詰パラ9月号到着

<詰パラ9月号到着>

■「すらすら解ける20手台」PartⅡ出題中
 創棋会のネット作品展「すらすら解ける20手台」PartⅡを出題中です。
 (→ http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-126.html )

 今回の作品展に投稿いただいたのは次の方々です。
  有吉弘敏、大西智之、奥鳥羽生、Kisy、金少桂、柴田昭彦、高縄山ろく、鳥本敦史、
  中出慶一、中村雅哉、野曽原直之、nono_y、 福原徹彦、三輪勝昭、宗時宏、安田恒雄、
  山路大輔、山本勝士、吉松智明
    (敬称略、作品順ではありません、複数作投稿された方もいらっしゃいます)
 ベテランから新人まで、看寿賞作家や同人作家もいるという、豪華な顔ぶれです。
 解答者の中から若干名に呈賞させていただきます。
 一題でも「すらすら」解ければ解答を送ってください。

◇解答送り先: blogsokikaitusin@gmail.com
◇解答締切:9/20(火)
◇解答要領:
・「キーとなる一手」と「手数」を記入してください。(もちろん全手順記入もOKです)
※キーとなる一手は問題ごとに設定しています。
・評価:ABC評価をお願いします。
  ※Aは3点、Bは2点、Cは1点とし、誤無解を除いて、集計いたします。
・短評:「すらすら度」「好感度」「表現力」「技術力」等々、色々な角度からのコメントをお願いします。長くても結構ですので、たくさんの短評をお願いします。

★図面と解答用紙は次のサイトから取り出すことができます。
図面:http://firestorage.jp/download/ae0611a8ec56f9e065e06a19d8dcf4deacfaed58
解答用紙:http://firestorage.jp/download/71b0cd628d38a3d263d8ddc477c82c4c8abc8745
パスワードはいずれも「sura2017」です。

*昨年の「すらすら解ける20手台」は以下を参照ください。
  8.24出題 → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
  9.22(結果稿第一回) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-48.html
  10.13(まとめ) → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-67.html


■詰パラ9月号が到着
・表紙は妻木さん。過去二回、ヤン詰の課題応募作が表紙にまわったとのこと。
 難易度というのは作者には測りがたいということですね。本作はどうでしょうか。
・詰棋校(12P~)。
小学校:「良い作品を鑑賞すると創作意欲が湧いてくる」というのはまさにその通り。
 ただ私の場合は意欲が湧いても、作品につながらない(汗)。
中学校:初入選の方はペンネームですか?
高校:今なら集客効果抜群。百貨店の将棋まつり復活を期待!
短大:15番は解いてみようという気にさせますね(笑)。フェアリーの「受先」みたいなもの。
大学:スイッチバックやバッテリーなどが一般化するには時間がかかったと思います。
 積極的に使うとともに面白いものができることが普及につながるのではないでしょうか。
大学院:吉田さんは指棋強豪でもあったのですね。アマ名人戦には注目しています。
 ロマンを失わずにこれからも楽しい作品を見せてください。
・全詰連の頁(23P~)。
 「看寿賞作品賞」が紹介されました。前回刊行分も加えられ600頁を超える仕上がりになったとのこと。
 まさに「大著」です。詰将棋愛好家は是非とも一冊をお手元に。
・全国大会レポート(20P~)。
 大会が終わって一ヶ月余り。レポートを読んで、大会のことがつい昨日のように思い出されました。
 裏話的なことも書かれていて、あらためてスタッフのご苦労がしのばれます。本当にお疲れ様でした。
 すでに来年の大会開催に向けた準備も始まっているとのこと。今から楽しみです。
創棋会作品展(37P~)
 今回の課題は「持駒込みの七対子図式」。バラエティに富んだ作品群です。一題でも解けたら解答をお願いします。

・持駒のある風景(40P~)
 こちらも全国大会関連の話題。門脇賞の表彰状、一人ひとりの文面が異なるのは初めて気がつきました。
 ずっと「以下同文」だと思い込んでいました。
・ちえのわ雑文集(32P~)。
 角さんの「古今短編詰将棋名作選」の記事。40年ぶりの企画ということで、一大事業でしたが、本当に素晴らしいものが完成したと思います。お疲れ様でした。「中編」についても動きがあるということで、こちらも楽しみですね。
・結果稿
 順位戦(60P~)。各クラスとも上位作は濃密な内容に圧倒されます、残留、降級となった作も順位戦らしく力の入ったものばかり。
 同人室(77P~)。近藤さんに担当が代わって初の出題。お題は前任の北村さんの提案ですが同人室初登場の方もおられ見応えのある内容でした。同人室への期待は大きいと思いますので、これからの展開が楽しみです。
 創棋会作品展(91P~)。詰工房(88P~)との交流企画で、課題は同一の「打歩詰に関係する手筋。ただし、作意手順で攻方は歩を打たない」というもの。解答者総数はやや少なめでしたが、会合間の競作という企画は好意的に受け止められたようです。これからもこういう交流の場が増えると面白いと思います。


■創棋会45周年記念作品
 45周年記念の会合の様子については、先日例会報告をさせていただきました。
  → http://sokikaitusin.blog.fc2.com/blog-entry-127.html
 記念作品が多数集まりましたので、何回かに分けて紹介させていただきます。
 解答募集という形はとりませんが、作品への感想などございましたら、コメントをお願いします。
 本日は盤面「45」の作品を紹介。

