FC2ブログ

締切迫る!9月20日です!「すらすら解ける20手台」PartⅡの解答締切日

締切迫る!9月20日です! 
 「すらすら解ける20手台」PartⅡの解答締切日

■「すらすら解ける20手台」PartⅡ出題中
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡを出題中です。
  (→ http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-126.html 
 解答締切は9月20日(水です。

 一目で筋の見える作品、思わず解いてみようという作品、形は悪いが手をつけてみると一気に最後まで進む作品、解けたとき流れの気持ち良さに心和む作品、一手の妙手に納得する作品、等々、解いていただければ納得いただける作品が揃っています。
 昨年を超える解答数を期待しているのですが、今のところ一桁。このままでは結果発表も盛り上がりません。
 一題でも解ければどうぞ解答を送ってください
 解答者の中から若干名に呈賞させていただきます。

◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
◇解答締切:9/20(水
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
   ※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
   ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、色々な角度からのコメントをお願いします。
    長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
図面: http://firestorage.jp/download/ae0611a8ec56f9e065e06a19d8dcf4deacfaed58
解答用紙: http://firestorage.jp/download/71b0cd628d38a3d263d8ddc477c82c4c8abc8745
パスワードはいずれも「sura2017」です。

*昨年の「すらすら解ける20手台」は以下を参照ください。
  8.24出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
  9.22(結果稿第一回) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
  10.13(まとめ) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-67.html


■創棋会45周年記念作品
 45周年記念の会合の様子については、先日例会報告をさせていただきました。
  (→ http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-127.html 

 記念作品が多数集まりましたので、何回かに分けて紹介させていただきます。
 解答募集という形はとりませんが、作品への感想などございましたら、コメントをお願いします。
 今回は前回紹介した二作の作意手順を発表します。

中出慶一作 「還元玉45」(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会)
45の還元玉

 初手は俗手ですが56金と と金を取ります。
 同玉なら74馬があります。以下45玉には46歩から35銀として19の飛車を活用して詰みます。
 同香には63馬とします。54歩合も同馬と切ってします。
 もったいないようですが、ここで一歩稼いでおかないと駒が足りなくなります。
 54同玉には87馬ともう一枚の馬を活用。
 45玉に46歩と叩き、同玉と取らせて37銀と引きます。
 35玉には36銀、34玉、33と、同玉、32馬、同玉、12飛成として詰みます。
 そこで47玉と打歩詰で逃れようとします。
 攻方は69馬から49飛の連続大駒捨てで打歩詰を打開しようとします。
 これには玉方も69同飛不成、49同飛不成と、連続不成の妙手で応じます。
 48歩と打って銀歩送りの筋に入りました。それでも玉方は48、47、46と三連続の飛不成
 飛不成の意味は34銀、54玉となったところでわかります。ここで打歩詰に持ち込もうということだったのです。
 攻方もここで53と としてようやく45歩と打つことが出来ました。
 以下は奪った飛車で止めを刺します。
 詰み上がりは45と還元玉になりました。
 手順は軽やか、大駒捨てや玉方飛の連続不成もあり、楽しめる作品でした。

【作意】56金、同香、63馬、54歩、同馬、同玉、87馬、45玉、46歩、同玉、
  37銀、47玉、69馬同飛不成49飛同飛不成、48歩、同飛不成、36銀、46玉、
  47歩、同飛不成、35銀、45玉、46歩、同飛不成、34銀、54玉、53と、44玉、
  45歩、同飛、同銀、同玉、35飛、44玉、54と、同玉、55飛、44玉、53飛成、
  45玉、55龍まで43手詰


中村雅哉作 推理将棋「45」(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会)
 創棋会45周年記念例会での席上対局はわずか10手で先手が詰まされたそうです。
 先手は45周年に思い入れがあったせいか45の地点に2回着手したそうです。
 さてどんな将棋だったのでしょうか?


【解答】36歩、34歩、37桂、33桂、45桂、同桂、46歩、57桂成、45歩、47桂まで10手。
<10手目:47桂まで>
推理将棋45

 10手で先手が詰む形にはどういうものがあるか?
 しかも45地点が争点になるということは角を活用するのは難しそうです。
 42飛から48飛不成という筋がありそうですね。
 たとえば46歩、42飛、45歩、44歩、同歩、同飛、48飛とやると10手で詰む形は出来るのですが、先手が45に二回着手というのは無理です。
 49金を取らせる手などもあるのですが「先手が45に二回着手」がクリアできません。
 もう一つ有力な筋があります。
 初心のときに好きだった手筋です。
 57に成り駒をつくって桂馬の吊るし詰を狙うのです。
 後手の桂馬は3回で57までジャンプできます。
 もう一枚の桂は29にあります。
 これをどうやって自爆させるかと考えれば、45桂と跳ねて後手にタダで取らせる手はすぐに浮かぶと思います。
 最後に時間差のような45歩突きが入って「先手が45に二回着手」もクリアです。
 やさしい推理将棋で記念作にうってつけの一題でした。

 記念作品の続編については、次回以降に引き続き紹介させていただきます。


■創棋会の次回課題
 創棋会の次回例会は10月15日です。
 課題は「遠打や遠開き、3回以上」です。遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内。
 例会で選題のうえ、12月号作品展に掲載されます。
 投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

