作
08.png

【作意】
 22と、同玉、34桂、同馬、31銀、同玉、53角、32玉、
 42角成、22玉、14桂、同香、31銀、12玉、13歩、同桂、
 21銀、同玉、32馬、同玉、42飛成、23玉、22龍まで23手詰

【正解】
 5手目→31銀
 手数→23手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.70、A:7、B:3、C:0、誤解:0、無解:3、無評価:0

【作者のことば】
(狙いの1手)5手目31銀
 この持駒で玉の上部脱出をどう防ぐかがテーマで、結局銀3枚をすべて1段目に打って解決します。
 毎年厳しいご評価をいただいているスラスラ度については、今回それなりにクリアできたかと思います。
 好手不足の点については、コンパクトな実戦形で清涼詰の収束ということでご容赦いただければ幸いです。

★安田さんも毎回「すらすら解ける20手台」に作品を投稿いただいています。
 コンパクトな初形から粘りのある手順を紡ぎ出されるのが安田さんの十八番かと思うのですが、本作はどうでしょうか。
 持駒豊富ですが金がないので注意が必要。
 このまま32玉とされると捕まえるのが難しそう。
 惜しいようですが22と と捨てます。
 22同玉に23銀は13玉、14銀打、24玉、44飛成、同桂で詰みません。
 22同玉には34桂と打ちます。32玉なら42桂成がありますから同馬と取ります。
 44馬が34に動いたので53角を狙いに31銀と捨てます。

<5手目:31銀>
08_31銀

 31銀に12玉は、13歩、同桂、21銀(23銀から21銀でも詰む)、同玉、22銀打、32玉、21角までですから同玉と取る一手。
 これで53角が実現しました。
 53角には22玉と逃げたくなりますが、それは31銀、12玉、42飛成、23玉、22龍、14玉、15歩から26への角の利きがあるので詰みます。
 そこで手順中の42飛成を消すため、いったん32玉と立ち、42角成に22玉とします。
 22玉には31銀、12玉、13歩、同桂、21銀、同玉、32馬、同玉、42飛成という攻め方がありますが、以下、23玉、22龍、14玉と上部脱出されてしまいます。
 22玉には14桂が好手。同香と取らせて先の変化で上部脱出を防ぎます。
 14桂に12玉なら、13歩、同桂、21銀、同玉、22銀で簡単。
 14同香と取らせて31銀と打ちます。
 11玉は22銀打から13歩があるので、12玉と寄りますが、13歩と叩いて同桂と取らせ、21銀と捨てます。
 同玉には32馬と捨てるのが決め手。
 同玉に42飛成から22龍までの清涼詰となりました。


三輪勝昭:3手目に34桂、同馬としたなら5手目は絶対手だけど。
 8手目31銀~42飛成をさせないためわざわざ53角を42馬にする32玉が妙手。
 次に31銀、12玉、13歩、同桂、22銀成、同玉、14桂、12玉と気持ち良く読むがあれっとなる。
 なるほど14桂か。(これを解答にするべき)
 収束も綺麗にまとまりこれは好作。

★32玉はちょっと気づかない受けの妙手。

中出慶一:打ち替え的手順で馬位置をずらして53角を実現し、綺麗な捌きで、清涼詰になる実戦型好局です。 

★42角成は玉方の受けで打ち換えさせられたような感じですね。

himatsume :14桂が良いアクセント。

★14桂のタイミングもいいですね。

野々村禎彦:実戦型から捨てまくって清涼詰。42角成を誘って42飛成を消す綾が良い味。

★惜しげもなく駒を捨てる。これも詰将棋の醍醐味の一つ。

鷲見慎吾:豊富な持ち駒を使いまくって詰上りの舞台作り、最後は気分良く清涼詰で。

★清涼詰にも好評が集中しました。

福原徹彦:43飛を取られないように序の数手を進めればよい。桂香図式で桂香を動かすのが良い。

★桂香を二枚とも動かすのは好印象。

山下誠:4二飛成の決め手の前に手際よい準備工作が必要。

★ロジカルな捨駒工作。

有吉弘敏:軽快。

則内誠一郎:指先ぐりぐりの好手順。

★指がしなるような捨駒の連発。

奥鳥羽生:軽めの変化を含みながら軽やかに詰み上がる。全体を通じてすらすら度が高い。

★軽手連発の楽しい作品で2.70という高評価を獲得しました。


 続いてぬさんの作品です。

ぬ作 (10/7修正)
09.png

【作意】
 43角成、35玉、25馬、44玉、45歩、同金、36桂、同金、45歩、同玉、
 37桂、同金、46歩、44玉、43馬、35玉、47桂、同金、36歩、同玉、
 54馬、37玉、27馬まで23手

【正解】
 5手目→45歩
 手数→23手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.55、A:7、B:3、C:1、誤解:0、無解:2、無評価:0 (10/7修正)

【作者のことば】
 桂と歩の打ち捨てで局面を打開するテーマです。
 類作がありそうで怖い。
 狙いの一手は特にありませんが、しいてあげるなら5手目。

★「すらすら解ける20手台」初登場のぬさん。
 お名前は加藤さんの「おもちゃ箱」でお見かけします。
 本局は楽しい手順が出てきそうな持駒です。
 35歩と叩きたくなりますが、44玉と寄られると43角成とするしかなく、そこで35玉とされると、すぐに43角成としたときと比べて一歩損になります。
 ということで初手は43角成から入ります。
 45玉なら54馬、34玉、35歩、同玉、47桂、同金、36歩、34玉、43馬、45玉、37桂、同金(36玉は54馬以下)、46歩、36玉、25馬まで、駒が余って詰みます。
 最善は35玉。36から47に逃げ道があるので25馬と引きます。
 44玉と引いたとき36桂と打ちたくなります。同金なら45歩から37桂、同金、46歩と打って駒余りで詰むのですが、45玉とされると37桂、同金の局面が打歩詰。
 44玉には45歩と打ちます。同玉なら37桂から駒が余って詰むので、同金と取ります。

