FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<6回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<6回目>

■パラ9月号創棋会作品展への解答お願いします!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題。
 組曲ですので詰上りが想像しやすい作品展です。
 解答は9月末消印有効。ふるってご解答下さい。

 また詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送っていただく「パスワードクイズ」も実施中。
 こちらの賞品にはレア品を用意しています。あわせてご解答をお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com

■「すらすら解ける20手台」part結果発表<6回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠
 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
  ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 それでは本日の結果発表です。

金少桂作 (10/7修正)

『予防接種』
07.png

【作意】
 62角、44歩合、18歩、27玉、28歩、37玉、38歩、47玉、
 48歩、57玉、93角生、66桂合、同角生、68玉、69歩、67玉、
 79桂、同香成、87龍、同金、68金まで21手詰

【正解】
 初手→62角
 手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.60、A:7、B:2、C:1、誤解:0、無解:3、無評価:0

【作者のことば】
 初手一発。打診中合を予防するための角限定打が狙いです。後に打診されうる地点に2枚目の角を予め利かせておくことで、打診合をされても2枚目の角で取って詰ませることができます。一発ネタですが新構想と言えると思います。

★金少桂さんも毎回「すらすら解ける20手台」に登場されています。
 管理人は投稿図を見て腰が引けたのですが、作者の解説を一読して「すらすら」だと認識した次第。
 まず持歩が沢山あるので18歩から読んでいきます。
 18歩、27玉、28歩、37玉、38歩、47玉、48歩、57玉、93角不成まで順調に進みます。
 68玉なら69歩、67玉、66角成まで。
 66桂と捨合するのは、同角成なら68玉で打歩詰ですが、同角不成が好手で、68玉、69歩、67玉、79桂、同香成、87龍、同金、68金で詰みます。
 どうやっても詰んでいるように思いますが、玉方には受けの妙手があります。
 84歩と中合するのです。

<失敗図:84歩合>
07_84歩

 同角成だと、66桂と捨合され、同馬、68玉で打歩詰。
 同角不成だと、68玉、69歩、67玉のとき、66角成とは出来ないので詰みません。
 84歩合が巧妙な打診中合で逃れるのです。

 そこでこの打診中合をあらかじめ防いでおこうというのが初手62角です。

<初手:62角>
07_62角

 失敗図で62に角があれば、84歩合は同角右不成と62の角で取ることができるというわけです。
 62角はまさに打診中合への「予防接種」でした。
 62角に27玉と逃げると一歩余って早く詰むので、合駒をします。
 26香合は18歩、27玉のとき26金と香を取り、37玉、38歩、47玉、48歩、57玉に、普通に93角成とすれば68玉に69香まで。
 価値の高い駒は渡せません。歩が受けに利く筋は4筋しかないので44歩と中合するのが最善となります。
 これを取ると84歩の打診中合で逃れるので、取らずに18歩から連打して57玉となったとき、93角不成とします。
 62角を打っていないと84歩の打診中合で逃れるのですが、今度は84歩を同角右不成と62の角で取れます。68玉と逃げた時、57角と捨てるのが角連結の効果。同歩成と取らせて、69歩と打てば、67玉に66角成までです。
 作意は93角不成に、66桂合と応じて、同角不成に68玉で延命を図りますが、69歩、67玉に79桂と捨て、同香成には87龍と切って金を入手。68金までとなります。


則内誠一郎:症状を確かめてから接種。

福原徹彦:初手でいきなり62角は見えない。84歩の打診中合で病気にかかってから62角の予防接種に気づきました。

★これ以上ないほどピッタリとしたタイトルでした。

山下誠:8四歩合を予防する初手6二角が地味な好手。1八歩からは一気呵成。

★62角は限定打なんですが、捨駒でもなく最遠打でもないので、そう言われれば地味かもしれませんね(笑)。
 18歩からはすらすらだったと思います。

himatsume:あまりスラスラとはいかないような。

★打診中合の逃れ筋に気がつけば、初手の発見は容易だったと思いますが、そうでもなかったですか?

三輪勝昭:普通に進めると93角生、84歩合で困るのは直ぐ分かる。その予防工作で62角は打ってみたくなる手で謎解きの面白さは皆無。
 それでどんな化学反応が起きるか考えるパズルにはなっていて、それが面白いと思う人はいるだろう(僕は全然面白くはないけど)。

★作意における84歩合の変化は、なかなか上手い処理方法だと思いました。

鷲見慎吾:2択問題が2つのイメージ。初手は53角か62角か、11手目は93角か84角か。

★初手53角では84歩合を取ることが出来ません。
 また11手目84角不成は気が早すぎて68玉で詰みません。

中出慶一:4筋での中合のあと、8筋での打診中合を拒否する構想もの、と思います。完成度は低い(??)ものの、新しい構想を実現しようという意欲を買うべきでしょう。 

★「粗削り」なのか「意欲的」なのか、評価は分かれそうなところですが、多くの方から好評をいただきました。

奥鳥羽生:角を持っていても役に立たないので、打診中合を取れる位置に置いておく。すごく面白い!別の場でスマートな形で発表してほしかった。

★「スマートな表現」が出来れば一段と評価は上がったことでしょう。

有吉弘敏:タイトルがぴったり。初めてみた狙いで面白かった。

★初物かどうか、不勉強の管理人には判断できないのですが、面白いのは間違いないです。

野々村禎彦:93角不成に84歩合の打診中合を予防するための初手62角。見事な構想作。

★新構想を本作品展に出題いただき感謝!
 2.60と高い評価を得ました。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
  https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
  投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する