FC2ブログ

締切迫る!「すらすら解ける20手台」PartⅢ 解答締切は9月20日

<締切迫る!「すらすら解ける20手台」PartⅢ 解答締切は9月20日>
 すらすら解ける20手台」PartⅢの解答締切は9月20日(木です。
 少し涼しくなってきましたので、この週末に是非取り組んでいただきますよう、お願いします。

★☆★ネット作品展解答募集中★☆★
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅢ、おかげさまで23作と昨年を上回る多数の作品が揃いました。
 投稿下さった作家は次の23名の方々です。あらためて感謝申し上げます。
   有吉弘敏、大西智之、奥鳥羽生、北村憲一、金少桂、則内誠一郎、角建逸、鷲見慎吾、
   妻木貴雄、冨永晴彦、中出慶一、西村章、ぬ、野曽原直之、野々村禎彦、福原徹彦、
   藤原俊雅、三輪勝昭、RINTARO、安田恒雄、柳原裕司、山本勝士、吉松智明
     (敬称略、作品順ではありません)。

 例題紹介で取り上げたように、好形作、趣向作、謎解きを愉しむパズル的な作、あぶり出しなど、すらすら解けて、解けば爽快感を味わっていただける作品が揃っています。
 20手台の作品23作に全手順記載は大変かと思いますので、解答記載方法は簡単にしています。多くの皆さんからの解答をお待ちしています。1問でも解けた方、遠慮なさらずに解答をお願いします。
 解答者の中から若干名に呈賞(詰棋書)の予定です。

◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
解答締切:9/20(木
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、色々な角度からのコメントをお願いします。
  短評は原則としてすべて掲載させていただく予定です。
  長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★出題は → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
 図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
<図面>: http://firestorage.jp/download/39979ed94cac0c4128b2358d0307375f70155841
<解答用紙>: http://firestorage.jp/download/6e9c1762affe026fcb2b7024c941d719188d09a7
 *パスワードはいずれも「sura2018」です。

■最近読んだ本
 「棋士という生き方」(石田和雄、イースト新書、2018年5月)
 石田九段の人柄が伝わってくる内容。
 1970年の東海本部発足記念将棋まつりでの中原さんとの記念対局で劇的な逆転勝利を収めたくだりは、当時読み始めたばかりの近代将棋の記憶があります。
 また弟子思いの内容も随所にあって、とても暖かい気持ちになりました。

■創棋会の次回課題は「よくわかる作家の個性」
 12月号掲載作品展の課題は、「よくわかる作家の個性」。29手以内です。
 10月例会で選題します。
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

よくわかる作家の個性」。
 この「課題」わかっていただけますでしょうか?
 「○○流」と呼ばれて一世を風靡した作家を思い浮かべていただければ、何となくわかっていただけるのではないでしょうか。
 「○○流」と呼ばれなくても、図を見ただけで、あるいは作意を並べただけで、この人の作品だと分かる。そこには強烈に伝わってくる作家の個性が表れていると思います。
 作家の個性を感じさせられる作品を紹介させていただきます。


岡田 敏作 近代将棋1978年3月(「凌雲」第19番)
岡田敏凌雲

 岡田さんといえばあぶり出し。
 本作では何が出てくるのか楽しみです。
 初手47金がやってみたい手。同金は同馬があるし、65玉は57桂と活用できます。
 しかし67玉とされると、57金、68玉、88飛と引いたとき78香合の妙防があるのです。
 78香合をせずに59玉と逃げるのは77桂、69金合、同龍、同玉、36馬、同銀、68金打から詰むのですが、78香と捨合されると同龍 では59玉で詰まず、同飛では先の変化で36馬に78玉と飛を取られてしまうというわけです。
 そこで重いようですが初手は57金から入ります。
 55玉は45とを利かされるので65に逃げます。
 気持ち良く66歩と突き出し、同と と取らせて85龍とすれば74龍を防いで75金合の一手。
 これは同龍と切り同玉に74と と引き、65玉に75金と重く打つのが俗手の好手。
 55玉に45と と捨て、同玉に36銀と質駒の金を取ります。
 同銀に35金と捨てるのが好手。
 55玉なら46金から36馬があるので同香と応じるしかありませんが、34馬と大駒を働かせることができました。
 55玉でもう一押しというところですが、66金と と金を取ります。