則内誠一郎作 「45」(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会)
45_則内v2

谷本治男作 「45」(創棋会45周年記念 2017.8.20 例会)
45_谷本

 作意は次回のブログで発表します。


■創棋会の次回課題
 創棋会の次回例会は10月15日です。
 課題は「遠打や遠開き、3回以上」です。遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内。
 例会で選題のうえ、12月号作品展に掲載されます。
 投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp

 さて課題作の例題紹介、今回は飛車の「遠打」を三作紹介します。
 いずれも素晴らしい作品ばかりです。

長谷川哲久作(詰パラ1975年4月、『古今短編詰将棋名作選』第198番)
長谷川哲久197504

 34から逃げ道に注意する、53馬がなければ35金で詰む、そういうことが初形からわかります。
 なんとかして53馬を動かしたいのですが、いきなり42飛では34玉とされてしまいます。
 そこで43飛と一工夫。
 取れませんから34玉としますが、そこで33金とするのがうまい手です。
 24玉なら23金や25飛などで簡単ですから同歩と応じます。
 これで33の逃げ道を塞げました。
 ここで45飛成と捨てて42飛と打ち換えるのが好手です。

<7手目:33飛>
長谷川哲久197504_42飛

 今度は34玉なら25金まで。
 同馬と取らせて35金までとなります。
 一桁手数の短編に飛車の限定打が二度出てくる好作です。

【作意】43飛、34玉、33金、同歩、45飛成、同玉、42飛、同馬、35金まで9手詰


横田進一作(詰パラ1965年1月、『古今短編詰将棋名作選』第118番、『あさぎり』補1番)
横田進一196501

 カッコよく33飛と打つ手があります。
 46玉なら35馬、56玉(37玉は27金、38玉、57馬以下)、67金、65玉、63飛成があります。
 ところが、同馬とされると54馬や63馬の筋では37玉とされて続きません。
 同馬にはスパッと35馬と捨てる強手があり同玉には45飛から27金で詰むのですが、これも37玉とされると39飛としても28玉と潜り込まれてお手上げです。
 しかしよく見るとその局面で17金が無ければ17馬という決め手があります。
 そうです、初形の17金は邪魔駒なのです。
 27金、36金と消去にかかります。
 36金に56玉なら67金以下簡単、57玉も59飛、68玉に86馬があります。
 36同玉と取らせて33飛が狙いの限定遠打。
 32や31に打ったのでは46玉の変化で63飛成と桂を取る手が無いので詰みません。

<5手目:33飛>
横田進一196501_33飛

 46玉は既述のとおり35馬があるので同馬と応じます。
 ここで35馬とただで捨てるが気持ちの良い手です。
 37玉と逃げれば、39飛から17馬が爽快な決め手。

  馬の利きに打つ33飛の限定打も妙手ですが、35馬や17馬の好手が見えないと、17金の邪魔駒消去は気づきません。
  僅か13手に伏線手や限定打を盛り込んだ難解作でした。

【作意】27金、46玉、36金、同玉、33飛、同馬、35馬、37玉、39飛、28玉、
  17馬、同と、29金まで13手詰

 横田氏は1938(昭和13)年生、1971年没。「昇龍」「曙光」の煙詰二局、七種合「虹」などの長編から短中編まで幅広く活躍された。本作は「四百人一局集」にも収録された短編の代表作。


山田修司作(近代将棋1965年1月、『夢の華』第50番、『古今中編詰将棋名作選Ⅱ』第64番)
山田修司196501

 入玉図ですが5×5に収まっていて成駒もなく好形作です。
 初手は16角と飛車を取ります。
 37玉は36飛がありますし、28玉なら18飛と打ち、いずれも俗手で詰みます。
 29玉も59飛と据えれば、49角合、28金、同玉、27飛、同角成、同金以下の詰み。
 最善は38玉。これには38金から29金と金を連続して捨てるのがうまい手。
 49玉は69飛、59合、39飛というスジがあるので、29同玉と応じます。
 これで38に呼んだ金を角で取ることが出来ました。
 38同玉となったところで37飛が限定短打。

<9手目:37飛>
山田修司196501_37飛

 他の地点から打つと49玉で捕まりません。
 37同玉と取らせて31飛の遠打が絶好の一打。

<11手目:31飛>
山田修司196501_31飛

 46玉なら35飛成があります。
 いったん28玉としますが、27金と捨てれば取る一手で、38金と打ってこの金で追い上げる。
 22玉となったところで33飛成とし、続いて19の香を12に成捨てればキレイな収束。
 37飛の短打から31飛の遠打というのが絶妙の組み合わせ。
 作者は本作に「遠近打」と命名されている。

【作意】16角、39玉、38金、同金、29金、同玉、38角、同玉、37飛、同玉、
  31飛、28玉、27金、同玉、38金、26玉、37金、25玉、36金、24玉、
  35金、23玉、34金、22玉、33飛成、21玉、12香成、同玉、23金、21玉、
  22金まで31手詰


***【次回例会】*************************************************
[日時] 2017年10月15日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
   https://www.shogi.or.jp/about/base/kansai/
[課題] 12月号掲載作品展「遠打や遠開き3回以上」。
      遠打のみ・遠開きのみ・両者の合計、いずれも可。29手以内
         投稿は→ sokipara@yahoo.co.jp
         編集部に郵送いただいても結構です。

***【次々回例会】**********************************************
[日時] 2016年12月17日(日)13時~
[場所] 関西将棋会館 4F多目的ルーム
[課題] 3月号掲載作品展「繰り返しを含む短編」

***************************************************************
※当ブログのコメントは管理者承認制になっていますが、下記アドレスに直接ご意見をいただければ、必要に応じて、返信させていただくとともに、内容をブログに反映するようにいたします。
  blogsokikaitusin@gmail.com
以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する