次回課題「成生の態度保留や態度打診」(続々)

まず創棋会の2016年度例会開催予定です。
4月17日
6月19日
8月21日
10月16日
12月18日
開催日はいずれも日曜日です。偶数月の第3日曜日になります。
会場は関西将棋会館です。

それでは次回課題「成生の態度保留や態度打診」について、今回も例題として過去の名作を紹介します。
今回は少し短手数のもの。これまで紹介してきたものとは、表現の方法に違いがあります。

青木裕一作(解答選手権2015年チャンピオン戦③)
青木裕一17手

初手53角と打ちます。15玉なら14金、同桂、16歩、25玉、35角成まで。
35桂の捨合はどうでしょうか。同角成なら15玉で打歩詰。
しかし同角不成とする手が好手で、以下15玉、14金、同桂、16歩、25玉、17桂、同と、26歩、同桂、14角、34玉、44飛できれいに詰みます。
そこで玉方は、さらに工夫して44歩合と打診の妙手を放ちます。
同角成なら35桂合で打歩詰です。
同角不成では15玉とされ、後の35角成が出来ず詰みません。
成っても成らなくても詰まないとなると困りましたが、打開の一手が35角と打つ手です。

図~35角~
青木裕一35角

ずいぶん重い手のようですが、15玉に14金から15金と金を消し、24角と捨てると、収束が見えてきます。フィニッシュは歩頭への飛捨て、同歩に35角成まで。
打診中合を取らずに動かすという高度な狙いを実現した意欲作でした。

作意:53角、44歩合、35角、15玉、14金、25玉、15金、同玉、24角、同歩、16歩、25玉、26歩、同と、45飛、同歩、35角成まで17手詰

森長宏明作(詰パラ1985.12)
短編競作展で優勝を飾った作品。
森長氏の作品集『詰物語』にも収載されている。(第7番)
森長宏明11手

初手33飛と打ってみる。
49玉は38飛成で簡単。
28玉と逃げれば38飛不成の好手があり、17玉に29桂、同と、18歩、27玉、37馬まできれいに詰む。
しかし33飛には34歩合という打診中合の妙手がある。

図~34歩合~
森長宏明34歩合

同飛成とすれば、今度は28玉とされ38龍、17玉、29桂、同とで、今度こそ打歩詰となってしまう。
もちろん同飛不成は49玉で続かない。

正解は初手38飛と近打し、29玉に33飛不成とする。
図~33飛不成~
森長宏明33飛生

今度は47馬による王手なので、玉方は先ほどのように中合で飛の成生を打診することはできない。
たとえば38歩合とすると、38同飛成として19玉、18金、同玉、19歩以下同手数駒余り。
仕方なく28玉とすれば、38飛不成と出来るので、17玉、29桂、同と、18歩、27玉、37馬までの詰みとなる。
攻め方は、38飛から33飛不成とすることで、巧妙に飛の成生の選択を残す、言い換えれば態度を保留することに成功したわけです。

なんと解答者107名中53名が打診中合を見落とし9手の誤解に陥ったとのことです。

作意には33飛不成という態度保留の妙手があり、変化には打診中合で逃れる筋を用意するという、簡潔な構図で明快に構想を表現した短編の好作でした。

作意:38飛、29玉、33飛不成、28玉、38飛不成、17玉、29桂、同と、18歩、27玉、37馬まで11手詰

余談になりますが『詰物語』の巻末には“詰将棋半生紀”という自叙伝風の読み物が載っている。ここには森長さんのさまざまな想いや考え方が盛り込まれていて読ませる内容です。たとえば、作品のオリジナリティに対する強烈な想いにはグッと来るものがありますし、双玉と単玉の関係や、作品のキズについての考え方など、非常に参考になります。作品集としての構成も面白く、もちろん収録作品のレベルが高いからなのですが、20年前に発行された書籍とは思えないような一冊です。

***【解答選手権のお知らせ】****************************************
◆解答選手権チャンピオン戦 3月27日(日)
受付は 10時30分から11時。競技開始が11時10分。
【東京会場】機械振興会館 地下3階 研修-1室
東京都港区芝公園3-5-8
【大阪会場】大阪市立港区民センター
大阪市港区弁天2-1-5
※詳細は解答選手権速報ブログをご覧ください
http://blog.goo.ne.jp/shogi-problem
♪大阪会場の運営をお手伝いいただける方、募集中です。
連絡は次のアドレスまでお願いします。
⇒ tsume.31th.taikai@gmail.com

***【次回例会】*****************************************************
[日時]2016年4月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館
[課題] 「成生の態度保留や態度打診」(29手以内)
作品の投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
編集部に郵送いただいても結構です。
*********************************************************************
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する