FC2ブログ

【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ<総評>

【結果発表】<総評>
   ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ


 今年も創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」を開催することができました。
 投稿いただいた作家の皆さま、暑いなか解答に取り組んでいただいた皆さまに、あらためて感謝申し上げます。

   ※出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

 投稿いただいた作家の皆様は次の19名の方々です。ありがとうございました。
 (敬称略、複数作投稿された方は投稿数を記載させていただきました)。
   有吉弘敏、大西智之、奥鳥羽生、Kisy②、金少桂、柴田昭彦、高縄山ろく、鳥本敦史、
   中出慶一②、中村雅哉、野曽原直之、nono_y②、 福原徹彦、三輪勝昭、宗時宏、
   安田恒雄、山路大輔、山本勝士、吉松智明

 今年あらたに投稿いただいたのは次の8名の方々。作品展を盛り上げていただき感謝申し上げます。
   有吉弘敏、大西智之、Kisy、高縄山ろく、鳥本敦史、福原徹彦、宗時宏、山路大輔

 また解答は次の15名の方から頂戴しました(敬称略)。22問と言う大量出題にもかかわらず、解答に取り組んでいただきありがとうございました。
   有吉弘敏、大西智之、奥鳥羽生、kisy、金少桂、小池正浩、則内誠一郎、竹中健一、
   占魚亭、中出慶一、中村雅哉、福原徹彦、三輪勝昭、安田恒雄、山下誠

 解答の新顔は次の6名の方々。新たな切り口でコメントをいただき感謝申し上げます。
   大西智之、kisy、竹中健一、占魚亭、福原徹彦、安田恒雄

 全作品の結果発表を終え、解答者の短評もすべて掲載させていただきました。拙文にお付き合いいただきありがとうございました。また短評を通して、多様な詰棋観と出会えたことには感謝の気持ちで一杯です。

 コンクールではないのですが、評点の高かった作品は以下のとおりです。
  ⑬山路大輔作(2.86)、⑯奥鳥羽生作・㉑高縄山ろく作・㉒中出慶一作(2.83)、⑤有吉弘敏作(2.80)。
 Aが最多は⑬山路大輔(12)、その次が㉑高縄山ろく作(11)。
 C評価ゼロは昨年の4作に対して10作もありました。
 全作品の平均点は2.37と昨年(2.15)を上回りました。

 このように素晴らしい作品が揃い、十分に楽しんでいただけたのではないかと思う一方で、多くの方から「すらすら解けない!」というお叱りを受ける問題があったことについては色々と考えさせられました。解説で「難解作でした」と書き出してしまった作もあり汗顔の至りです。
 次回開催の際には、作品展の主旨に合わない作品はご遠慮いただくということも視野に入れ、募集の際にどのような作品が望ましいかということをキチンとお示ししたいと考えています。

【総評】
小池正浩
 この作品展のために作られた作品もあれば、他には出せないので投稿という作品もあったことと思います。
 本企画が、「易しい中編」の発表場所として、意義のあるものであったと思うとの感想は、昨年と変わりません。
 もっとも、今回の作品が「すらすら」かどうかの判断は、諸氏の感想を待ちたいと思いますが…。
 解説を読んで、鑑賞するとともに、勉強したいと思います。

★小池さんには企画を好意的受け止めていただき、感謝申し上げます。引き続き応援をお願いします。

大西 智之
 解図できたものについて連絡させていただきます。個別の問題に対する講評・コメントは差し控えさせて頂きますが、これらの問題は他に比べ、今回の作品展の趣旨により合致していると感じました。評価は、すらすら解けることを主な評価ポイントにしておりますが、変同等の作品のキズがないことも重視しています。

★解けたものだけ送っていただけるというのは大変ありがたいことです。
 作品へのコメントは作家の気づきにつながるものですので、次回からは是非とも率直なご感想をお聞かせください。

