FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<2回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<2回目>

■パラ9月号創棋会作品展への解答お願いします!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題。
 組曲ですので詰上りが想像しやすい作品展です。
 ふるってご解答下さい。
 また詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送っていただく「パスワードクイズ」も実施中。
 こちらの賞品にはレア品を用意しています。あわせてご解答をお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com


■「すらすら解ける20手台」part結果発表<2回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
   福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠

 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
   ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 今回は2作品の結果発表です。
 1作目は福原徹彦さんの作品。

②福原徹彦作
02.png

【作意】
  25香、24桂合、同香、32玉、22香成、同玉、13銀、23玉、
  24銀成、12玉、13成銀、同玉、25桂、12玉、23銀、同玉、
  33角成、12玉、24桂、21玉、13桂不成まで21手詰

【正解】
  7手目→13銀
  手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.27、A:4、B:6、C:1、誤解:0、無解:1、無評価:1 (9/27訂正)

作者のことば
 13銀~24銀成~13成銀をやりたくて作った作品です。上手い具合に序に24桂中合が入ってくれました。
 難しい変化・紛れもありませんし、13銀~25桂~33角成の流れも見えやすいと思います。
 また、21手詰ですので手数不足の誤解(例えば8手目同玉以下17手や2手目22桂合同香成以下19手)も起こりにくいと思います。
 狙いの一手は7手目13銀です。24桂中合を選んでもよかったのですが、本来のメインは13銀でしたし、33銀ではなく13銀というのが詰将棋的なので、そちらを「狙いの一手」とします。

★1作目は福原さんの作品。
 玉を22に呼んで33銀と打つような筋が見えています。
 銀を捨てるのは戦力不足なので香を打ちます。
 25香と打てば合駒です。
 まず22歩合から読んでいきましょう。
 これには同香成、同玉に13銀と捨てるのが好手で、同玉に25桂、12玉となったとき、13に歩を打てば詰みます。
 頭に利く駒はダメなようですから桂合しかありませんが、22桂合では12銀と捨てる手があり、同玉、23銀、13玉、22銀生、12玉、23香成として詰み。
 23に中合する手は、22銀と捨てて34桂があります。以下12玉なら21銀で詰みます。
 どうやら角筋を止めて24に桂中合が最善のようです。
 24同香、32玉に22香成と捨て、同玉と応じたときに狙いの一手が出ます。
 13銀と捨てるのです。

<7手目:13銀>
02_13銀

 33銀と打ちたくなりますが、11玉でも12玉でも詰みません。
 同玉は25桂と打って早いので、23玉とかわしますが、24銀成から13成銀と突っ込めば同玉と取るしかありません。
 これでようやく25桂が打て、12玉に23銀と捨てるのが決め手。
 同玉に33角成とすれば、12玉に24桂から13桂不成までの桂吊るしの詰みとなります。

