第270回例会報告(2017年12月17日)

<第270回例会報告(2017年12月17日)>
 12月17日(日)の例会報告です。
 参加者の小池さんが「詰将棋の欠片」でも参加記を書かれていますので、あわせてご覧ください。

例会報告
<第270回創棋会例会>
 日時:12月17日(日)13:00~17:30
 場所:関西将棋会館 4F多目的ルーム
 参加者:上田吉一、岸本裕真、小池正浩、則内誠一郎、谷本治男、鳥本敦史、中出慶一、中村雅哉、中村宜幹、
      西村章、野曽原直之、服部友哉、南良文、柳原裕司、吉松智明(以上15名)

 小池さんと鳥本さんにはいつも遠方より参加いただきありがとうございます。また南さんが久方ぶりのご参加。
 初参加は服部さん。将棋の師匠である南さんと一緒に参加されました。

 今回の課題は「繰り返しを含む短編」ということで、投稿も二ケタと盛況。
 例会開始から1時間くらいは、皆さんまるで解答競争のように黙々と課題作に取り組まれました。易しく楽しい作品が多かったので、解いて納得の方が多かったことと思います。
 応募作は則内さんが大盤で解説されましたが、参加されている作者からのコメントもあり、盛り上がりました。
 選題は4作だけということでなかなか悩ましいことになりましたが、おおよその方向性が決まりました。掲載は来年の3月号。どうぞ楽しみにしてください。

 幹事の中出さんから今後の運営について話があり、今後創棋会の窓口を事務担当に一本化していきたいということで、その方向性について参加者から承認されました。

 参加者の近況報告では、新年会で宣言した今年の入選目標回数を達成したという方や、最近の自作発表について語られる方など、皆さん活躍されているのがよくわかりました。

 今後の予定については、以下のとおり連絡がありました。
   ・1月は昼間の例会を開催。終了後に恒例の新年会。
     課題はないので皆さんから話したいことがあればお願いしたい。
     たとえば「詰パラ○月号、私の一押し」とか「名作紹介」、「研究発表」など、なんでも結構です。
   ・2月例会の課題は、昨年に続いてネット作品展「教材に使える10手台」PartⅡを開催。
     今回のテーマは「実戦に役立つ」こととしたい。
     実戦型、囲い図式、格言の応用、実戦に応用できる手筋など、表現は自由です。
   ・4月例会の課題は「ダブル不成」(6月号作品展)。
     「ダブル」の解釈は自由です。双方不成、同じ駒を二度不成、同一地点に二種不成など色んな表現があると思います。

【例会風景】(氏名略)
例会風景1

例会風景2

<一人一言>
一人一言1

一人一言2

創棋会の今後の予定

***【次回例会】*************************************************
[日時] 2018年1月21日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] なし(皆さんの発表したいことがあればお願いします)
  ※終了後新年会開催!
    <日時>1月21日(日)18時~
    <場所>大和水産 福島店
       TEL:06-6458-8581
       大阪市福島区福島5-13-18 福島ビル 1F
         JR大阪環状線福島駅 徒歩1分
       参考URL https://r.gnavi.co.jp/496uttxr0000/
    <会費>3千円(学生・女性千円)
     ★参加いただける方は、予約の都合もあるので、下記宛ご一報いただければ幸いです。
        blogsokikaitusin@gmail.com

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年2月18日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[会費] 千円(学生無料)
[課題] ネット作品展「教材に使える10手台~実戦に役立つ詰将棋~」。
        投稿は→ blogsokikaitusin@gmail.com

***【その次の例会と課題】********************************************
[日時] 2017年4月15日(日)13時~
[場所] 未定(将棋会館または公共施設)
[会費] 未定
[課題] 「ダブル不成

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
    blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する