FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「教材に使える10手台」PartⅡ<2回目>

■【結果発表】ネット作品展「教材に使える10手台」PartⅡ<2回目>
 創棋会のネット作品展「教材に使える10手台PartⅡ~実戦に役立つ詰将棋~」には、13名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、馬屋原剛、奥鳥羽生、金少桂、久保紀貴、則内誠一郎、占魚亭、
   竹中健一、中出慶一、福原徹彦、松尾裕、山路大輔、山本勝士

 多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 実戦に役立つ手筋満載の作品が揃っていたので、楽しんでいただけたのではないかと思います。

 それでは結果発表の2回目です。

② 西村 章作
②

【作意】24桂、13玉、22銀、同玉、33銀、同桂、11飛成、同玉、13香、21玉、12香成まで11手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
 平均点:2.09、A:1、B:10、C:0、
 誤解:0、無解:1、無評価:0

作者のことば
 初手手筋の24桂打ち。13玉の逃げには銀の連打で桂をつりあげ11飛成と切るのが実戦的な好手で狙いの一手。

★端正な実戦型。いかにも実戦に出てきそうな初形。
 実戦なら32飛成として22合に次の手を考えるということもありそうですが、平凡に22香合くらいで続きません。
 詰将棋ですから、13銀や24桂と捨てる手を考えたいところです。
 13銀は同桂なら21銀があり、同玉なら25桂があるのでいかにも本筋のようですが、25桂跳には24玉、25桂打には12玉で続きません。
 正解は24桂です。
 これは同歩なら32飛成として22合には23銀を見ていますから、13玉とかわす一手。
 25桂は24玉で逃れますから22銀と捨てます。
 今度24玉なら35や25から銀を打って詰みますから、22同玉と取ります。
 32飛成とやってしまうと13玉で銀一枚では続きません。
 33銀と捨てるのが巧い手です。
 13玉は25桂がピッタリなので33同桂ですが、そこで11飛成と香を取るのが好手順。
 同玉に13香と離して打てば21玉に12香成までの詰みとなります。

金少桂:一段目の飛で隅の香を取って玉を下段に落とす筋は実戦にも応用範囲が広い筋。
 玉を下段に落とせば奪った手駒の香が強力な武器となる。

★「玉を下段に落とせ」は実戦でも応用の利く手筋。

山路大輔:11飛成が実戦感ある一手でした。

★端の桂香を奪って寄せるのは実戦でもよく出てくる手です。

山本勝士:やや絶連の感あるも、香取る発想面白い

★33銀と捨てて11の香を取るのが逆モーションで、すぐには気づかないところです。

有吉弘敏:わかりやすいですが、役立つと思います。

★シンプルな表現。

竹中健一:これは覚えておきたい手筋ですね!

★「香を離して打つ」収束に持ち込む流れは覚えて損のない手順。

占魚亭:初手の歩頭桂が最後まで活きる手順。

★駒の打ち場所を作る桂捨てが離し香の拠点になりました。

馬屋原剛:初手の第一感は13銀だった。

★13銀の紛れがあるので、5手目の33銀が引き立ちます。

久保紀貴:33銀が打ちにくい。収束はあまり見たことがないような気がします。 

★最後のカナ駒ですから11飛成が見えないと指しにくいですね。

中出慶一:きれいな実戦型から飛を消す収束の運びを学びたいですね。

★駒取であっても大駒を捨てるのは気持ちが良いですね。

福原徹彦:手なりで解ける。よく見ると37桂も実戦的配置。

★詰上げれば流れるような軽快な手順。自然な棋形にも好感。

則内誠一郎:いかにも実戦。30秒将棋で読めますか?

★実戦なら一目では無理…

奥鳥羽生:二上達也作実戦型57角限定打を思い出させる初形。もちろん持駒も違い、こちらは銀捨てから飛を消してキレイに詰上げる。人生も実戦も最後はキレイにしたいもの。

★二上さんの作品は次図かと思います。

二上達也作 『将棋魔法陣』番外3番
二上_番外2

【作意】24桂、13玉、22銀、24玉、57角、15玉、35飛成、16玉、25龍、17玉、
  39角、28銀、同龍、16玉、17銀、15玉、26龍まで17手詰

 5手目57角が11手目39角を見た限定打。
 3手目22銀に同玉は32桂成、13玉、35角、24歩、25桂以下。
 また6手目46歩合は同角以下作意と同様に追って17玉に18歩で早い
 収束の乱れは作者自認で棋形を優先。


■創棋会の次回課題「ダブル不成」
 さて創棋会の次回課題は「ダブル不成」です。
 4月例会で選考の上、詰パラ6月号の作品展に掲載の予定です。
 「ダブル不成」の解釈は自由です。
 双方不成、二種不成、同一地点に不成二回、等々、多彩な表現が可能かと思います。
 創意あふれる作品をお寄せください。
 投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp


■創棋会の今後の予定
***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年4月15日(日)13時~
[場所]  関西将棋会館 4F 和室
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[会費]  千円(学生無料)
[課題] 「ダブル不成
   投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年6月17日(日)13時~
[場所] 大阪市立福島市民センター
   大阪市福島区吉野3‐17‐23
    地下鉄千日前線野田阪神駅、阪神電車野田駅、JR東西線海老江駅から徒歩5分。
    JR環状線野田駅から徒歩8分
      https://www.osakacommunity.jp/fukusima/
[会費] 無料
[課題] 今回は一般募集していません
***************************************************************

※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
blogsokikaitusin@gmail.com
以上

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する