【結果発表】ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ<10回目>

【結果発表】<10回目>
   ネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡ


 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」には、15名の方から解答をいただきました。
 解答いただいたのは次の方々です(敬称略)。皆様ありがとうございました。
   有吉弘敏、大西智之、奥鳥羽生、kisy、金少桂、小池正浩、則内誠一郎、竹中健一、
   占魚亭、中出慶一、中村雅哉、福原徹彦、三輪勝昭、安田恒雄、山下誠

 22問と言う大量出題にもかかわらず、多数の方に解答に取り組んでいただきましたこと、あらためて感謝申し上げます。
 「すらすら解けない!」というお叱りを受ける問題もあったようですが、楽しんでいただける作品も 多かったのではないかと思います。
   ※出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-126.html

それでは結果発表の第10回、kisyさん二作目の登場です。

⑭ kisy作
すらすら_14


【作意】
  33金、53玉、64角、54玉、65馬、45玉、55馬、36玉、37馬、45玉、
  46馬、44玉、55馬、35玉、25金、36玉、37馬、45玉、46馬、54玉、
  55馬まで21手詰

【正解】
  4手目→64角
  手数→21手

【評点】(Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて集計)
  平均点:2.38、A:5、B:8、C:0、誤解:0、無解:2、無評価:0

【作者のことば】
 頭4手は20手台にするための逆算です。
 64角を打つことができればあとはスラスラだと思います。


★kisyさんの二作目です。
 守備は銀一枚ですが攻め駒も離れているので、詰み形がすぐには見えてきません。
 53飛を取られては詰まないと31角とすてるのはアッサリ同玉とされて続きません。
 33飛成も51玉でまったくダメです。
 ここは発想の転換が必要で53飛を取らせて38馬を活用するのが正解。
 それが33金から64角の好手順。
 33金は飛車が取られるという不利感があり、64角も同玉に65馬から43金の詰みが見えないと指しにくい手です。
 頭4手は逆算ということですが、うまいイントロが入ったものですね。
 64角は取れませんが、52玉には16馬がある(これも気持ちの良い変化!)ので、38馬の勢力圏に入るようですが54玉とするしかありません。
 ここから楽しい馬追いが始まります。65馬→55馬→37馬。ここで45玉と逃げるのが延命策ですが、46馬→55馬と追います。35玉となったところで25金と寄って包囲網を狭めます。36玉には、37馬→46馬→55馬と一歩ずつ追い上げて詰みとなります。
 軌跡は短いのですが、二往復の馬追いを楽しまれた方が多かったと思います。


Kisy:本当は23金配置ではなく45桂にしたかったのですが、余詰がうまく消せず断念しました。悔しいです。

★この図でも33金には結構不利感があったと思います。

福原徹彦:初手が難しかったですが、それ以降はすらすらでした。

★38馬が動き出せばすらすら進みます。

有吉弘敏:10手目のよろける部分がポイントで手数がのびますね。

★10手目35玉では25金と寄られて早く詰みます。45玉とされるともう一往復というのがポイントでした。

則内誠一郎:暗算で解くと途中やや戸惑う。

★意外とのらりくらりの玉でした。

奥鳥羽生:馬のエスカレーター。25に金を据えて落着。玉がなかなか35に逃げてくれずスラスラ度75点。

★玉の逃走経路は、54→45→36→45→44→35→36→45→54。35に逃げてもらって一件落着です。

金少桂:飛車を見切る初手が指せればあとは楽しい馬のエスカレーター。すらすら度75点。

★お二人のすらすら度評価は75点で一致しました。

三輪勝昭:中々面白い。もう少し工夫出来そうではある。

★折り返しの工夫次第で膨らませることができるかもしれませんね。

竹中健一:3手目まで進めばすらすらですね。最後23手にしそうになりました。。。

★44玉、34金、54玉、55馬でしょうか?44玉でも55馬までですね。手の流れからそういきたいところでもあります。

山下誠:馬を移動しているうちに、気が付いたら詰んでいた。

★渋滞無し。

中出慶一:やさしい手順で馬追いを実現しているのは良いが、捨て駒が少ないのが難点でしょうか。

★捨駒は64角だけですが、流れを楽しんでいただければと思います。

占魚亭:角馬連結。早々に飛車を取らせる展開になるとは思いませんでした。

★アッサリしたまとめ方に好感が持てます。

中村雅哉:手段が少なく考えやすい。必死に逃げ回る玉がユーモラス。

★応手はすべて玉。逃げ回る姿と見れば、確かにユーモラスですね。


☆結果発表へのご意見や感想などがあれば、下記宛にご一報ください。
 随時紹介させていただきますので、よろしくお願いします。
   blogsokikaitusin@gmail.com

***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」。
      遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内
         投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
         編集部に郵送いただいても結構です。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2017年12月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 3月号掲載作品展「繰り返しを含む短編

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
   blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する