福原徹彦:自作。桂中合が、単によろけて手数伸ばししているように見えてしまう(実際は そうではないが)のは気になるかもしれない。

★中合をしないと10手台で詰んでしまいますから、親切設計と言えそうです(笑)。

三輪勝昭: 13銀が見えずスラスラではなかった。初手は23香でも同じように見えるが12玉で詰まないのは不思議。序6手は僕は嫌い。

★23香では12玉で詰みません。中合で桂を一枚稼ぐのがポイントです。
 7手目は33銀と打ちたくなるところですね。

鷲見慎吾:初形が2手目24桂合と告げていますね。中合の練習問題として最適だと思いました。

★頭に利く駒は簡単。合駒問題としては易しいと思います。
 中合で延命を図るのも常套手段。
 中合の入門用には適していると思います。

山下誠:1三銀からの銀の捌きが手順に色を添えている。

★いったん23にかわして24銀成から13成銀と突っ込むのが味が良いと思います。

奥鳥羽生:銀を2枚とも拠点を避けて捨てるところに好感。

★15手目の23銀も好手で、13と打っては詰みません。

安田恒雄:中合で桂を得てすらすら度抜群。最後の桂生の解後感もスッキリ。

中出慶一:合駒の桂を使って、馬と2桂による気持ち良い詰上がりですが・・・。

則内誠一郎:桂にこだわる所が好き。

★桂を入手して桂で収束。なかなか気持ちの良い詰上り。

野々村禎彦:最初に中合を稼いでおくのがポイント。地味だがぴったり感のあるまとめ方。

★中合、銀捨て、最後は桂吊るしで着地もスッキリ。

RINTARO:正直、課題に不適だと思います。30分くらい考えました。紛れが多すぎるし、2手目の中合はスラスラの域を超えてます。

有吉弘敏:課題に忠実。すらすらいきました。

★評価が分かれましたが、すらすら解けた方の方が多かったようです。


続いて柳原裕司さんの作品。

③柳原裕司作
03.png

【作意】
  24桂、同飛、22と、同飛、43龍、21玉、33桂、11玉、
  23桂打、同飛、同桂不成、22玉、12飛、23玉、22飛成、同玉、
  21桂成、同玉、23龍、22歩、12歩成まで21手詰

【正解】
 15手目→22飛成
 手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.58、A:7、B:5、C:0、誤解:0、無解:0、無評価:1 (9/27訂正)

作者のことば
 狙いの1手 22飛成
 正真正銘のすらすらです。

★柳原さんと言えば「詰将棋ファン」が好評。2号発行が待たれます。
 さて本作、43龍、21玉となっては切れ筋。
 21のと金が生きているうちに技をかけたいところです。
 持駒に桂馬が三枚もあるので24桂と打ってみましょう。
 これは同飛と取る一手。
 そこで22と と引くのが3手一組の好手筋。
 同玉なら24龍と飛を取れます。
 22同飛となったところで、43龍と入り、21玉、33桂、11玉と追い、23桂打、同飛、同桂生と飛を奪えるのですが、22玉となった局面が悩ましい。
 21桂成と捌きたいのですが13玉とかわされます。
 12歩成から11飛も浮かびますが23玉で続きません。
 あきらめてしまいそうな局面ですが、素晴らしい手がありました。
 12飛、23玉に22飛成と捨てるのです。

<15手目→22飛成>
03_22飛成

 14玉は34龍があるので同玉と取りますが、今度は21桂成が決め手になりました。
 同玉に23龍と回れば詰み。
 23桂が邪魔になっていたので12飛から22飛と捨てて消去したわけです。
 飛車を手放すのは不利感があって、ちょっと気がつきにくい手です。
 22飛成はインパクトのある一手でした。

RINTARO:1時間は考えたと思います。12手目で諦めますよね。スラスラではないです。

★管理人も結構悩みました。22飛成が分かれば、他はすらすらなんですが。
 まさに一手のインパクト!

有吉弘敏:手の流れが綺麗。邪魔駒消去の飛捨てには驚いた。

himatsume:23桂の消去が中々見えず苦労した。

★この形から邪魔駒消去が出てくるのは意外性十分。

則内誠一郎:12飛は打ちにくい手。

★22飛成が見えないとちょっと打てない不利感のある一手。

安田恒雄:難しい手はないのだが、すらすらと解いていて楽しくなる作。詰め上がりも期待通りの清涼詰。

★「難しい手はない」とは恐れ入りました。でも解いて楽しくなるというのは「すらすら」の大事な要件です。

野々村禎彦:質駒化テクニックで巧く手を繋ぐ。コンパクトな清涼詰に着地して文句なし。

★清涼詰で着地というのも気持がいいですね。

福原徹彦:24同飛の途中下車が良い。12飛~22飛成と飛を活用した23桂消去が少々見えにくかった。

★24桂から22との序奏も気が利いています。

中出慶一:すらすらの中でも、巧妙な飛取りと英断の飛捨てで解決するのが、好作の条件になっています。 

★打ってすぐ捨てるのが爽快。

鷲見慎吾:相手の飛を召し捕るための誘導が面白い。

★22飛成が見えないと、23桂打と俗手の重ね打ちには抵抗があります。

山下誠:桂馬を巧みに使って飛車を入手し、気分よく詰め上げる。

★33桂も23桂も消えるのが抜群の味。

奥鳥羽生:邪魔駒消去の収束が面白い。それは前半からの流れがあるから。

★自然に手が進む前半があればこそ、22飛成が引き立つというのは同感です。

三輪勝昭:15手目の22飛捨てが絶妙。この手以外はスラスラ読めるて、これぞスラスラ展の見本作。

★22飛捨は妙手。この手は易しくありませんが、流れの良い序奏、気持ちの良い詰上りと実によくまとまっています、
 「すらすら」の一つのお手本を見せてくれた好局。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
    https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
    投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する