お知らせ(新年会・解答選手権)と次回課題

会合の案内やお知らせから。
☆創棋会の例会と新年会の案内
♪多数のご参加をお待ちしています♪
【例会】
<日時>1月31日(日)13時~
<場所> 関西将棋会館3Fミーティングルーム
4Fの和室ではありません。ご注意ください。<会費>千円(学生無料)
<課題>3月号掲載「持駒ホケキョ(桂香歩)の3種(29手以内)」
※投稿先 ⇒ sokipara@yahoo.co.jp
【恒例新年会】
<日時>1月31日(日)17時30分~
<場所>海鮮居酒屋「海心丸」JR福島駅前(詳細は後記のとおり)
<会費>3,000円(学生・女性は1,000円)

☆解答選手権
・チャンピオン戦 3月27日(日)
受付は 10時30分から11時。競技開始が11時10分。
※今年から受付を30分早めましたのでご注意ください。
【東京会場】未確定
【大阪会場】大阪市立港区民センター
※詳細は解答選手権速報ブログをご覧ください
http://blog.goo.ne.jp/shogi-problem
また作品は募集中です。1/25まで下記宛投稿下さい。
kaitousensyuken.yanagida@gmail.com


続いて、6月号の創棋会の作品展の課題です。
課題は「成生の態度保留や態度打診」(29手以内)です。
4月17日の例会で選考を行います。1月31日の例会では事前研究を行う予定です。

今回も例題を紹介します。

酒井克彦作(近代将棋1965年3月号)第55期塚田賞中編賞受賞作。
同氏の作品集「からくり箱」21番にも収録されています。

酒井克彦

入玉図ですが盤面7枚の好形です。
初手は16銀から入ります。同玉と取れば19飛がありますから28玉とかわします。
29金、17玉と追い戻して、37飛に㋑27歩合が飛車を近づける受けの好手です。
すぐに16玉としては27角と打たれて簡単に詰んでしまいます。
以下、同飛、16玉、17歩、27玉に63角と打ったとき、㋺54歩合が妙防。
酒井_54歩合

63角に、37玉と寄るのは36角成の1手詰。17玉とかわしても18金、16玉に27角不成の好手があって簡単に詰む。
酒井_変化図27角生

63角のままだと攻め方は玉の逃げ場所によって成と不成の選択が可能になるので、玉方は54歩合によって角の成・不成の態度を打診し、同角不成なら37に寄り、同角成なら17玉とかわして逃れようというわけです。

54歩合に同角不成は37玉でどうにもならないので同角成と応じるしかない。
17玉に18金では打歩詰になるので26銀と軽く捨てる手が打開の好手。以下、36馬と引きつけ、最後は馬も切ってきれいな詰め上がりとなる。
収束㋩15玉のところ、同玉は18金以下の変化同手数となるのが残念。
今から50年前にこういう素晴らしい作品が創作されていたというのがすごいですね。

作意:16銀、28玉、29金、17玉、37飛、㋑27歩合、同飛、16玉、17歩、27玉、63角、㋺54歩合、同角成、17玉、26銀、同玉、36馬、15玉、16歩、同玉、17歩、㋩15玉、14馬、同玉、24金、15玉、25金まで27手詰

好作のご投稿をお待ちしています。
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する