中出慶一
 評価・短評方針は、今回の課題・テーマ「すらすら解ける20手台」の趣旨から、
  1) やさしく、楽しくすらすら解けること。
  2) すがすがしい解後感や好ましい印象が残ること。
  3) 単なる手筋物でなく、新手・狙い・構想・趣向を内蔵していること。
 以上3条件が備えているのがベストと思い、その観点から鑑賞して評価しています。
 ベスト5を選定してみました。
 テーマの趣旨から、ベスト5(順位不同)は、5番、7番、16番、21番、22番 を推します。
   (自作22番を入れて失礼ですが、今回の趣旨には適合していると考えますので。)
 テーマの趣旨と関係なく作品内容として、上記に追加して、4番、20番、もベストとして選定します。

★方針1~3は異存ありません。ただ1と2は主観によるところが大きく、少しでも多くの方に納得いただけるような条件整備が必要かと考えているところです。
 ベスト5ですが、16、21、22は同率2位、5は5位、7は9位。多くの方から好評を得た作品ばかりです。

有吉弘敏
 すらすらのつもりで取り組んだせいもありますが、約半数はすらすらいきませんでした。

★易しいと思ったらそうでもなかった、というのは逆なら拍子抜けですが、暑い中、汗をかいていただくことになり失礼しました。

占魚亭
 すらすら解けるものは殆ど無かった気がします。

★「すらすら解ける」ということの基準を考えさせられるご意見です。

中村雅哉
 解答した作品以外はどれも課題「すらすら解ける」に全くマッチしておらず残念です。その中には自作も含まれており、反省しています。

★中村さんには次回、作品展の主旨に適った作品の投稿をお願いします。

竹中健一
 すらすら解けると聞いて解図に取り掛かったんですが、結構難しい問題がありました。
 テーマ(すらすら解ける)に合うものを高めに評価しました。

★竹中さんと同じ観点で評価された方が多かったと思います。
 「すらすら解けない」作品は軒並み低評価でした。

三輪勝昭
 前回はスラスラとは真逆の作品があったが、今回は⑲と⑳は採用してはダメ。
 採用する方も採用する方だが、投稿する作家にも問題あり。

★作家が主観で「すらすら」と判断されたものを担当者の一存で没にするのは忍びなかったというのが言い訳ですが、結果として低評価になった作品については、発表場所を再考するように促すのが選題側のあるべき姿だったと反省しています。

福原徹彦
 「すらすら」ですが、レベルは高かったです。合駒のある作も多かったです(数えてみたら13作でした)。
 評価点は作品展の主旨通りすらすら解けるかどうかを基準にしました。特にすらすら度が高かったのは、1,13,16,21,22です。
 軽趣向とこの作品展は相性が良いのかな、と思います。
 今回はこのような作品発表の場を設けてくださり、ありがとうございました。

★13は第一位、16、21、22は同率2位でした。1も8位ですから、皆さんの感覚はおおむね一致。

kisy
 創棋会で半分くらい解答を聞いてしまったので聞いてしまったぶんについてはほとんど手順を忘れてから解き直しました。
 解くのにかなり苦戦した作品もありましたが、普段は挑戦しない20手台を解く良い機会になりました。
 今回は参加させていただきありがとうございました。また次回があることを楽しみにしています!

★真摯に解答に取り組んでいただきありがとうございました。また例会にも顔を出してくださいね。

山下誠
 バラエティに富んだ個性ある作品を十分に楽しみました。すらすら解けず、何度か一旦停車しましたが。

★爽快なスピードと景色を楽しみつつ渋滞のないドライブのような作品展にしたいと思います。

☆解答募集の際、「解答者の中から若干名に呈賞の予定」としていました。
 抽選の結果、有吉弘敏さんと山下誠さんのお二人に詰棋書を贈呈させていただくこととしました。
 お二人にはあらためて連絡させていただきます。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
    https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」。
      遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内
         投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
         編集部に郵送いただいても結構です。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年12月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 3月号掲載作品展「繰り返しを含む短編

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
     blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する