FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<1回目>

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ<1回目>

■パラ9月号創棋会作品展への解答お願いします!
 詰パラ9月号(21P)の創棋会作品展
 今回は合作による「あぶり出し」が課題。
 組曲ですので詰上りが想像しやすい作品展です。
 ふるってご解答下さい。

 また詰上り4文字(手順解答は不要)を下記に送っていただく「パスワードクイズ」も実施中。
 こちらの賞品にはレア品を用意しています。あわせてご解答をお願いします。
    blogsokikaitusin@gmail.com


■「すらすら解ける20手台」part結果発表<1回目>
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
    有吉弘敏、奥鳥羽生、則内誠一郎、鷲見慎吾、中出慶一、野々村禎彦、himasume、
    福原徹彦、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山下誠

 昨年より「すらすら度」は上がったと思いますが、23問と言う大量出題!
 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 PartⅠ・Ⅱ以上に、楽しんでいただける作品も多かったのではないかと思います。
   ※出題 →  http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

 それでは今日から出題順に結果発表を行ってまいります。

①大西 智之作
01.png

【作意】
  22歩、同玉、23金、同玉、34角、24玉、25金、13玉、
  14金、22玉、32馬、同玉、23金、41玉、42歩、同玉、
  43金、41玉、32金右、51玉、52金まで21手

【正解】
  9手目→14金
  手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:1.91、A:2、B:7、C:3、誤解:0、無解:1、無評価:1 (9/27訂正)

作者のことば
 「すらすら解ける」ことをとにかく重視しており、収束についても、通常ならばあまり使いたくないあっさりした形を敢えて採用しています。一方で作者のアイコンである「簡素図式」には拘りました。
 「すらすら解ける20手台の簡素図式」をコンセプトに制作。20手台の作品だけあって2手目△11玉の変化はそれなりに難しいですが、手数が進んだ局面は判り易く、解図意欲が湧く形にできているのではないかと思います。25に打ったばかりの金を、9手目▲1四金と捨て気味に滑りこませるのが気持ちの良い主眼の一手になります。
 以上、昨年にも記しましたが、長い詰将棋に対して忌避感を示される方も多い中、ストレスフリーの作品としてこれらを創作いたしました。

★トップバッターは昨年に続いて、大西さんの好形作。
 この形は22歩、23歩と連打したい形です。
 手をつけるところが見えているのは「すらすら」にとって大切な要素の一つではないでしょうか。
 22歩に11玉がちょっと考えさせられますが、12金と捨てて21角と打てば、13玉に14歩、同玉、32角成と質駒の金を取って詰みます。
 22同玉となったとき手拍子で23歩と打つと13玉とかわされて詰みません。
 23金と捨てるのが好手。
 同金には31角があるので23同玉と応じますが、34角と打てば何となく詰み形が見えてきました。
 22玉なら32馬と切って43金打から簡単な詰み。14玉も32馬で容易。
 いったん24玉と逃げるのが最善(13玉は2手早く詰みます)。
 そこで25金から14金と活用するのが好手筋。打った金を直ぐに捨てるのは気持ちがいいですね。

<9手目:14金>
01_14金

 14金は取れば32馬があるので、22玉と逃げますが、それでも32馬と切るのが決め手。
 32同玉に23金とすれば、41玉に42歩と叩いて43金と打てば、41玉にもう一度32金右と活用して収束です。

安田恒雄:1番にふさわしい簡素形。すらすらと気持ち良く解けたが、好手がもう1手欲しかった。

★トップバッターには好形を選びたかったので、2年連続で大西さんの簡素形を選ばせていただきました。

himatsume :3手目が指し辛かった

RINTARO :超美形からの美しい手順。序に変化あるため、スラスラとはいかない。3手目が打ちにくい。

★3手目23金が好手。直感は23歩なのでここで考えた人が多かったと思います。

福原徹彦:2手目11玉に12歩ばかり考えてしまい悩みましたが、作意はすらすらでした。

★2手目11玉の変化で12金と打つのも味が良いですね。

三輪勝昭:2手目11玉、12歩や3手目23歩を読んだのでスラスラ解けなかった。
 この形は大西智之作かな。

★簡素図式は大西さんのトレードマーク。
 全国大会でも3×3の作品が収められた名刺をいただきました。

有吉弘敏:難解なだけ。手順に主張が感じられない。

★序盤の変化が煩わしいと感じられたのでしょうか。後半にもう一手好手があると印象も変わるのでしょうが。

中出慶一:よくもこのような簡素形で中編が残っていたのが不思議ですが、手順が既成の積み重ねと見え、良くも悪くもそれだけとならざるをえない。

★収束の既成は作者も自認ですが、一手好手があればというのは同感です。

奥鳥羽生:変化を含め序に妙味あり、簡素形度満点。

★変化も含めた手順と形のバランス、多数の方に評価いただけたものと思います。

鷲見慎吾:玉型の金を取ることを見越した狙いの一手14金が気持ちいい。

★狙いの一手14金には好評が集中。

山下誠:2五金から1四に摺り込む感触がよく、うまく下段に落とせる。

★打った駒を捨てる手は好感度がアップします。

野々村禎彦:この初形からよく23金と14金が入った。収束流れすぎなのでAは無理だが。

★好形に23金から14金の好手が入ったことで好評を得ました。

則内誠一郎:広く愛されるタイプ。

★鑑賞用の一局という見方も出来そうです。

☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 
以上

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する