 さて課題作の例題紹介ですが、「遠打や遠開き、3回以上」を実現したものはほとんど紹介できていません。7月29日に紹介した長谷さんの作品くらいです。
  (→ http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-123.html 

 それだけ難度の高いテーマではないかと思います。
 単発の遠打や開き王手を紹介してきたのは、「3回以上」の組み合わせのパーツとしては意味があると考えてのことですが、今回は課題に少しでも近いものを紹介したいということで「限定打の連打」を三作紹介します。連打は課題を表現する一つの方法かと思います。


秋元龍司作(近代将棋1976年9月、『現代詰将棋短編名作選』第5番)
秋元龍司作197609

 持駒香四枚といえばすぐに思い浮かんだのが本作でした。
 まずは作意を鑑賞しましょう。
 95香、84香、76香、67香と香を連打します。

<7手目:67香>
秋元龍司作67香

 67香を取らなければ(たとえば54合など)36馬までですから、67同角成と取りますが96馬までの詰みとなります。
 この詰上りの局面を見れば、一つひとつの香の打ち場所がすべて限定されていることがおわかりいただけるでしょう。
 初手94から打つと3手目84香に94玉とされてしまいます。
 また初手95香に94桂の捨合は同香、83玉、85香、73玉、74香、63玉、55桂まで9手駒余り。
 3手目86香とすると85歩合とされて最終手の96馬が出来ません。
 5手目の76香も67馬の利きを止めています。他の場所では最終手に67馬の利きで85歩合とされると詰みません。
 7手目67香もそれ以外の場所では54歩合とされ、36馬には45歩合で78角の利きがあって詰みません。
 本当にうまくできていますね。
 『現代詰将棋短編名作選』では有吉弘敏さんが「論理性と美を兼ね備えた逸品」と称賛されていますが同感です。

【作意】95香、83玉、84香、73玉、76香、63玉、67香、同角成、96馬まで9手詰


須藤大輔作(詰パラホームページ2008年8月、『撫子』第57番)
須藤大輔作200808

 本作も四香連打です。今度は7筋への連打。
 73を塞いで52銀不成から81飛成とする筋が有力ですが、いきなり73香では82玉とされ、72銀成~81飛成は83玉から74玉と大海に脱出されます。
 75や74に香を打っても73歩と中合されると、52銀不成に72玉と立たれて続きません。
 初手は76香が正解です。

<初手:76香>
須藤大輔作76香

 76香でも73歩合とされると同じように見えますが、ここで26角と飛び出す手があります。以下、82玉、72銀成、同玉(83玉は81飛成)、62角成で詰みです。
 76香の効果で86飛の横利きがなくなったので26角が可能になったのです。
 となれば76香は取る一手。
 続いて75香と第二弾の限定打。
 単に82玉だと72銀成、83玉、81飛成です。74から香を打つと、このとき74玉と脱出されます。
 また73合なら52銀不成です。今度は玉方86飛が76に移動したので、72玉には81飛成の詰みがあります。
 ちょっとひねって74合としても73香と打てば、74が埋まっているので、82玉、72銀成、83玉、81飛成の詰みです。
 やむを得ない75同飛に74香と追撃です。
 73合は52銀不成、また82玉は72銀成があります。
 これも74同飛と応じるしかなく、最後の決め手が73香です。
 同飛と取らせて、ようやく73地点が塞がり、52銀不成で収束です。
 本作は週刊将棋の「新詰将棋探検隊が行く」でも取り上げられた四香連打の好作です。

【作意】76香、同飛、75香、同飛、74香、同飛、73香、同飛、52銀不成、72玉、
   81飛成まで11手詰


山中龍雄作(近代将棋1966年3月、塚田賞、『古今中編詰将棋名作選Ⅰ』第106番)
山中龍雄196603

 最後は中編作。
 清潔な初形から趣向的な手順が展開されます。
 「香は下段に打て」と言いますが、73角が良く利いていますから18香とします。
 22玉の変化がかなり難しいのですが、32歩成、同玉、36香、33歩、同香成、同玉、35香、43玉、44香、53玉、65桂、52玉、53歩、62玉、73桂成、同玉、82角として詰みます。
 23玉と寄れば27香。以下36香、45香と最遠地点から香の連打です。

<7手目:45香>
山中龍雄45香

 53玉に対して65桂と跳ねれば52玉と落ちるしかなく、寄せが見えてきた感じです。
 なお香の連打に対して歩の中合をすると、52玉の局面で53歩と打って早く詰みます。
 52玉には54飛と回ります。
 63玉と上がって角を犠牲に何とか逃げようとしますが、攻め方も飛を見捨てて二枚角で迫ります。
 二枚の角を成って64馬と寄ればキレイな収束が待っています。

<17手目:64馬寄>
山中龍雄64馬

 45から18まで香の階段を下りるようにして詰みます。

【作意】18香、23玉、27香、33玉、36香、43玉、45香、53玉、65桂、52玉、
   54飛、63玉、73角成、54玉、63角、65玉、74角成、54玉、64馬寄、45玉、
   55馬、36玉、46馬、27玉、37馬、18玉、28馬まで27手詰


***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」。
遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内
投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
      編集部に郵送いただいても結構です。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2016年12月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 3月号掲載作品展「繰り返しを含む短編

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する