<21手目:66金>
岡田敏凌雲66金

 同玉には34馬の力で67歩と打てるのが大きく、55玉に65金と捨て、同玉に57桂と跳ねるのがたまらない味の良さ。
 55玉に85飛と引いて合駒を請求します。
 頭に利く駒は56に打って一手詰みなので、75桂合が最善。
 同飛、同馬に47桂が決め手。
 同銀成に45馬まで見事「G」の字が浮かび上がりました。

<詰上り:「G」>
岡田敏凌雲「G」

【詰手順】57金、65玉、66歩、同と、85龍、75金合、同龍、同玉、
   74と、65玉、75金、55玉、45と、同玉、36銀、同銀、
   35金、同香、34馬、55玉、66金、同玉、67歩、55玉、
   65金、同玉、57桂、55玉、85飛、75桂合、同飛、同馬、
   47桂、同銀成、45馬まで35手詰

 本作は近代将棋入選100回記念作。『凌雲』の自作解説を引用させていただきます。
 「あぶり出し曲詰は楽しむものである。海図の過程で楽しみ、詰上り図を見て楽しむ。そのためには、手順が難解過ぎても本質に反するし、詰上り図に絶対性がなくては意味がない。この観点からして、本作は二枚の金の二段活用、二回に亘る限定合、詰上り 図の美しさ等、ほぼ理想に近いと思う。」
 先に岡田流の軽快作を紹介させていただきましたが
    → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-197.html
 この解説を読むと、岡田さんといえばやはり曲詰なんだと思いますね。


鳥越九郎作 詰パラ1962年8月(「あさぎり」第74番)
鳥越九郎あさぎり74

 もう一局あぶり出しを紹介します。
 初形だけ見ると曲詰のように見えませんが、果たして何がでてくるか。
 65に金の質駒があることに気づけば上部脱出は恐れる必要がなさそうですが、平凡な83銀では93玉、81香成、71飛、82銀打、84玉、73銀打、95玉とスルスル逃げられてしまいます。
 少し強引な感じがしますが、81馬、93玉、83角成、同玉、72馬と、72の飛車を奪います。
 84玉なら83飛、また4玉なら73飛でいずれも詰みますので、同玉が最善。
 こで71飛と捨てるのが好手です。

<7手目:71飛>
鳥越九郎あさぎり74_71飛

 71飛に83玉なら、84銀、95銀と連打し95同玉に65龍で金を入手し、75飛成とすれば詰みます。
 71同玉と取る島ありませんが、62銀と拠点を築きます。
 82玉には73銀打と攻め、92玉と寄って凌げば、93歩と叩いて同玉に84銀打。
 94玉と逃げれば95銀打と銀の連打。ここで銀の斜め一線が現れました。
 85玉のときに待望の65龍で金を入手。
 65同桂に86金と打ち、銀の階段を74玉、63玉と降りれば、75金から64金までの詰みです。もっと金追いを続けたいところでした。
 そして盤上には「イ」の字が浮かび上がりました。
 歩なし、成駒なしの詰上りというのも面白いです。
 盤の中央ではなく、やや田舎(作者は「郊外」と言ってます)ですが、曲詰らしくない初形からは意外性十分。

<詰上り:「イ」>
鳥越九郎あさぎり74「イ」


【詰手順】81馬、93玉、83角成、同玉、72馬、同玉、71飛、同玉、
   62銀、82玉、73銀打、92玉、93歩、同玉、84銀打、94玉、
   95銀打、85玉、65龍、同桂、86金、74玉、75金、63玉、64金まで25手詰