<5手目→45歩>
09_45歩

 そこで36桂と捨てて、同金に45歩。
 そして45同玉には37桂と捨て、同金に46歩。
 この一連の手順はとても心地よいリズムですね。
 46歩には44玉と引き、43馬に35玉と逃げますが、47桂から36歩が最後の決め手。
 36同玉に54馬と引いて収束。


野々村禎彦:初手の紛れを乗り越えた後は軽妙な金の翻弄。すらすら度に限れば上位だが。

★持駒豊富なので思わず35歩と打ちたくなりますが、それでは一歩不足になります。

福原徹彦:桂と歩で金をうまくあしらう。33玉43馬の詰上がりを想像していたのでこの詰上がりは盲点だった。

★金を無力化するのに時間がかかります。

himatsume:簡単そうに見えて難しかった。

★どうやっても詰みそうですが、そうでもありませんね

則内誠一郎:変化も美味で気が迷う。

★変化にも金を無力化する手順が出てきます。

山下誠:似たような局面が何度も現れてすらすら感はないが、楽しめる作品。

★桂歩の打ち捨てで局面を打開していくので、変化にもよく似た局面が出てきます。
難しい手は無いのですが少し煩わしさを感じた方はいらっしゃいました。

三輪勝昭:細かいアヤが良くこれは好作……なんだけどスラスラ展では微妙な局面の違いと持駒の確認でイライラして来る。
 これはスラスラ展では腹が立つので…。」

★細かいアヤがあるから金の翻弄が引き立つのですが。

安田恒雄:一番手の長い正解を探すのに苦労しましたが、桂歩を使い切って詰め上げた時には達成感が漂いました。

★苦労したが詰めれば爽快と言ってもらえれば作者も満足では?

有吉弘敏:発展性がありそうな良い素材ですね。

★もう少し複雑なプロットにすることも可能なのでしょうか。

奥鳥羽生:ぬらりくらりと粘る玉を金を翻弄しながら桂歩を捨てて馬で追いかける、不規則趣向手順。こういうのは、キーとなる一手がないところが良い。

★「キーとなる一手」は解答審査が目的の一つなのですが、流れを楽しむ作品では不要かもしれませんね。

鷲見慎吾:敵の金を翻弄しまくるのが楽しいです。

中出慶一:金を4回に渡って移動・翻弄するミニ趣向的手順が魅力。 

★桂と歩の打ち捨てで金を翻弄する楽しい作品。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上
スポンサーサイト
コメント

指定手

これは総評に書いたのですが、指定手解答だと全部の解答を書いた後に勘違いがないか確認するのが大変です。
一手だけなんで最初から間違えないように書けば良いだけですが、その1回も何手目なのか慎重に数えなくてはなりません。
問題なのはピントハズレの指定手です。
安田作は5手目の局面では31銀は絶対手です。
手順の流れから狙い手かも知れませんが、解答者の印象に残る手は8手目の32玉か11目の14桂です。
指定手解答は解答者が解いた時に自分だったら指定手はこの手かなってなっていると解答もスラスラ書けます。
スラスラ展は誤無解がないのが理想的でもあるので、主催者はそのような観点で指定手を設定して欲しいと思いました。

ストレスフリー

僕の評価の基準はA=傑作か好作克つ好きな作品。
B=好作。C=水準作です。
世間はA=良い、B=普通、C=悪いですね。
詰パラだと悪い作品を入選させるのはおかしいので悪い評価は不要でしょう。なんで皆な僕のような評価基準にしないのかいつも不思議に思っています。
それは別の話しとして、ここでの解答は悪いの評価も必要ですが、詰パラ基準で評価して解答しました。
ぬ作の僕の作品の評価はB=好作です。
しかし、Cで解答しました。
スラスラ展の良いところはストレスフリーなところです。
この作品は変化読みに非常にストレスがかかります。
作品は細かいアヤが良く出来た作品だと思います。
良いところがストレスフリーに相反する作品で、反スラスラ展作と思いCにしました。
主催者側はもっと作品の良さが生きる発表先を勧めて欲しいと思いました。
ただ、発表先の選択肢がないと言う大問題がありますが(涙)。

Re: ストレスフリー

三輪さんのご意見はごもっとも。
管理人の考えですが、誰がどういう評価を付けたかということは非公開にしています。
選題については創棋会例会で選考しました。
また折角「すらすら展」に投稿いただいたものを差し戻すのは気が引けるという考え方もあります。

Re: 指定手

指定手解答は全手順記載の手間を省くことと解答審査を簡略化することが目的でした。
ご指摘のような点が他の解答者からもあるようでしたら見直したいと思います。
なお指定手は作者に指定いただいているので、管理人が勝手に変更するわけにはいきません。
その点はご理解下さい。

Re: 指定手

私も指定手は、解答審査の急所の手にした方がよいと思いますし、その意味でも担当者が勝手に決める方が効率的ではないかと考えます。
作者コメントも載っていますし、指定手についてのこだわりは全くありません。

要望があれば

角さんありがとうございます。
作者の指定手のこだわりはある時はあるけどない方が多いと思います。
一応、希望は作者には書いてもらうが担当者が勝手に決める事にして、この手にしてもらいたい時は要望にして、その時は作者の指定手にする事にしておけば問題ないと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する