 鳥越九郎さんはユーモア作家として有名。
 入選90数回となったところで別のペンネームを用いて作品を発表され、とうとう同人作家にはなられませんでした。

 ここでPRです。
 曲詰を二局紹介させていただきましたが、9月号の創棋会作品展は「あぶり出し」です。
 そちらの解答もよろしくお願いします。
 パスワードクイズへの応募もあわせてよろしくお願いします。


中出慶一作 詰パラ1992年6月(「想春譜」第100番)
中出さん想春100

 三局目は中出さん。
 ユーモア作家の鳥越さんが登場したので、楽しい趣向作を数多く発表されている中出さんの作品も紹介したいと思います。
 85と35の銀が頑張っていますから玉の行動範囲はすごく狭いことが分かります。
 しかし手駒は桂3枚。玉方の守りは馬と沢山のと金。
 どうやって詰めるのでしょうか。
 まず77の銀を活用します。
 66銀左、同と、同飛、55玉となって56のと金を1枚はがしします。
 続いて56歩、同と、同飛と、57のと金をはがします。
 65玉となったとき瞬間的に打歩詰の局面になりますが、57桂が継続手段。

<9手目:57桂>
中出さん想春100_57桂

 同と と取らせて66飛と寄れば、55玉に56歩と打つことが出来ますから、同と、同飛と進んで57のと金をはがすことができました。
 65玉にはもう一度57桂と捨てれば同じ要領でもう一枚と金をはがすことができ、これで初形の56・57・58・47の4枚のと金が全部消えました。
 56同飛、65玉となったところで最後の桂馬を57桂と捨てれば、今度は同馬と取るしかありません。
 66歩から馬を奪って、55玉となったとき、56飛と寄っても今度は桂馬がありませんから、22角と打って局面の打開を図ります。

<31手目:22角>
中出さん想春100_22角

 44に合駒をする一手ですが、何が正解でしょうか?
 何を合しても、同銀、同香、56飛、65玉と進めます。
 頭に利く駒なら66から打って詰み。桂なら57から打てます。
 ということで44合は角が最善。
 角合でも同銀から56飛と追って65玉となったとき、今度は手に入れた角を92から打ちます
 左右からの遠角には妙味を感じますね。
 今度は8筋に歩が打てますから、83歩合とします。
 これは同角成と取って一歩補充します。
 83同香、66飛、55玉と進めて、56歩と打てるのが、92角の効果。
 56歩に46玉と逃げた時、13角成と金を取れるのが大きいのです。
 36玉、35馬、47玉と逃げますが、57馬と捨てるのが決め手です。
 57同玉に58金から大駒が消えてキレイな収束。
 左右の遠角は92から先に打つと83歩合で逃れ。当然ながら手順前後は効きません。

【詰手順】66銀左、同と、同飛、55玉、56歩、同と、同飛、65玉、
 57桂、同と寄、66飛、55玉、56歩、同と、同飛、65玉、
 57桂、同と、66飛、55玉、56歩、同と、同飛、65玉、
 57桂、同馬、66歩、同馬、同飛、55玉、22角、44角、
 同銀、同香、56飛、65玉、92角、83歩、同角成、同香、
 66飛、55玉、56歩、46玉、13角成、36玉、35馬、47玉、
 57馬、同玉、58金、46玉、55歩、同玉、56飛、65玉、
 66銀、56玉、57金まで59手詰


 中出さんは創棋会の大ベテラン。
 中出さんの作品は7月に一度紹介させていただきました。
  → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-198.html
 大駒の特徴を活かした手順に趣向を盛り込んだ構成は中出さんのお得意の領域です。
 本局でもと金剥がしの後、遠角2発が飛び出す収束は面目躍如の楽しめる一作です。


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年10月21日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
    https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「よくわかる作家の個性
    投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2018年12月16日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 多目的ルーム
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「未定」決定しましたら案内させていただきます。
*************************************************************** 


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する